ニイニイを探せッ

イッタイゼンタイ日本…ぃゃ地球はどうなっちゃったんだろう。
連日の大雨豪雨・洪水・土砂災害のニュースに言葉もない。
言いたいこと、感じていることは山程あるけど、
まずは生命。命を守らないと。
被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げる。
コロナ禍ではボランティア活動もままならないであろう。
いずれにしろ自然への畏敬の念を忘れてはいけないと自戒したい。
そんな想いを未来に伝える為の(オーバーかな)
自然観察会のお手伝いをさせてもらって早…う〜んと何年だ。
まぁ来週夏の観察会があるんで、その下見に参加した。
準備していたらナナフシ発見。幸先が良い。雨も落ちて来ず。
P7110002.jpg
水路は酸欠っぽいな。魚も苦しそう。
P7110005.jpg
夏の観察会のテーマは蝉の羽化。
ちょうどヒグラシが鳴きだしたが、それをかき消すようにニイニイの蝉時雨。
さぁニイニイを探せッ。
P7110007.jpg
正解はコチラッ。
P7110011.jpg
続いて第2問。ニイニイを探せッ。
P7110023.jpg
正解はコチラッ。これは簡単だったね。
P7110026.jpg
けっこうな数が居る。こりゃ期待出来ますな。
では、観察場所のキャンプ場に向かいますか。
辺りをつらつら眺めつつ移動だよ。
ぉ、草叢にカマキリの子供が居る。
こうしてみると子供は無防備にお腹が出してるよね。
P7110016.jpg
カタツムリの子供も発見。脆そうだなぁ。
P7110027.jpg
キャンプ場に行く前に子供達に大人気、樹液ポイントへ。
P7110029.jpg
スズメバチの姿がなくてよかった。
大カナブン大会。三密ですがカナブンには関係ないな。
P7110030.jpg
P7110031.jpg
では、キャンプ場で…ニイニイを探せッ。
P7110032.jpg
正解は…
P7110035.jpg
コチラッ。
P7110033.jpg
蝉ってジッとしてない。観てるとドンドン登ってく。
P7110038.jpg
アッと言う間に上に行っちゃった。
P7110041.jpg
蝉が羽化するのは主に暗くなってからなので、
明るいうちは脱殻を探して場所の当たりをつける。
此処はあるねぇ。
P7110058.jpg
あるある。
P7110060.jpg
ニイニイゼミは比較的低い場所で羽化するから、
P7110062.jpg
観察には、むいているのだよ。
P7110063.jpg
それとセミタケ探し。いわゆる冬虫夏草ね。
P7110049.jpg
おぉ。普通ならば地面の下の幼虫本体から生えたキノコが、
チョコンと顔を出してるんだが、全部出て来てる。
P7110089.jpg
こりゃ珍しいが…なんでだろ。大雨で流出したんだろうか。
お陰で丸ごと観察出来たけど。
キノコって云えば、こりゃ凄いね。カレエダタケかなぁ。
P7110059.jpg
これは鮮やかな黄色。キタマゴタケか。
タマゴタケって名前でも食えない。
P7110065.jpg
えっとベニイグチかな。
P7110066.jpg
こういうのが誤食しやすい。コテングタケモドキっぽいな。
P7110091.jpg
花は殆ど無いんだけど、ヒメヤブランが沢山咲いていた。
P7110052.jpg
ちょつとだけオカトラノオが残ってた。
P7110088.jpg
扠。再びのニイニイを探せ〜ッ。
P7110067.jpg
正解はコチラッ。
P7110069.jpg
第5問。最終問題。
P7110072.jpg
正解はコ…しつこいですか。
P7110073.jpg
コチラッ。
P7110081.jpg
では、日が落ちる迄小休止して、再度観に来ることにしましょう。
・・・・・・・・・・・・・
午後7時になりました。
あ〜〜〜登ってる。
P7110101.jpg
別の場所では…あらもう抜けてる。
P7110104.jpg
何回観ても神秘的だねぇ。
P7110105.jpg
8時回ったらら急に雨脚が強くなってきた。
今日は諦めて撤収。最初に見付けた奴は未だ背中が割れてない。
P7110107.jpg
最後まで見届けたかったが仕方ない。
幸運を祈るよ。
来週、楽しみだなぁ。お天気なら尚良いなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント