足和田山

と、云うわけで、菫の花を堪能して、 峠を越え、やって来ました登山口。 今回は、足和田山を、足和田方面から登ります。 駐車場は以前仕事で来たことがある小学校の脇。 何故に焦ったみたいに登りに来た理由は、また後ほど。 11時45分スタート。 暫くは薄暗い針葉樹植林エリア。 15分程登ったらヒトリシズカが現れた。 次第に数が増えてきた。 ミヤマネコノメソウもあった。 3…

続きを読む

すみれの花咲ころ、令和元年 その1

とにかく今年は何処に行っても花が遅い。 日差しがあっても、風が冷たい。 寒気が退かないんだろう。 大気の状態が不安定で天気がよめない。 だから、花に会いに行くにも、オッカナビックリ。 でも、もう良いでしょう。 場所は笛吹市某所。 あ~良かった。 とにかく4月のなっても雪は残ってるし。 5月に雹が降ったり。 貴重なキスミレが潰れてしま…

続きを読む

花便り 参

愛宕山へ。 まずは水路だが… あ~生まれてまんな。 それにしても凄いな。 オタマ中水路だらけ…もとい。 水路中オタマだらけだ。酸欠にならんのかな。 ゴールデンウィークで家族連れがゾロゾロいるが、 観察会のときに蕾だったキンランの下へ。 やった。間に合った。 おぉもう一株咲いてるじゃん。 こいつはナカナカ良い立ち姿だ。 脇にギンランもあった。 …

続きを読む

いつでも花を

さぁ今日は野外の現場仕込だと、 張り切って目覚めたら、ものすんごい好天。 なんだよ。それじゃぁ昨日晴れてくれよ。って愚痴も出るけど、 仕方ないので、仕込前に。藤垈の滝にイチリンソウを観に行く。 流に覆い被さる桜も華やかで。 シャガも昨日より花が増えている。 開いてるといいなぁ。 ん。もうちょいか。 ぉこれはだいぶ良いゾ。 いいね。いいね。 やっぱり、お…

続きを読む

花暦平年並み

4月4日。 朝から気持ち良い青空が広がって春爛漫。 風は少し冷たい。 明日から週末は、お仕事に精を出すので、 花を出来るだけ巡っておこう。 まずは、甲斐一宮本宮へカタクリの様子を見に。 今年は花が少なかった。 きれいに反ってるのには、これしか逢えなかった。 でも、蕾も咲きそうな花も、咲き終えた花も見えず。 んん。由々しきかな。 まぁカタクリは一株が咲くのに七年かかるっ…

続きを読む

一日三座~高ドッキョウ~貫ヶ岳~白鳥山

年度も改まり、新元号も発表されて、 気持も新たに、何かを始めるには良い季節。 そこで、山梨百名山に挑戦シリーズも、 新たなるチャレンジをしていかないと、いけないと想うのであった。 今回は、静岡との県境にある 高ドッキョウと貫ヶ岳が、二つ共、樽峠から登れるので、 その二座を一気に登ってしまい、 出来たら近くにある、お手軽ハイクの 白鳥山も済ませてしまいたい。 紆余曲折を経て、9時…

続きを読む

思親山

穏やかに晴れ上がって、 南アルプス、八ヶ岳、金峰山、大菩薩嶺と、 周辺の山々がくっきりと浮かんで手招きをしている。 盆地では李の花が咲き始めた。 山梨百名山全山踏破を目指し、 今年の第一座目の頂きを踏もうと心は浮き立つが、 家庭の事情で、思うように時間が取れない。 しかし、どうにか何とかしなければ、心が萎えてしまう。 そこで、百名山の中でも一番歩行時間が短く頂上に着ける、 思親…

続きを読む

愛宕山眠る

寒さと共に慌ただしさもやって来た。 車を運転していると気が荒んでいるのが分かる。 落ち着いて、落ち着いてと自らを戒める。 先週、愛宕山から中途半端に呼び返されたので、リベンジ。 今日も良い日和だ。 まず芝生広場へ向かって登る。 夢見山には何も居ない。 芝生広場のすぐ下で、 シジュウカラ、エナガ、コゲラの混群に会う。 するってぇと、ゲッゲッと例の下品な声がした。 居…

続きを読む

冬青空

金曜日。 師走半になって、やっとこ冬らしい青空が見えるようになった。 喜び勇んで、愛宕山へ出掛け、 富士山を眺めていたら、 バイトへ行った娘から体調が悪いと連絡があり 迎えに帰る羽目になった。 悔しいが家に一度帰ってから、金川の森へ。 あー遥かに金峰山が白く染まってるのが見える。 五丈石に雪が積もってるのが見てとれるよ。 お昼をまわってしまったから、 小鳥たちは見…

続きを読む

続 黒川鶏冠山で紅葉狩り

空になる。 本当の頂上ではないが、 見晴台からのパノラマビューは素晴らしかった。 金峰山や国師ヶ岳、憧れの甲武信岳。 手前のは乾徳山や黒金山かな。 もう一つの難関の方の鶏冠山と雁坂嶺。 足元の落合集落や丹波山方面の紅葉の絨毯が素晴らしいなぁ。 笠取山。 一番右の木の陰に飛龍山。雲取は影になって見えないみたい。 南に大菩薩嶺と富士山。 しばらくの…

続きを読む

竜(胆)ヶ岳 その弐

石仏のある展望台まで下りてきた。 遥か下に見えていたのになぁ。 ここからの眺めも良い。 リンドウ三昧は続く。 あーヤマラッキョウも少し残ってた。 だいぶ下りてきた。もうすぐ登山口。 再び鬱蒼としてきた。 おやっ何か動いた。 鹿だねぇ。辛うじて駆け下りる白いお尻が見えた。 おーカケ…

続きを読む

竜(胆)ヶ岳 その壱

やっと…やっと晴れた。 休みの日に晴れた。 いったい何時から中断していたのか、 チャレンジ山梨百名山(仮) なんと7月の頭に小金沢山へ行って以来。 48座目は本栖湖畔の竜ヶ岳にしました。 前日まで四日間仕事で家に帰っていなかったので、 洗濯物がワンサカ。よって出立が遅れて、 登山口に着いたのは11時。 湖側の北斜面は薄暗い。 イカルの群れとカケスに会うが撮れず。 花もなく時…

続きを読む

岩殿山

山梨百名山踏破挑戦シリーズ。 4月20日。 その42座目は、 大月の難攻不落のほまれ高い名城。 岩殿山である。 登山口から石段を登れば、 いきなりのホタルカズラである。 おぉ幸先良いな。帰りにまた撮ろう。 フジが咲いている。 昨年の台風で崩れてしまった個所と、 迂回路の分岐にジュウニヒトエがまとまってあった。 振り返れば富士山が美しい。 ふれあいの館に到着…

続きを読む

九鬼山~登り編

山梨百名山41座目。 今回は前回息子連れで登った高川山のお隣、 九鬼山である。標高は970m。 さして険しい山とは思えないが、 その分花には期待出来る。 落合登山口から登りだし、すぐにタチツボスミレが次々と現れる。 杉山新道コースと池ノ山コースの分岐で、 何故か通常のコースでない杉山新道を選んでしまった。 これは良かったのか悪かったのか? そこら中マムシグサだらけの道。杉桧…

続きを読む

高川山

いや~暖かくなりましたな。 心も軽く気も軽く、こりゃ今年初のお山行しかないでしょう。 そこで前夜に検討す。 息子さんにも打診して、 足慣らしに最適そうな初狩の高川山に決める。 山梨百名山40座目。 登山口駐車場に10時30分に到着。 登り始める。行きは男坂・女坂コースを選択。 帰りは沢コースにしよう。 いきなりテングチョウに遭遇。 幸先いいなぁ。 男坂コースは意外に急登…

続きを読む

愛宕山納

日曜日がOFFなのは、三ヶ月ぶりであった。 良いことであるが、どんなもんだろうか。  ま、おかげで、午後からの観察会のお仲間で仕掛けている センサーカメラのデータ回収に参加できる事になった。 そこで独り先駆けてフィールドを散歩。 ルリビタキにも逢いたいしね。 富士山がきれいだなぁ。 見惚れちゃうなぁ。年賀状の写真はここからのにしようかなぁ。 毎年掃除する水路、すっかり落葉…

続きを読む

本日は山柄もよろしく…

えー本日はお日柄もよろしく(ホントに大安だった) このような好天に恵まれ、朝から作業も捗って 気持ちよく散歩できることは 真に恐悦至極に存じます。   紅葉、殆ど終わってる。 散り敷きる紅葉が血のように紅い。 時折、鳥達とすれ違う。 シジュウカラ、エナガ、コゲラ、メジロにヒヨドリ、ツグミ、キジバト、イカル、ホオジロ。 なんだか、皆つれないなー。 シロハラらしき影、…

続きを読む

小春日和な立冬に大蔵高丸

なんとも欲張ったタイトルだ。 10月から怒涛のようなスケジュールが続いたが、 今週は比較的余裕がある。 しかも天気に恵まれたから、どうしても腰が浮く。 毎朝自宅の前の電線にジョウビタキが来るようになった。 久しぶりに春日居の長谷寺さんへ行ってみたら、 紅葉が始まっていた。 虫の音も少なくなって静かなもんだ。 ジョウビタキの声は聞こえるものの姿はなく、 ルリビタキはま…

続きを読む

富士初冠雪

10月22日に台風がやって来て、 翌日、富士山の初冠雪が観測された。 しかし、晴れたのは、その一日だけ。 翌日から又さえない天気で、やっと26日に晴れた。 よし、頭が白くなった富士山らしい姿を拝みに行こう。 新道峠なら直ぐだし・・・と安直に考えたのが運の尽き。 芦川の、すずらん群生地付近で、昨年もあった舗装工事の通行止め。 あぁでも諦めきれないので、河口湖から迂回して、 反対側の…

続きを読む