愛宕の山の夕暮れは

来週の観察会の下見へ息子と共に。 集合前に樹液の木をチェックしたら、 サトキマダラヒカゲとカナブンしか居らん。 もう秋なんだなぁ。 スタートして直ぐに白いキノコを発見。 ツバもツボもなかったからドクツルタケでは無いと思うが、 まぁ気を付けるに越したことはない。 今季はキノコは少なそうだ。 コウヤボウキ咲いている。 恥ずかしいけど名前の由来を一くさり。 え〜っと…

続きを読む

愛宕山から2020夏

いったい何時になったら梅雨が明けるのか、 止まない雨が存在するんじゃないかと、想い始めたこの日。 愛宕山に日が射した。 観察会の前に樹液の木が気になりフライングチェック。 相変わらずカナブンメッチャおる。 ニイニイ時雨もゴイスー。 おぉぉオオムラサキが来た。 更にスミナガシ登場。 素晴らしい光景である。 だが、2頭とも動きが早くて、満足な絵が撮れない…

続きを読む

愛宕山観察会2019秋

本当なら三連休は仕事で参加出来ない予定であったが、 諸般の事情でキヤンセルとなった。 嬉しいやら悲しいやら。そりゃ経済的には困るわ。 だが、枯れ木も山の賑わいと云うではないか。 お手伝いに馳せ参じた。 観察会前にセンサーカメラのデータチェック。 あ〜アケビがなってる。 結果は又後日ね。OKでたらね。 大きいカナヘビ見つけたりしたが、 曇天で暗かったせいもあって、ブレブレ…

続きを読む

本日観察会速報版

 A班、蛇発見。  頭撮れず。隠頭蛇尾である。  これはノジスミレか普通のスミレか?  ウグイスカグラは変わらず良く花が咲いていた。  イカリソウは撮影するのに膝が汚れる花だが、これは偶然よく撮れた。うれしい。  これはチゴユリの蕾だろうか?  イチヤクソウの葉っぱも見つけたし、5月、6月が楽しみだなぁ。

続きを読む

観察会をお楽しみに。その3

 お待ちかね虫である。  まず目についたのが、この子なのだが、 ミヤマセセリでやっぱり間違いないみたい。  確かに、蛾みたいだが、れっきとした チョウ目 セセリチョウ科 3月下旬から4月にだけ発生し、落葉広葉樹林で見られる。 幼虫の食草は、クヌギ、コナラ、カシワなど。と条件もあっている。    それから、小さなバッタの幼虫たち。  これを見つけた目線とバッタに見…

続きを読む

観察会をお楽しみに。その2

 その2は植物編。  シュンランだけど、どこにあるかは秘密。掘っていかないでね。 で、もう一株。  そしていつもの、ヒトリシズカ。  今が盛り、日曜まで持つかなぁ。  ウグイスカグラは其処此処に  イカリソウはまだ少ない。  ヤブレガサは結構出ていた。  スミレの仲間はまずタチツボスミレか  これはノジスミレか    ヤマハッカも…

続きを読む

観察会をお楽しみに。その1

 来週の観察会の下見に、今年は全てが遅れている感じ 着いて直ぐ水場でカエルのカップル二組発見。    ちと水面の反射で見にくいけど  LOVE♡LOVEである。  後ろから卵が出ているのがわかる。  例年だとオタマジャクシだらけの水路なのだが    今日はカエル爛漫  ヨイショと脱出を図る  落ちた!周りの眼が冷ややか。  「なにみてんだよ~!」…

続きを読む