季節(とき)が待っていてくれたようで

乙女高原、レンゲツツジゾーンを抜けて、
奥の尾根にさしかかる。
イチヤクソウは咲いてなかったけど、
湿った蒸し暑い感じがアレにはきたいできんじゃね。
画像

あったねぇ。少し観察路から遠いけど嬉し。
下ばかり見てたら、
あぁなんだこれっと同行の息子が声をあげた。
画像

あーみたことある。
蝉に寄生するアレだ。
生田緑地でヒグラシに付いてたけど、なんだっけ。
カビだっけ。
画像

その時は思い出せなかったけど、
セミヤドリガだねぇ。ヒグラシ以外に付くのは極めて珍しいそうだ。
これはエゾハルゼミだよねぇ。
通常宿主を殺しちゃ自分も困るんだけど…
さて 、よくよく観るとギンリョウソウいっぱい出てるな。
画像

おぉ。こんなのも有るって思わば、
画像

隣にコンナンもあったぁ。
画像

更にこんなに凄いのも。
画像

これだけで達成感ありありで、もう満足じゃ。
で、息子さんは、今度は尺取り虫と睨めっこ。
息子曰く威嚇されてるらしい。
画像

一旦最上部まで登ったが富士山は見えず。
林の中に降りて行ったら、エゾタチツボスミレが未だ咲いていた。
画像

画像

なかなか可愛い。
画像

マイヅルソウは残念ながら終わりかけてた。
画像

コッチにもギンリョウソウあったぞ。
斜面だから中が覗ける。
画像

必死にしゃがんで写して、立ち上がり振り向いたら…
画像

うぉ。これぞ正しく幽霊茸だな。
画像

親父は白樺にミヤマベニコメツキを見つけ。
画像

息子はテントウムシの幼虫とお話し。
画像

大丈夫か、この親子。
画像

そして蝉の脱殻を見つける息子。
画像

ひとつの木に、いくつもついているなぁ。エゾハルゼミ。
画像

おじさんはヤマキマダラヒカゲを撮るのに夢中。
画像

画像

画像

こっちはシロオビクロナミシャクかな。
画像

ギンランも咲いてた。
画像

画像

下ばかり見てるオジさんが、マルバタケブキの茎に…
画像

エゾハルゼミ発見。脱皮したばかりかな。
画像

いや違うな。脱皮の時失敗したのか左の羽が縮れてる。
これで生き抜いていけるのか。
よこにコメツキムシが居たんで、そっちを見ていたら、
画像

懸命に葉の上までよじ登ってきていた。
画像

すごいな。達者で暮らせよ。
さて高原を、もうひと歩き。
ハタザオが咲いてる。
画像

画像

ちっさい花は良いなぁ。撮るの大変だけど。
画像

オオヤマブスも然りね。
画像

おやおやオオヤマブスマの隅に、なんか見たことのない虫が写っとる。
画像

左下のそう、そこ。
画像

調べたらコシマハバチ。キリギリスかと思った。
悪役面ですなぁ。
蓮華躑躅に黒揚羽。
画像

ミヤマカラスアゲハかな。
画像

アゲハは止まってくれないから難しいや。
画像

最上部再び。昼ご飯。息子に花アブがつきまとう。
追い払わない息子。友達だからな。
おや、アケボノスミレが残ってた。
画像

アマドコロや
画像

ギンランが咲いてた。
画像

朝は見つからなかったから不思議。
チャバネセセリいた。
画像

朝来たルートを戻り下ってたら、藪陰が揺れてる。
画像

コガラだー。嬉しい。
画像

駐車場所へ戻ったらキタテハがいた。
画像

今期は蝶の出現も遅れている気がする。
アサギマダラも一頭見かけたけど、
まぁヒヨドリバナも咲いてないから仕方ないか。
で、例によってくだらん文字制限に引っかかったので、
湿地編に続きます。
7月のメンテで改善されなかかったら、
ただじぁおかんからな。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック