続 黒川鶏冠山で紅葉狩り

空になる。
画像

本当の頂上ではないが、
見晴台からのパノラマビューは素晴らしかった。
画像

金峰山や国師ヶ岳、憧れの甲武信岳。
手前のは乾徳山や黒金山かな。
画像

もう一つの難関の方の鶏冠山と雁坂嶺。
足元の落合集落や丹波山方面の紅葉の絨毯が素晴らしいなぁ。
画像

笠取山。
画像

画像

一番右の木の陰に飛龍山。雲取は影になって見えないみたい。
画像

南に大菩薩嶺と富士山。
画像

しばらくの間、おにぎり頬張りながら独り占め。
近くに居たのはコガラくらいなもん。
画像

さてこ、いざ頂上の鶏冠神社へ。
お~この巨木は凄いなぁ。
折れ曲がって再び立ち上がった枝…だか幹を、
隣の樹が刺又のように、
まるで、その為に生まれたかのように支えている。
画像

風雪に耐え…なんて安っぽい表現はいらないな。
頂上はあの岩峰の上です。
画像

エッサエッサとよじ登り。
画像

12:35に到着。
画像

お社の後ろにはイワカガミが沢山。
咲いてる時にも来たいな。
画像

富士山、辛うじて覗いてる。大菩薩の存在感が際立つ。
画像

雲取山が僅かに見えてる・・・はず。
画像

大月から丹沢方向も見える。
小菅は山陰かな。
画像

画像

帰りは同じコースを紅葉たどって戻ります。
今回は武田の金鉱跡は見送り。
画像

画像

コガラにまた会った。
画像

行きに居た子かなぁ。
画像

カケスもさっき撮った奴かな。
画像

リスが一匹下から登ってきて眼の前を通り過ぎた。
お腹が白かったからニホンリスだろう。ホッとした。
思ったより倒木は少なかったけど、
根こそぎでなく、途中から折れてるのが多かったかな。
画像

六本木峠を過ぎブナのみちに戻ってきた。
来るときと違う道を帰ろうっと。
画像

左下の、多摩川源流部の眺望って所から行ってみっか。
画像

確かに みどころ だわ。
看板あると分かりやすい。
画像

渓流に向かって下りていったら、向かいの斜面で鹿が鳴いた。
あーまたお尻しか撮れてない。
画像

花の木沢に紅葉の名残浮かんで。
画像

画像

画像

少し日も傾きだした頃
画像

15:00柳沢峠に帰着。
画像

残照に落葉松がキラキラ輝いていた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック