蝉も季節を忘れず

先週末のことになるが、今年も愛宕山で蝉の羽化の観察会が行われ、
息子と共に参加して来た。
あいにくの天気であったがヤブカンゾウが雫をまとってきれい。
P7130001.jpg
観察会の前に樹液の出てる木にを覗いてゆくが、
カナブンが数匹いるばかり、
気温がさして上がっていないから仕方ないが、
蝉の幼虫も地面の下から出て来てくれるか心配。
まずは、日があるうちの観察会。
明るいうちに目星を付けておく意味もある。
みんなで蝉茸を探す。
P7130007.jpg
いわゆる冬虫夏草。この下にニイニイゼミの幼虫がいて
そこから養分を奪って生えてきている。
P7130014.jpg
しかもニイニイゼミの幼虫からしか生えないというが、
先日のセミヤドリガの件もあるから、もしかしたら他の蝉からも見つかるかもしれん。
オケラの蕾がいっぱいあって、
P7130011.jpg
ヒメヤブランも咲いていたが、誰も目もくれず。
ヤマドリタケとか普通なキノコも出てたが、あまり関心を示す人もなく…。
P7130021.jpg
P7130022.jpg
ォーハサミムシが何か(蜘蛛)に捕まって体液を吸われて萎んでるのを発見。
密かに盛り上がる。
P7130016.jpg
まぁ脱殻があると盛り上がりますよ。
あぁこういうとこを探せばいいのね。って分かるからね。
P7130010.jpg
で、夕ご飯食べたりなんだりして、いよいよ。
ぁ樹液の出てる木の近くで、もう羽化してるのがおる。
P7130025.jpg
各々散って樹をよじ登って来る幼虫を探す。
自分も二ヶ所確保。今年はすぐ見つけられた。
P7130026.jpg
こっちはiphonで撮った画像。なんかカメラより良いかも。
IMG_2667.jpg
おぉ背中割れてきた。
P7130028.jpg
P7130033.jpg
顔出てきた。
P7130036.jpg
ぶら下がった上半身が出た。
P7130053.jpg
これはiphonの。
IMG_2675.jpg
こっから腹筋して…
P7130057.jpg
起きる。羽が伸びだした。
P7130065.jpg
P7130067.jpg
ヨイセっと。
P7130068.jpg
で、殻に掴まって下半身を抜く。
IMG_2680.jpg
いゃ〜何回見ても感激。
無事参加した子供達に、羽化を観てもらうことが出来た。
めでたし目出度し。
だがそれにかまけて自分達はよく観れんかったので、
別の場所へ移動してジックリ観る。
P7130076.jpg
P7130085.jpg
美しいのぅ。
IMG_2684.jpg
P7130086.jpg
P7130087.jpg
P7130088.jpg
尻尾抜く瞬間を観れた。嬉し。
で、もう一匹。
P7130096.jpg
P7130098.jpg
P7130103.jpg
P7130105.jpg
P7130106.jpg
P7130107.jpg
P7130110.jpg
あ〜途中雨が落ちてきたからヒヤヒヤしたけど、
大満足であった。いざ就寝。
翌朝は6時に起床して様子を見に行く。
アブラゼミ(昨夜よじ登っていた)が無事羽化してた。
高いとこまで行くんだなぁ。
P7140114.jpg
アリャマ。こんな所で羽化したニイニイがいる。ご苦労様でした。
P7140117.jpg
おっ蛙。ちっさい蛙。この春生まれたヒキガエルかな。
IMG_2696.jpg
この花なんだ。柑橘系っぽい花と葉だなぁ。
誰か捨てたのかなぁ。
P7140118.jpg
そして午後から東京で仕事をするために、
独りイソイソ帰るのであった。
ヘクソカズラに見送られ…
P7140119.jpg
あまり嬉しくない。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック