明けてみたら百花繚乱

お待たせしました。 八月四日 火曜日の乙女高原訪問記。 梅雨明けしたと思ったら灼熱の太陽が輝いて猛暑。 扠、草花の様子はどうでしょう。 キンバイソウ咲いていた。 コオニユリ。あ〜向うから翔んで来てるね。 何かは前回の記事で読んでね。 オオバギボウシ。 ヒメトラノオ。 オミナエシ。 タチフウロ。 シモツケ…木の方ね。 ノコギリソウ…

続きを読む

欣喜蝶躍

梅雨が明けて、さぁ山に行くぞ。って張り切ったが、 此処数年例によっての「不安定なお天気に注意」である。 でもね。アプリの降雨予報と自分の感。 どちらを信じるかって…自分でしょ。 で、2ヶ月ぶりの乙女高原へ。 途中、焼山峠過ぎた所で、車窓から見えた…。 おぅわスゲ~。ヒョウモンチョウだらけ。7頭以上居るわ。 ミドリヒョウモンに、 えっと…奥のは何ヒョウモンだ。 皆…

続きを読む

じっとしてられない性格 その参 乙女高原(花)

朝、林道を登って来る時から、 オレンジ色のフシグロセンノウやら、 紫色のツリフネソウが車窓からも見えていたから、 期待はしていた。 嬉しかったのはマツムシソウが咲いていたこと。 マツムシソウは色が品良くて好き。 クガイソウは終わりかけてたけど、 代わってルリトラノオが沢山咲いていた。 ツリガネニンジン。 目立つのはやはりオレンジの、 コウリンカ…

続きを読む

じっとしてられない性格 その弐 乙女高原(虫)

大弛峠から下りて来たら、日が射してきた。 これで帰ったら勿体無いでしょ。で、乙女高原に。 アザミ咲きだしていた。 ミヤママルハナバチかな。 ワレモコウにはアキアカネ こいつは俗に言うムギワラトンボかな。 ヨツバヒヨドリやヒヨドリバナにはアサギマダラ。 ようやく沢山見るようになった。 コオニユリにはアゲハ。 花粉でお腹が真っ…

続きを読む

続・乙女高原から2017夏

湿原周って帰ろう。お昼だし。 サワギクが咲いてる。 スジグロシロチョウか。 この沢の中にあった黄色い花が分からない。 オトギリソウの蕾だろうか。 キリンソウもあった。 オオヤマフスマ見つけた。 電線でホウジロが頻りに囀っている。 空が青いなぁ。 来る時に車窓から目をつけていたので、 焼山峠に寄る。 やっぱりウツボグサだ。 ホソバノキリン…

続きを読む

乙女高原から2017夏

梅雨っぽい天気が来ないうちに、梅雨明けしていた。 朝からまとわりつくような湿気った空気。 不安定な大気の状態が続いています。とテレビが連呼。 今年はさっぱり花暦が読めない。 それでも動き出さないことには気持ちも進まないので、 お昼までにあがろうと決めて、乙女高原へ。 まず目を引いたのはキンバイソウ。 鮮やかあざやか。 クガイソウも咲いていた。 カラマツソ…

続きを読む

乙女ようやく春めく

暦も進み早、水無月。 衣更をして、いざ乙女高原へ。 いくらなんでも花暦も進んでるでしょ。 朝の内は天気不安定と言われていたが、雲の流れが早いなぁ。 しかも、風が冷たい。上着持って来てよかった。 まず、湿地を周ってクリンソウを確かめよう。 咲いてますな。 開き始めみたい。 やっぱり遅いなぁ。九輪になってないもんなぁ。 おっカケスが飛んで来た。 カケスに誘…

続きを読む

乙女未だ覚めず

満を持して…満を持して出かけたのです。 今年初の乙女高原へ。「毎年ちょっと早かったなぁ」とか思いつつ、 それでも、それなりに何かしら会えたりしたのです。 ただ今年は花が遅いので、約約二週間我慢して12日に行ったのです。 なので、水場から先に観に行ったとです。 クリンソウひとつも咲いてない。花芽は出てるけど。 それでもサンリンソウは少し咲いてた。 バイケイソウ…

続きを読む