傷だらけの天使

今季はコロナ禍を始め諸般の事情で、
山歩きに行くのが極端に減ってしまった。
とても哀しい。
ふと気付けば九月も十日余。
あの花やあんな花にも逢っておかねばならんと乙女高原へ。
不安定なお天気で午後には崩れて来るかもしれないから、
まずは湿原へ行って、あの花を探そう。
ミゾソバが咲き出してる。
P9140001.jpg
シラネセンキュウ。
P9140011.jpg
P9140003.jpg
たぶんタマゴテングタケモドキ。
P9140004.jpg
トネアザミ。トラマルハナバチ(だろうか)来てる。
P9140008.jpg
キツリフネに、
P9140010.jpg
ツリフネソウ。
P9140012.jpg
アキノウナギツカミね。
P9140013.jpg
トリカブト。
P9140007.jpg
目的の花は奥にある。
目の前にミソサザイ…狼狽えてるうちに翔び去る。
毎年この辺りにあるのになーって呟きながら、
道なき笹薮の斜面を徘徊。
あ〜った
P9140014.jpg
秋は曙…ん。
P9140018.jpg
アケボノソウ。
P9140016.jpg
この端麗な花が好きで毎年探す。
P9140019.jpg
いや〜良いっすね。
P9140021.jpg
ありゃ。ここでレンズの汚れに気付く。
この時点では傷だと思って諦めてしまっていた。
帰宅して拭いたらとれた。
それは兎も角のフシグロセンノウ。
P9140024.jpg
カメバヒキオコシ。
P9140022.jpg
おやっ、ヤマオダマキがポツンと一輪。
P9140025.jpg
ハナイカリもあった…けど木道から遠い。
P9140027.jpg
おぅ。林道の近くにもアケボノソウが。小さいけどね。
P9140029.jpg
ここにもトリカブトが、
P9140030.jpg
迫力ありますな。高貴な色だ。
P9140031.jpg
シラネセンキュウ再び。
P9140032.jpg
サラシナショウマ。水道管が掃除出来そう。
P9140035.jpg
ん。小さいけどヤクシソウだ。これが増えて来ると、もうすぐ冬。
P9140036.jpg
あーミドリヒョウモンかな。
この後、木の幹に一所懸命卵を生んでた。
P9140034.jpg
こりゃ随分と草臥れたスジグロシロチョウだね。
P9140038.jpg
最後の力を振り絞ってる感じ。
そんな蝶の救世主イタドリ。
P9140039.jpg
その足元にクルマバナ。
P9140040.jpg
ここで一旦停めてある車へ戻って、
空になったペットボトル等置いて草原へ。
ホオジロが柵の上を伝って移動している。
P9140044.jpg
P9140045.jpg
そう云えば今季は夏鳥に会えなかったな。寂しいのだ。
ナニワトモアレ歩きだそう。
ヒョウモンチョウが翔んでいるが、何ヒョウモンかサッパリ分からない。
P9140046.jpg
P9140082.jpg
P9140083.jpg
う〜んミドリヒョウモンかな。
P9140083.jpg
カワラナデシコの花弁の造形は素晴らしいといつも想う。
P9140047.jpg
P9140067.jpg
おっヒメアカタテハだ。
P9140050.jpg
アキノウナギツカミがこちらにも。
P9140052.jpg
藪から又もホオジロが飛び出してきた。
今度はメス。
P9140060.jpg
オミナエシに
P9140061.jpg
ツリガネニンジンに
P9140063.jpg
タチフウロでしょ。
P9140064.jpg
P9140068.jpg
やっとマツムシソウに会えた。
P9140065.jpg
もう時期も終わりだけど、今年は少ないのかな。
P9140066.jpg
P9140072.jpg
P9140076.jpg
ウラナミシジミ発見。
P9140070.jpg
こっちはキタキチョウ。
P9140080.jpg
ヤマラッキョウあった。この日見つけたのはこれだけだったが。
P9140071.jpg
ハナイカリはこっちにも沢山あった。
ロープから遠かったけど。
P9140073.jpg
ハンゴンソウ。
P9140074.jpg
アキノキリンソウ。いっぱい虫が付いてるね。
P9140075.jpg
P9140097.jpg
トモエシオガマ。
P9140077.jpg
ウツボグサは辛うじて残っていたが、
P9140079.jpg
ヤマハハコはそこら中にあった。
P9140107.jpg
P9140078.jpg
P9140090.jpg
ウスユキソウはあんまり見かけなかった。
P9140096.jpg
クガイソウの名残かな。
P9140084.jpg
ハバヤマボクチに、
P9140087.jpg
高原のトリカブトは未だこれからなのかな。
P9140092.jpg
小さい赤トンボ。サイズからしてナツアカネかな。
P9140094.jpg
ワレモコウはもうお仕舞い。
P9140095.jpg
これシータテハかと思ったけど…
P9140104.jpg
キタテハかなぁ。Cの字がビミョー。
P9140099.jpg
それにしても出会うヒョウモンチョウ類の殆どは、
羽が傷んでボロボロだ。
P9140109.jpg
P9140115.jpg
ん。これ普通のアザミとちょいと違うぞ。
P9140116.jpg
セイタカトウヒレンっていうんだ。ふーん。
P9140117.jpg
トリカブトDA PUMP。
P9140119.jpg
こちらにもアキノキリンソウ。
P9140118.jpg
やっとキノコの季節が来たのか。
P9140120.jpg
イタドリの花。プラスチック製のオブジェみたいだな。
P9140122.jpg
このヤマハハコ素晴らしい。
P9140121.jpg
おっキアゲハが産卵していた。
残念ながら、その様子は撮れんかったが、吸蜜にいったとこを撮影。
P9140128.jpg
疲れを癒やしているのか…羽はボロボロだ。
P9140131.jpg
こちらにはイチモンジセセリ。
P9140132.jpg
ノコギリソウまだ咲いてた。
P9140134.jpg
このミドリヒョウモンも
P9140135.jpg
羽はボロボロ…ボロボロになっても頑張ってるなぁ。
P9140136.jpg
P9140144.jpg
今季はマツムシソウの季節に来れなかった。
来年はコロナ禍が過ぎ去っていてほしい。
P9140138.jpg
マルバダケブキもお終い。
なのでアサギマダラ一頭も見掛けなかった。
P9140139.jpg

しばらく
お休みします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント