愛宕の山の夕暮れは

来週の観察会の下見へ息子と共に。
集合前に樹液の木をチェックしたら、
P9120002.jpg
サトキマダラヒカゲとカナブンしか居らん。
P9120003.jpg
もう秋なんだなぁ。
スタートして直ぐに白いキノコを発見。
ツバもツボもなかったからドクツルタケでは無いと思うが、
まぁ気を付けるに越したことはない。
P9120005.jpg
今季はキノコは少なそうだ。
コウヤボウキ咲いている。
恥ずかしいけど名前の由来を一くさり。
P9120006.jpg
え〜っとこれはシロニガナかな。
これだからキク科は撮りたくないんだ。
P9120007.jpg
これはイヌウメモドキ…だろうか。
これだから赤い実は撮りたくない。
P9120008.jpg
う〜〜〜んナラタケ…モドキか…。
これだからキノコは撮りたくない。
P9120009.jpg
芝生広場に着いた。
イヌタデが咲いている。
P9120011.jpg
お目当てのバッタ類。
クビキリギスの子供かな。
P9120012.jpg
P9120014.jpg
哀れ囚われの身。ショウリョウバッタ。
P9120015.jpg
囚われの身2。カナヘビの赤ちゃん。めんこい。
P9120018.jpg
コカマキリ居ましたぁ。
P9120016.jpg
ん。この綿みたいなのなんだ。
P9120021.jpg
何かの卵かなぁ。
P9120024.jpg
割ってみよ…なんか小っさい黒いのが出てきた。
蠅…だろうか。
ヤドリコバチが侵入した蜘蛛の卵嚢かもしれん。
P9120025.jpg
と、言う訳で囚えられたバッタ達、もうお帰り。
ご苦労ーさん。
P9120028.jpg
あぁクルマバッタモドキも居たのね。
P9120030.jpg
石を起こしたら何かの幼虫…ハナムグリかカナブンか。
P9120023.jpg
格子て愛宕の山の日は暮れゆく…烏も寝床へ帰って行かぁ。
P9120034.jpg
帰り道も観察は続く。フキバッタかな。
P9120036.jpg
このカマキリの羽が縮れているのはナンデダロウ。
P9120038.jpg
小休止後秋の鳴く虫を探しに。
玄関でコクワガタに会う。そろそろお別れ。
IMG_5202.jpg
コクワは成虫でも冬を越すからねー。またねー。

鳴き声はすれどもなかなか見つからない。暗いし。
P9120040.jpg
ウマオイかな。
P9120041.jpg
鳴いてないけど…ナナフシ居た。
P9120043.jpg
セスジツユムシ。
P9120045.jpg
う〜んスマホの方が撮りやすいな。
IMG_5203.jpg
これゃなんだ。やけにテカテカしてる…脱皮したてか。
脱殻食べてるのかな。
P9120050.jpg
凄い勢いで触覚を振ってる。
P9120051.jpg
オナガササキリかなぁ。
P9120052.jpg
カマドウマも居ました。鳴かんけど。
P9120053.jpg
ツチイナゴの幼虫…これも鳴かんけど。
P9120056.jpg
鳴き声はイヤッというほど聞こえていたが、
姿を要約捕捉、アオマツムシ。
P9120054.jpg
樹液照らしたらコクワ居った。
P9120057.jpg
関係ないがクサギカメムシの幼虫。
ゴツくて格好良い。
IMG_5204.jpg
さぁ本番は何が見つかるかな。
お天気良ければ尚良いな。星空も綺麗だし。

"愛宕の山の夕暮れは"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。