初夏というには余りにも日射しが強すぎて…

タイトルは ふきのとう・山木さんファンには、
何となくニュアンスが伝わるかと…

閑話休題(ソンナコトハオイトイテ)

緊急事態宣言により閉鎖されていた、
いつもの散歩場所の駐車場が、今日から使えるようになった。
未だまだ油断は出来ないが、それでも胸張って歩けるのは、ありがたい。
もうねニセアカシアは咽返るように咲き誇ってるし、
P5110016.jpg
ナワシロイチゴも咲いている。
P5110108.jpg
オオジシバリは広がって、
P5110013.jpg
ノイバラも咲き乱れ、
P5110028.jpg
P5110045.jpg
あぁスイカズラも咲いてる。
P5110046.jpg
アヤメも一つだけだけど見つけた。
P5110101.jpg
それにしても暑い。
ナ・ナ・なんと33℃あったらしい。
カワトンボを撮影していたら(何やら尾をフリフリしていたが)
P5110008.jpg
ガサッと音がしたので覗いたら、ニホントカゲの子が居たぞ。
P5110003.jpg
おぉ帰って画像をチェックしたら何か食ったところだった。
何かね。
ハッカを観にいったら(花は未だ)
蜘蛛が…う〜んコモリグモが近いかも。
P5110014.jpg
ホオジロがお気に入りのソングポストの桐の梢で
一所懸命囀ってる。
P5110022.jpg
この緑の小っさな花はなんだ。
コクサキに似てるけど匂わんな。ゴンズイかな。
う〜〜んツリバナかも。
P5110025.jpg
あん。この小さいピンクの花は何だ。
今まで見たこと無いぞ。葉は撫子かカーネーションみたい。
P5110029.jpg
やっぱり帰化植物。外来種のイヌコモチナデシコだった。
近くに生えてたオオキンケイギクは抜いてきたんだけど…な。
これも外来種のツルマンネングサ。
すんごく蔓延ってて一面黄色で眩しいくらい。
P5110043.jpg
前回もチェックしたイチヤクソウ。
今年は早く沢山咲きそうだ。
P5110033.jpg
んん。こいつ何だ。
調べたらヒゲナガカワトビケラっちゅうそうだ。
P5110041.jpg
扠。久々なので今回はロングコースバージョン。
北の端から歩きだして南端まで行って戻る。
途中のトイレに寄ったら、手洗い場にカタツムリがおった。
P5110052.jpg
つまみ出して撮影後木立の涼しそうな場所へ戻す。
いやはやこの暑さじゃ夏眠する気候だろう。
と、その木立にゴイシシジミが2頭。
P5110051.jpg
こいつもジッとしてる。そうだろうなぁ。
バタバタと足元から飛び出したのはツチイナゴ。
P5110055.jpg
こいつは成虫で冬越しするんでデカイんだな。
ぉコゲラさん(庄野潤三先生に習って、さん付けで呼ぶ)だ。
小鳥たちに会うのも久しぶり。
P5110058.jpg
他にアカゲラかアオゲラの様な大きなドラミングも聞くが、姿は確認出来ず。
おっと危ないスズメバチが活動し始めていた。
P5110077.jpg
さっきはクロスズメバチが脇を掠めていった。注意注意。
おぉヒラヒラ草叢を飛び回ってたのは、
サトキマ…ィャ…ヤマキマダラヒカゲかな。
P5110080.jpg
エナガの声が近づいて来た。
P5110086.jpg
待ち構えて撮るが、もう五月の森は若葉が茂りすぎて…。
P5110094.jpg
真夏にカブトやクワガタをチェックする場所へ行ったら、
ここでもカタツムリが休んでいた。そういや雨上がりだもんな。
P5110097.jpg
コクワでも出てきてないかと樹の隙間を覗いたら、
ゴキ君が居た…ちょっと前迄は全く見なかったのにな。
ん…ピラピラ頼りなさげに翔ぶ蝶がいる。
まさかギフチョウか…ぁイヤ、ホソオチョウだった。
P5110102.jpg
雌もいる…困ったもんだ。
P5110105.jpg
人為的に持ち込まれた外来種はしぶとい。
でも、外来種自体には罪がないのが、何ともやりきれない。
炎天下を3時間半歩いたが、心地よい風が吹いていたので助かった。
テントウムシも日影に入っている。
P5110109.jpg
この若緑あふれる季節に、山に行けないのが、もどかしいし、
いい所だからおいでよって言えないのが悲しい。
ねぇ、富士山。
P5110039.jpg
今年は2,500mクラスの峰には行けそうもないけど、
P5110054.jpg
悲しいけど耐えて必ずや夢を取り戻すぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント