笛吹通信

三月八日 今日は夕刻から明日の仕込なので、昼は空いていた。 そこで、午前中は山梨市の万力公園へ出掛けたが、 あまり芳しくない結果。 物足りなかったので、午後は近所を巡回した。 まずは境川の藤垈の滝へ。 水芭蕉もニリンソウも咲いてないのは分かってるけど、 見に行ったら、あら、菫が咲いてる。 えっとね…たぶんタチツボスミレ。 ちょっと早いよなぁ。 そこから、八代ふるさ…

続きを読む

啓蟄そわそわ

この日は啓蟄であった。 少し前までは、   「啓蟄って言っても旧暦と新暦はズレるし、 まだまだ寒くて虫なんて出て来てない」って感じてたのに、 なんだか、ここ二三年ぐらいだろうか、 季節の実感が伴ってきている。 サンシュユが黄色の花弁を開いていた。 春っぽい色だなぁ。 コブシの蕾も膨らみ始めた。 地表ではヤブカンゾウの芽がズラッと並んで出て来ていた。 これもまた春の色…

続きを読む

季の花

弥生に入った。 三角草と節分草に逢いに行かねばならぬ季。 今年は暖かな日が続いているから、花が早いかもしれぬ。 若干の不安。 まずミスミソウから。 今年も息子と共に急斜面を登る。 すぐに木の根元に隠れるように、 数株寄り添っているのを見つけた。 その名の由来の葉もしっかり見えてる。 例年より低い場所で咲いてるな。 足元を丁寧に探しながら 目を…

続きを読む

あっちゃ、こっちゃ

昨今気候が掴めない。 暖かいんだか、寒いんだか、 晴れるんだか、曇るんだか、ハッキリしてほしい。 だから散歩も、近場で済まそうか、軽く足を延ばそうか、 毎回悩む。 10日は、金川の森へ。 撮れたのはジョウビタキだけだったが、 常連の小鳥たちには、ひと通り会えた。 しかし、今季はどうも皆素っ気ない。そしてツグミが少ない。 他では、どうなんだろう。と、14日は愛宕山へ。 …

続きを読む

如月 朔 雪化粧

先月末には免許の更新をした。ゴールドに復活。 更新の帰りしな藤垈の滝へ寄った。 静まり返っていて、 ジョウビタキ、ツグミ、モズしか確認できなかったのだが、 トラツグミらしき姿を見かけた。 その際にツグミを僅か5mほどの距離で撮れた。 夜半に雪が降って、 如月朔の朝は薄っすらと雪化粧。 近所の↑ぶどう畑・↓桃畑も美しく輝いていて、 気分高揚す。 子供じみているけど、…

続きを読む

大寒過ぎれば、もうすぐ。

1月20日からは二十四節気の大寒。 一年で一番寒い時期だ。 ルリビタキとアオゲラに会いたくて、 風土記の丘公園に出掛けてみた。 ツグミとシロハラが普通に居た。 撮れなかったけど、ジョウビは見かけた…でもルリビは居ないな。 アカゲラは居たけど… アオゲラには会わなかった。 メジロは沢山居たのになぁ。 今季は何処に行ってもモズが目立つなぁ。 そんなんで、ちょっ…

続きを読む

オレンジ居たけど橙色いない

どんよりと雲の多い、寒風吹き荒ぶ朝だったけど、 「何処か歩かねば」って、 義務感めいたものを感じて、金川の森へ。 ボンヤリ唯歩くのもなんだから、 今季見かけてない、ヤマガラを探しに行こう。 金川の森でも、 南の川上の所には、よく居るから、行ってみよう。 駐車場で車を降りたら、 いきなり眼の前にジョウビタキのオスが居た。 追っかけていたら、もう一羽寄って来た。 ちょ…

続きを読む

鳥見、晴れたり曇ったり

毎年の事ながら、一月は本業が芳しくなく、 さりとて確定申告の準備はしなくてはならず。 寒の冷えもあいまって、首肩腰は凝り固まって辛い。 なんとか時間を見つけて、 この日は春日居の長谷寺さんへ出掛けるが やはり、お昼過ぎでは、思わしくなく、 山繭ひとつ、見つけて帰って来た。 おまけに新年早々尾籠ではあるが、 浄化槽のマンホールの蓋破損というトラブルまであって、 気持ち…

続きを読む

愛宕山歩き初

寒の入りと同時に、 毎朝家の前にやって来るようになった、ジョウビタキ。 ようやく季節相応の冷え込み。 北からの八ヶ岳颪も吹いて、 こりゃ~愛宕山へ行けば、 ルリビタキにも会えるぞと、期待して出掛ける。 逆光だけど富士山が綺麗だなぁ。 盆地がガスってるのが、神々しい感じさえする。 水路は落葉で完全に埋まっている。メジロが飛んでる。 芝生広場に向かって歩いてたらアカゲラが見…

続きを読む

ホントに寒中なの

朝方は凄く冷え込んだけど、 昼日中は三月の陽気だったそうだ。 これじゃあ身体の調子が思わしくないのも、 仕方ないか。 しかも、年越しを除けば、未だ現場に出ていない。 仕事スイッチが入らないなぁ。 更に家では成人した息子と娘がゴロゴロしている。 う~ん思うように行動できない。 そこで、家の周囲をウロウロすることにした。 自宅周辺は桃・ぶどう・スモモの畑だらけ。 おっカシラダカの…

続きを読む

寒の入りに戸惑う。

寒の入りらしい、厳しく冷え込んだ朝でした。 朝、新聞を取りに玄関を開けると、 門柱の上にジョウビタキ。 そうだ正月飾りを外さないと。 諸々家事等あってから金川の森へ。 節季には散歩しないとね。 いきなり番のアカゲラに遭遇するも撮り逃す。 ヒヨドリとシメは飛んでいる。 ガビチョウが薮中にチラリ。ホタル池にはモズ。 河原に出たらカワラヒワ。 未だ長閑で正月気分。 い…

続きを読む

水鳥は哀しからずや

今日は息子の誕生日であった。 午後は娘を教習所へ送る。 仕事始めの街は大渋滞。 夜は食事に行くので雑事は処理できない。 今のうちに、もうひと歩きしておこう。 なにせ正月で心身共に鈍っている。 甲府市と笛吹市の境の河原へ。 おっ流れの中に何かいる。 イソシギ。 遠目ではてっきりセキレイだと思った。ラッキー。 草むらの中にはダイサギだ。 枯れ草で水面が見えなくて …

続きを読む

初凍晴

三が日が過ぎて世間は仕事始め。 いつまでも正月気分ではいけないと 放射冷却でキンキンに冷えた空気の中を 八代ふるさと公園へ。 きっと北アルプスが見える。 出来るだけ東側から見たら奥穂高岳が見えるんじゃないかと リニア展望台へ。リニアはどうでもいいけどね。 おー入笠山の向こうに奥穂と涸沢岳が覗いてる。 その隣に北穂高岳~南岳~槍ヶ岳が正面。 右端に常念と大天井岳。 こっ…

続きを読む

初鳥見2019

明けまして おめでとうございます。 本年も よろしくお願いいたします。 今年は天気に恵まれ、 清々しい、さわやかな、お正月となりました。 元旦からジョウビタキが家の前で鳴くようになって、 誘われるように二日から金川の森へ散歩。 シジュウカラ、エナガの混群に ジョウビタキまで眼の前に現れて 幸先良い鳥見のスタートでしたが、 撮れたのはコゲラさんのみ。 でも、青空だからい…

続きを読む

今年も、いろんな事があった。 (ジョウビタキちょっと遠いな) 仕事は増えたり減ったり、 (カシラダカ) プライベートも困ったり嬉んだり、 (最近良く会うアカゲラ) 往く人来る人逝った人…。 (間ノ岳~北岳と) (カワラヒワ) 全て受け入れて、生きていけたら良いな。 (セグロセキレイも散歩) 金は相も変わらず無いけれど。 (エナガとシジュウカラはいつ…

続きを読む

寒波と共に

今季一番の寒波だという。 家を揺さぶる風の音で目が冷めた。 帽子、手袋、ネックウォーマーで防寒して金川の森へ。 枯葉舞うが野鳥の姿は見えず。 寒さはともかく風が強いからなぁ。 ぁモズ。 藪や木立の中からヒヨやキジバトの姿がチラチラ。 キジの声が聞こえる。 土手道に出たら、ぉアオサギだ。 引いた画を撮ろうとしたら、 シャッターを切った瞬間に飛んだ。ラッキー。 この…

続きを読む

日々是研鑽

鳥撮練習。 甲府市と笛吹市の間を流れる平等川の河っペリへ。 ん。遠くにコサギがいて、あとはカルガモかな。 ここに来たのはカワセミで練習したかったからなんだが、 気配がない。 オオバン、カワウが時折通り過ぎる。 ヒドリガモは居る。 セグロセキレイとモズの姿は認められた。 あれーチドリが居る。 シロチドリでいいかな。横の鴨はコガモの雌かな。 前に見つけたゴイサギの…

続きを読む

これで師走とは…

カメラを替えた。 今までのに不満はなかったんだけど、 ノイズが出るようになっちゃったし、 野鳥撮影にはもう少し寄れたらいいなぁって思っていた。 ヤフオクで3,000円。 まぁ先代のカメラはHARD OFFで500円だったんだけど。 よく働いてくれた。 手慣らしに、まず金川の森へ。 雨上がりで景色がクッキリしている。 それにしても異常に暑い。 きっとツグミはまだ来てないな……

続きを読む

青もみじ

仕事のスケジュールと上手くタイミングが合ったので 青春の散歩道 生田緑地へ。 高校の一年後輩(年はほとんど変わらない)が 三年前に先に逝っちまいやがって 近くのお寺に眠っていると知ったから 会いに行ってきた。 卒業以来交流が途絶えていたんだが、 Facebookで繋がり折をみて呑もうねって言っていた矢先の訃報だった。 彼はアマチュアバンドのドラマーでか…

続きを読む

花鬱

異様な天候に戸惑うばかりだ。 桃・桜・連翹・花桃・雪柳等など、一気に咲いて百花繚乱。 家の庭の雪柳、連翹。 昨年植えたピンクの芝桜。 むか~し昔、家内の実家の福島県いわき市から持ってきた白と押され気味のピンク。 どれもよく咲いて嬉しいが、なんか気持ちが付いていかない。 春鬱なんだろうか。 思い当たるのは、娘さんの朝の送り迎えの必要がなくなったから、 肩…

続きを読む

眺膨

あんなに厳しかった冬がまるで嘘のよう。 一雨毎の暖かさとは良く言ったもので、 すっかり気分は春本番。 土筆探しながら下を向いて歩こう。 一つ見つけたら次々と見つかった。 この日は大雨の降った翌日。 正に木の芽起こし。サンシュユも咲いていた。 シジュウカラが勢いよく飛び回って、ジョウビタキのオスの姿も見える。 でも、タイミングが合わない。 と・・・メジロが集団…

続きを読む

寒の戻りにビンズイ

本当は何処か山へ行こうと画策していたのだが、 起きたら雲が多い。止めやめ。 そこで昨日近くまで行った、万力公園へ。 ルリビタキに逢えるかな。 息子伴って着いたら、寒っ。 寒の戻りだな。 スズメの鳴き声が凄い。飼っているクジャクの餌目当てだな。 いきなりジョウビタキが居た。 お出迎えご苦労である。 イカルも居たが飛んでった。 雲が切れ日は射して来たが、風が冷たい。 メジロ…

続きを読む

偶然の風の中

息子を伴って愛宕山へ。 最近は、とんと観察会には御無沙汰なのだが、 息子が小学校三年生の頃に参加して以来の縁。 しかし、ぐうたら大学生の息子のために、 着いたのはお昼。 屋上広場から芝生広場、大笠山に登って、キャンプ場に抜けたが、 な~んもない。 鳥見も芝生広場にカシラダカが居て、上空をトンビが舞ってただけ。 でも、不満はないんだけどね。つまらなくはない。 キャンプ場でお腹…

続きを読む

バレンタインより雨水

オリンピックの影響なのか、 今年のバレンタインデーは馬鹿騒ぎするでなく、過ぎた気がする。 午後から仕事だったから、普通に、いつもの散歩。 ただ鳥達はやけに囀りまくっていた。 季節に忠実に生きるのは良いことだ。 カワラヒワや エナガ カシラダカが青空に映える。 サンシュユの蕾が割れてきた。ほんの少しだが春の予感。 この季節といえば確定申告。 …

続きを読む

御神渡り

ん~む…こんなに忙しい2月は初めてだ。 ありがたいことである。 愛である。そうである。 さて、そんな中でも心を亡くさないように、 信州諏訪湖に御神渡りを観に行った。 もう大昔(娘の生まれる前にだから18年位か)観に行った記憶がある。 その時は、怖いもの知らずでワゴンRのノーマルタイヤで出掛けたのだが、 今回は息子と娘同伴なので、ちゃんと下調べした。 まずは南側の岡谷市…

続きを読む

至福の誕生月

暦の上では春が訪れた。 そして僕にも新しい歳が訪れた。 そうだ。冬の観察会に行けなかったから 愛宕山に行こう。 原点回帰だ。 まず屋上広場で富士山を眺めて、水車の横を通って 藤棚の方へ。 ぉっいきなりルリビタキが・・・ 昨年此処には綺麗な雄が居たんだが、 今季は若鳥か・・・雌かな。 う~~~ん雌だな。 藤棚のところでも富士山を遥拝し。 自由広場の手前まで行…

続きを読む

季節跨ぎ

2月になった。 寒さ半端ない。 前夜は月蝕であった。 そのせいかどうかは知らないが、 異様にツグミが群れていた。 普通この時期は単独行動が多いのにな。 イカルの群れも大きくなっていた。 今季は5.6羽単位で見かけることが多かった。 不思議ね。やっぱ寒波のせいか。 他にはジョウビタキ雌。 コゲラさん。 この日の夜半から、又雪が降るという予報…

続きを読む

望郷

ほんとーに今冬は寒い。 日差しはあっても空気が半端なく冷たい。 今年初めて、春日居の長谷寺さんへ行く。 やはり寒い。出来るだけ日向を選んで歩こう。 石段を登り始めたら、いきなりルリビタキが飛び出してきた。 お誂え向きの場所へ止まったが対応できない。 おたおたして、こんなのしか撮れなかった・・・ムム。 その後は、あまりにも寒いからかカケスの声しかしない。 カシラダカはいつも…

続きを読む

ウンが付きますように。

年頭にあたり、旧年中の御愛顧に感謝申し上げると共に、 本年も変わらぬ御鞭撻を賜りたく、 御挨拶申し上げます。 さて、年末は活動が活発過ぎて更新追いつけず不本意でした。 今季は鳥達が予想した場所に居ないので、散歩に行っても 不本意な撮影が続いて欲求不満気味。 まず、12月26日の金川の森分から、 あーこのモズは例年通りだ。 セキレイはいつも通り居るね。 ジョウビタ…

続きを読む

本日は山柄もよろしく…

えー本日はお日柄もよろしく(ホントに大安だった) このような好天に恵まれ、朝から作業も捗って 気持ちよく散歩できることは 真に恐悦至極に存じます。   紅葉、殆ど終わってる。 散り敷きる紅葉が血のように紅い。 時折、鳥達とすれ違う。 シジュウカラ、エナガ、コゲラ、メジロにヒヨドリ、ツグミ、キジバト、イカル、ホオジロ。 なんだか、皆つれないなー。 シロハラらしき影、…

続きを読む