振り向けば冬至

東京でのお仕事の中日は冬至だった。 午後入だったので、お宿に程近い 井の頭恩賜公園へ。 まだ紅葉が残っている。 いや、むしろ落ち着いていて良いかも。 日が射すと更に綺麗だ。 紅葉の名残の紅が水面に映って キンクロハジロも染まる。 目覚めたばかりなのかな。 ぁこれはホシハジロだった。 動きが鈍い。 そして相変わらず目つきが悪い。 …

続きを読む

日日是好日

連日の撮影練習。 この日は山梨市の万力公園へ。 冷え込んだから冬鳥来てるかな。 まず東側の川辺り直行。 ん~っアオサギ、ダイサギ、モズ、カワウ…遠いな。 鴨の姿も見えない…カワガラスも居ないな。 あっ飛んで来た。アメリカヒドリ。 池に行ってみる。カワセミ居ないなぁ。 カルガモや、 マガモ、 オオバンっていう、いつものメンツは居る。 おっヒドリガモが1羽…って…

続きを読む

山の色(後編)

やっとシジュウカラ、コゲラ、エナガの群れに会った。 なかなか黄葉の中から出てこない。 やっとこさっとこ一枚。 北側の第二広場あたり、 カシラダカが居た。それとエナガ。 おぉぉメジロだ。 ここに何か出てきてくれないか、ずっと待っていた。 ヤマガラも来た。 何か食ってた。 コゲラも撮れた。 やはり青空が見えると良いなぁ。 やっとエナガも撮れた。 …

続きを読む

山の色

朝起きたら山の色が変わっていた。 そんな季節の変わり目の訪れが今年は遅かった。 いそいそと武田の杜に。 入口の紅葉が素晴らしかったが… う~む。少し遅かったか。 いやいやそうでもないか。 ここはモミジもさることながら、 ツツジの紅葉が見事。 来る途中、千代田湖で鴨が浮かんでるのが見えたので向かう。 キンクロハジロ君が来てるね。 チョンマゲが…

続きを読む

青もみじ

仕事のスケジュールと上手くタイミングが合ったので 青春の散歩道 生田緑地へ。 高校の一年後輩(年はほとんど変わらない)が 三年前に先に逝っちまいやがって 近くのお寺に眠っていると知ったから 会いに行ってきた。 卒業以来交流が途絶えていたんだが、 Facebookで繋がり折をみて呑もうねって言っていた矢先の訃報だった。 彼はアマチュアバンドのドラマーでか…

続きを読む

♪川口から電車に乗って山梨に帰った

う~ん長崎と神戸だと歌になるけど、 川口と山梨だと様にならないなぁ。 と云うわけで週末は川口に居た。 早く着いたから駅近くの公園をブラブラした。 お腹が痛くなったので早々に退散。 ホンマに11月かよっ。て気温だったが、 天気に恵まれ、仲間に恵まれ、仕事は無事終了して帰山梨。 翌日は下見が入っていたので、 午前中に金川の森へ。雲は多いが青空ものぞいている。 南アルプス…

続きを読む

ホントウにリットウ

言われるまで、今日が立冬だと気が付かんダ。 それほど暖かく穏やか。 先週の木曜の仕事で腰が固まってしまい、 金曜に庭仕事をして悪化させ、 週末の仕事を騙し騙しこなしたら、 月曜はどうにもならなくなり、 火曜は静養。 おかげで散歩のひとつも出来なんダ。 リハビリのつもりで金川の森へ。 漸く里に紅葉が下りてきていた。 でも、今年は台風で枝葉が落ちちゃったから、 …

続きを読む

続 黒川鶏冠山で紅葉狩り

空になる。 本当の頂上ではないが、 見晴台からのパノラマビューは素晴らしかった。 金峰山や国師ヶ岳、憧れの甲武信岳。 手前のは乾徳山や黒金山かな。 もう一つの難関の方の鶏冠山と雁坂嶺。 足元の落合集落や丹波山方面の紅葉の絨毯が素晴らしいなぁ。 笠取山。 一番右の木の陰に飛龍山。雲取は影になって見えないみたい。 南に大菩薩嶺と富士山。 しばらくの…

続きを読む

黒川鶏冠山で紅葉狩り

挑戦、山梨百名山。 その記念すべき50座目は、大菩薩山系の北の端、 黒川鶏冠山にした。 紅葉の季節だからねぇ。 スタートの柳沢峠目指し青梅街道を駆っていったら、 富士山が素晴らしい姿を見せた。 柳沢峠駐車場のモミジは真っ赤っ赤。 10:00スタート。 東京都水道局の管理してる森を抜けて、 紅葉散り敷きる道を辿る。 まだ緑を残す苔とのコントラストが鮮やかだなぁ。…

続きを読む

ごあいさつ

 ごあいさつといっても、高田渡さんではない。 ♪どうもどうも いやどうも♪ カワセミさん。 今週はこれから、お江戸でお仕事であります。 お見送りありがとうございます。 やはり、今ひとつはっきりしない天気の二日間を過ごして、三日目はお休み。 そこでたまにはお体のメンテナンスなんぞと洒落込んでマッサージへ。 そんな贅沢と思われるかもしれないが、 実はたまっていたポイ…

続きを読む

笛吹ぐるり山歩き完結

 2011年10月に笛吹市の峰々を全て踏破しようと発起して、 新道峠から黒岳から始まり、今日その殆どが継ったので、 本日完結宣言をさせていただきます。 ちなみに、笛吹市のトレッキングガイドを参照させてもらいました。  朝から気持ちの良い青空が広がり 王岳へアプローチするために、西湖の「いやしの里根場」へ。 「なんだ、両方共笛吹市じゃないじねーか」と思ったあなた。正解。 そも…

続きを読む

紅葉浴

 やっと晴れた。朝方は雨が残っていたがお昼からお日様が顔を出した。 身体を動かしたくてムズムズしていたので、何処に行こうか迷ったが、 近場で定番が安心。金川の森へ。 紅葉もだいぶ進んだ。  雨上がりだから、しっとりとした空気が気持ち良い。 柞の落葉も輝いて、そこからコゲラの幹を叩く音が響く。 気持ち良いのか空を見上げる。 つられて、シジュウカラも見上げる。 シジュ…

続きを読む

柞もみじ

 立冬を過ぎているから暦の上では冬に入っているんだと、改めて気づいた。 タイトルの柞(ははそ)とはクヌギやナラの総称で、 黄金色とも茶色とも違う、なんとも暖かみがあるぼんやりした 落葉広葉樹の黄葉をこう呼ぶのだそうだ。 紅葉をつらつら味わいながら、胴切りの滝に至る。 岩肌に張り付いた黄葉のさま、いとをかし。 剥がれ落ちないのが不思議。 流れの中に並ぶ様々な岩も、…

続きを読む

千早ぶる~瀬を早み

 秋の大型連休がやって来た。一週間まるまるお休みは久しぶり。 行楽を堪能しようと思ったが、滑り出しは、すっきりしない空模様が続いた。 夜の天気予報では晴れなのに、起きてみるとドンヨリ。 困った、掃除、洗濯、草取り、全て進まない。しかも肌寒い。  やっとこの日は朝から日が差した。でも、午後から曇の予報だから、遠くには行けないかな。 愛宕山に行くつもりで、家を出る・・・が、待てよ。 昨年…

続きを読む

紅葉、里に降りる

 屋内の仕事の時に好天が続き、屋外の日に雨。 月曜日は、やっと洗濯出来ると思ったら、どんよりとして、全く乾かず。 翌日も予報に反して雨模様。 仕方なく薄いものだけ干して、今日は散歩に行く。 折しも周りの山々から雨と共に紅葉が降りてきたところ。 楓はまだこれからだけど、 ヤマボウシなんかは、もう燃え立つ紅。 ヤブツバキも咲いていて、 歩道に散り敷きる。  …

続きを読む

猿橋訪問

 快晴の休日。先輩からのお使いを口実に相模湖までドライブ。 気持ちの良い青空の下、予定通りに用事を済ませて、さて相模湖周辺を散策するかな。 「相模湖自然公園ふるさとの森」ってのが近くにあるみたいだから、行ってみよう・・・ ・・・見つからない。紅葉もまだ早いみたい。  つまるところ相模湖南岸を走り抜けてしまい藤野へ至る。 牧野の集落に「やまなみ公園」の看板を見つけ、寄ろうとしたら道路工事…

続きを読む

諏訪湖慕情~後編 ~

 曇天下諏訪湖畔散歩はまだ続く。 素敵なマガモ夫婦が通り過ぎる。 オナガガモも居る。 雌、眠そうだ。 チュウサギとヒドリガモかなり近づいても逃げない。 カワアイサ、ここにも居た。他の鴨に比べたら大きい。 いい加減疲れたので車で移動する。身体が冷えたから、 湖畔の湯っていう、温泉に行ってみよう・・・ ・・・定休日だった。ならばと街なかの、レトロ銭湯温泉に。 …

続きを読む

諏訪湖慕情~前編 ~

 ご当地演歌に絶対にありそうだと検索したら、 1971年にコロンビアから伊奈あき子という方の歌唱で出ていた。 凄い。作詞は石本美由起だ。 歌詞が見たかったが見つからなかった。う~ん聴いてみたい。 民宿のトタン屋根を叩く筧から流れる雨音で目が覚めた。 あゝ今朝は露天の石風呂に入るつもりだったのに。 ずっと「粗末な宿でスミマセン」と謝りつづける宿の男性に、却って恐縮してしまい。そそくさと…

続きを読む

奥山に紅葉踏み分け

 今日こそは。と窓を開けると甲府盆地の空はまたも真っ白。 PM2.5の影響か。少雨の性もあるだろう。 何処へ行ってもくっきりした富士山は拝めないだろう。 そこでって訳ではないが、 冬が近づけば、今年は行けないかもしれない、乙女高原へ。  標高が上がるに連れ深まる秋  花は全く咲いてないのではと覚悟していたが、トリカブトが紅葉をバックに咲いていた。 妖艶。 そして薄の原を登…

続きを読む

桜紅葉散る

 怒涛の十日間が過ぎて、富士山や南アルプスも冠雪し。 さて何処の山へ行こうかと思いを巡らしていたのだが、 空は十月と思えないほど白く、上着のいらないほど暑く、これまたどういう訳だろう。  そろそろ林道が通行止めになってしまうから、その前にと気は焦るが、 先週の資料整理と洗濯などしていたら、もうお昼。 そこでホーム散歩場所の金川の森へ。  本格的な紅葉には、まだ早いが気の早いヌルデや低…

続きを読む

寒波と共に到来

 師走の声に合わせたように急に冷え込んだ。 いつもの散歩場所も、落葉降り積り上から下まで黄金色。  朝霜に足元は濡れつつ、気は引き締まる。  寒波に乗ってやって来たのか、イカルの群れ。 心なしかキリッとした表情に見える…元からか。 ツグミも普通に観られるようになってる。  遥か北からやって来て、まだ落ち着いてはいない様子。 早くもホームシックか。  遠…

続きを読む

無常といふこと

 霜月の晦。今日は日曜日だというのに、仕事お休みなのだが、 次の日に所用が有るため山梨には帰らないので、生田緑地へ。  エナガ、シジュウカラ、メジロが色づいた葉の下を飛び交っている。 コゲラを撮ろうとしてカメラを向けたら、追い払うようにアカゲラ。  黄葉にアカゲラの紅がモミジのように映える。 戸隠不動尊跡はちょうど紅葉盛りだった。 紅葉と銀杏黄葉のコントラスト鮮やか。 …

続きを読む

諸行無常

 鎌倉の獅子舞の谷へ紅葉の想い出を探しに行く。 ちょっと早いかな。でも、日程的には今日しかない。 途中の荏柄天神で宿木が真っ赤に燃えているのを見つけて見惚れる。 正確にはヤドリギじゃないんだけど。 谷に入る手前の住宅地では、いい色。 メジロが飛び交う。 他にアオジの姿も。  早いだろうなぁと覚悟はしていたが・・・やはり早かった。 ♪それはまだ私が二十代だった頃…

続きを読む

紅葉残照

 週末は山歩きはおろか、散歩も出来ないかな?!と思っていたが、 今日お昼からの現場が武田の杜の健康の森に近いことを思い出したので、 仕事前に寄り道することに。  外界は少し靄っているが、空気の澄んだ美しい朝だ。  たまには愛車と記念撮影をしてみるか。 フロントガラスやボディに写り込んで意外にも良い感じ。  時間はあまりないがちょうど盛に当たったようだ。  シジュウカラ、…

続きを読む

秋の去りゆく道

 週末は地元山梨の県民の日記念行事のお仕事。(県民の日は11/20) 会場は銀杏黄葉と紅葉と青空のコントラストが鮮やか。  多分昨夜秋が此処を通って南へ向かった。 その名残が吹き溜まっている。  暦の上ではすでに冬。日の暮れるのと同じくらいの速さで晩秋は駆け抜けた。  翌日はいつもの散歩場所へ。此処の紅葉も進んですっかり初冬の雰囲気。  蔦紅葉も鮮やかな木立の中を…

続きを読む

青空に桜紅葉

 甲府で初氷の便りが届いた今朝。 天気予報で放射冷却・冷え込みという言葉を聞く。 見上げれば真冬のような青空。晩秋の空に霜対策の煙棚引く。  こんな日は南アルプスがくっきり見えるに違いない。 そこで桜紅葉が遠くからも目立つ、八代ふるさと公園へ。  最近拡張工事が行われ駐車場も増えたが、いつもの駐車場で愛車にも眺望を楽しませる。  頭に砂糖を振ったケーキのような南アルプスに桜紅葉。…

続きを読む

冬を告げる鳥

 春告鳥とは言わずと知れたウグイスだが、そのウグイスが地鳴きをしながら藪の中を通り過ぎていった。 人の都合なぞ顧みず、季節は容赦なく流れる。  前日は家内の実家のある福島県いわき市へ日帰り。 既に主を失った家にもスズメが生活し、 季節の花は咲き。 その花ではセセリチョウが羽を休め、 木の実は色づき、  渡り鳥はやって来る。  そんなこんなで今日は、いつもの…

続きを読む

思い立ったが 歩 吉日~乾徳山へ

 地元局の夕方のニュースで「西沢渓谷の紅葉が見頃です」という。 翌日は朝からよく晴れて「紅葉狩り日和」よし行こう。 牧丘から三富へ。そこに「徳和渓谷」の看板。そうだった今季は「乾徳山」へ登るつもりだったのだ。 時刻はまだ9:30・・・よし、思い立ったがARU吉日。徳和集落のすぐ上に車を停めて、出発。  まだ紅葉のピークには早いかな。  始めは暗い針葉樹の人工林だったが、そこを抜ける…

続きを読む

櫛形山は黄金色に輝いて

 やっと何の予定もない好天に恵まれた秋の日がやって来た。 と、思いきやまず洗濯機を2回回ししなければならず、食器洗いなどしていたら…9時半をまわっていた。  それでも黄葉に招かれて、思い立ったが吉日。  初めての櫛形山だが、例によって一番上の駐車場まで行ってお気楽山歩き。 途中の展望台にはまだヨツバヒヨドリが咲き残ってる。 なんとホタルブクロも。 こりゃ花も少しは期待でき…

続きを読む

もみじトンネル潜れば

 師走に入りましたが、お陰様で活発に活動させていただいておりまして、 ゆっくり散歩できるのも今月前半は今日(12月2日)だけ。 そこで愛宕山に今期最後の紅葉狩りと洒落こんだ。  入り口付近が調度見頃。  駐車場へと登る道の上に紅葉のアーケードが出来ている。 覆いかぶさる色葉越しの光に全てが紅に染まる。 濃いも薄いも数ある中で、 更に黄葉ありで、言葉にならない美し…

続きを読む