愛宕山から2020夏

いったい何時になったら梅雨が明けるのか、 止まない雨が存在するんじゃないかと、想い始めたこの日。 愛宕山に日が射した。 観察会の前に樹液の木が気になりフライングチェック。 相変わらずカナブンメッチャおる。 ニイニイ時雨もゴイスー。 おぉぉオオムラサキが来た。 更にスミナガシ登場。 素晴らしい光景である。 だが、2頭とも動きが早くて、満足な絵が撮れない…

続きを読む

秋湿り

なんか秋らしいカラッとした晴天がない。 台風が来るってことは、湿った空気が入ってくる訳で、 それが山に当たると上昇気流が生じる訳で、 そりゃ雨は降らないと、それも困るんだけど、 程度ってもんがね…。 で、カレンダーとニラメッコしたら、 今日ぐらいしか乙女高原に行く機会が無いんではないかと…ムムッ。 それも凛憧の咲いてるうちにね。 だよね〜。蕾だよね。だって凛憧って日が射さない…

続きを読む

重陽の節句

 世間であまり重用されていない重陽の節句を きちんと迎えようと思っていたのに・・・過ぎていた。    北関東から東北では未曾有の豪雨で甚大な被害が出ている。 父と母の里が真っ只中にあり、心痛めている。被災された方々には、お見舞い申し上げると共に 少しでも早く日常を取り戻せるように、お祈り申し上げます。  山梨の中西部は周辺の山の頂に雲が掛かっているものの、申し訳ないくらいの秋の空…

続きを読む

白秋

 明日は二十四節気の白露。これから彼岸迄が、いわゆる仲秋だそうだ。 暑さ寒さも彼岸迄と言われているが、竜巻が珍しくなってきた昨今。 それも死語になってしまうかもしれない。  しばらく御無沙汰していた笛吹の散歩場所を一巡り。 藤垈の滝のヤブランは盛りを過ぎたが、 クマバチが訪れ 空蝉が下がる。 油蝉、ミンミン蝉、寒蝉入り乱れて季節を惜しむ。  少し涼しくなったか…

続きを読む

花の秋に一歩手前

 週末は、ありがたいことに仕事だが、愛宕山で自然観察の研修会が行われる。 行きたかったけど、仕方がないので、前日に独り歩いてみる。  昨日金川で袖にされ続けたルリタテハ。 やっと撮る事が出来た。  クロアゲハがビュンビュンと二三頭飛んでゆく。あとはヒカゲチョウ類とコミスジ。  いつもの樹液の木へ行ったら スズメバチが群がっていた。 活発化する季節だもんね。 ル…

続きを読む

フルタイム参戦は久しぶり

 愛宕山のお泊り自然観察会に本当久方ぶりに、最初から参加。 メインは勿論、蝉の羽化(主にニイニイゼミ)の観察。 今季は前日まで雨続きでどうなるかと思っていたが、当日は見事に晴れ。 蝉の幼虫も、羽化したくても出られなくと困っていたのが ここぞとばかりに続々と出てきたようだ。  その様子はFBで上げたので、そちらを参照していただいて。  長雨の影響かキノコもそこら中にボコボコ…

続きを読む

雨が空から降れば

 夜半、雨音で目が覚めた。また今日も雨か、山歩きはおろか散歩にも行けないな。 天気予報は明日からは晴れると言っている。でも、台風も来てる。  溜まっている洗濯物も何とかしないといけん。 取りあえずタオル、靴下、下着のみ部屋干しに。  負け惜しみではないけど読書が進む。気がつけばお昼前。雨、上がっている。   今だ。散歩へ。 雨続きの森の中。こうなるのは自明の理。 ヒメカバ…

続きを読む

狩人

 ♪8時ちょうどの~あずさ2号をで~♪ ・・・でなくて。 今日の梅雨の貴重な晴間の散歩は、狩人…狩虫に珍しく会った。  その前に、しばらく来れなかった散歩場所はヤブカンゾウが遠近に灯ともしたように咲き。 アジサイは色を増し ホタルブクロもまだ大丈夫。 イチヤクソウは辛うじて残っていた。  オニノヤガラだと思うが腐生蘭も 隣の出たばかりのはアスパラみたい。…

続きを読む

つゆのひぬま

 気付けば一年の半分が過ぎていた。 仕事の谷間のつゆのひぬま。新規散歩場所を開拓せん。と「四季の森公園」へ。 神奈川県立で横浜は中山にある。  第一印象はよく管理されて明るい公園。平日なのに子供連れが多い。 ビジターセンターに寄ると、園内で見られる花の案内が。 ホタルブクロ、オカトラノオ、ネジバナはいいとして、 アカバナユウゲショウとニワゼキショウにヨウシュヤマゴボウ・・・嫌な予…

続きを読む

晴れ間惜しんで

 水無月も後半。ありがたくも仕事続きと梅雨空で散歩もままならず。 この日は午後集合と相成ったので、晴れ間を利用して昼飯がてら、仕事場近くの葛西臨海公園へ。   海無し県に住んでいると、ここの開放感は新鮮だなぁ。 カワウがいるのはは変わらないけど。 遠くて確認できないけどチラリと瑠璃が光った。カワセミか。 オオヨシキリの声とカモ、アオサギぐらいしか見えなかったが(奥では亀が甲羅…

続きを読む