取り越し苦労なら…

最近近所の小川でスッポンをよく見かける。
P6260002.jpg
親子で甲羅干ししてるのを見かけるが、
この日は水面から顔を出して、こっちを見ていた。
P6260003.jpg
在来種のスッポンの存在を確認して地域の自然に少し安心。

それにしても、鬱陶しい天気続く毎日。
湿度高く気温も高い。でも、思ったより日射しがない。
梅雨らしいと云えば、それまでか。
それでも寸暇の晴間惜しんで散歩。藤垈の滝へ。
P6270002.jpg
クワガタが2匹居た。
スズメバチ(コガタスズメバチか)が必ず居るので、
うっかり近づけないから、なんとも、もどかしいが…片方はスジクワガタかな。
P6270003.jpg
コクワも筋があるから分からんけど。
P6270004.jpg
あ〜潜ってしまった。
P6270005.jpg
こっちはコクワでしょうね。
P6270006.jpg
隣の樹にもスズメバチ…ぁこっちはヒメスズメバチだ。
P6270009.jpg
そこへオオスズメバチが…あきらかにデカイ。
P6270010.jpg
他にはカナブンしか居ないな。近づけないし。
P6270012.jpg
暫く離れていて、もう一度来てみよう。
気温がもっと上がったら、オオムラサキとかスミナガシなんかが来るかもしれん。
お堂の裏の薄暗い場所にハエドクソウが咲いていた。
ナガバハエドクソウかどうかは、見比べたことがないので分からない。
P6270014.jpg
あ〜ヤブカンゾウが咲いている。
P6270019.jpg
そんな季節になったんだなぁ〜。
P6270017.jpg
P6270018.jpg
ヤブカンゾウが咲くと、日陰でもポッとそこだけ明るくなる気がする。
P6270016.jpg
P6270015.jpg
ガクアジサイが筧の上に迫り出して良い風情だ。
P6270021.jpg
おっとクロヒカゲかな。
P6270022.jpg
羽を開いてると分かりにくいな。
P6270026.jpg
こちらはヒメジャノメね。
P6270058.jpg
小さいけどカワトンボだな。
P6270023.jpg
お〜これはミヤマカワトンボ。
P6270027.jpg
渋い光沢が格好良いですな。
P6270033.jpg
山繭枝ごと落ちていた。この時期だから色鮮やか。
P6270034.jpg
石の下からトカゲがチラリと顔出した。
ジッと待っていると…
P6270037.jpg
こちらに気付いてか気付かずか。
P6270038.jpg
出てきたのは、まだ子供かな小さめ。
既に一度は尻尾を切って再生途中。
P6270039.jpg
餌探しに懸命みたい。
P6270040.jpg
気をつけてチョ。
P6270041.jpg
コゲラと何かカラ類が集まって来た。ん〜シジュウカラかな。
でも、胸が白いのよ。ヒガラともコガラでもないし。
あ〜ヤマガラっぽいニィーニィーって声がする…でも、お腹にオレンジ色が見えないよ。
P6270064.jpg
帰宅して調べたらヤマガラの幼鳥でした。子供の頃は淡い色なんだね。
P6270067.jpg
あれ〜幹の上の方でズゥ〜と動かないスズメバチがいる。
P6270069.jpg
死んでるのかな。
ツバメシジミ。頻りに羽をスリスリ。
P6270072.jpg
季節柄、菌糸類が目につくようになった。
P6270074.jpg
え〜同定はしません。
P6270076.jpg
不思議な魅力はありますが、
P6270078.jpg
分かんないんだもん。
P6270079.jpg
さぁもう一度樹液の木を覗いて帰ろー。
オッさっきのクワガタかな、上に向かってる。
P6270082.jpg
ドンドン登って行っちゃう。
P6270086.jpg
残念。
P6270087.jpg
まっ、お昼だしな。
P6270088.jpg
相変わらずカナブンは小競り合い。
P6270085.jpg
P6270093.jpg
こっちにでは、スズメバチ居座り。
P6270090.jpg
オオスズメバチだよなー。
P6270091.jpg
こっちのはコガタスズメバチだろーか。
P6270095.jpg
今日もカブトムシにもオオムラサキにも会えなかった。
P6270096.jpg
全くどうなっちゃったんだろう。ねぇキタキチョウ。
P6270098.jpg
山全体の生命の密度が低くなってる気がする。
取り越し苦労ならいいんだけどさ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント