見納め乙女

あぁ気がつけば寒露さへ過ぎて秋本番。 又々間が空いてしまった。 だけれども忙しいを言い訳にしたくない。 秋風に吹かれて、季節を歩きたい。 乙女高原は、おそらく竜胆の季節だろう。 ひょっとして今日が今季のラストチャンスかもしれないから出掛けてみよう。 盆地は晴れていたが、山間に入ったら、薄曇りで何時ガスってきてもおかしくない空模様。 先に湿原渓流方面を歩いておこうかな。 そうし…

続きを読む

営み~大暑の候~

梅雨明けはしていないものの、 ここ二・三日雨は降らず蒸し暑く重たい天気が続いてる。 不快指数が高いなぁ。 けれども洗濯物は乾きそうだから、ここぞとばかりに沢山干して、 夕方まで雷雨の心配もなさそうだから散歩に行こう。 ありゃぁ。藤垈の滝は下草刈りしていた。タイミング悪ッ。 だからかどうかは分らんがスズメバチしかおらん。 あーでも、ニイニイゼミとアブラゼミの合唱が凄い。 脱…

続きを読む

愛宕山から2020夏

いったい何時になったら梅雨が明けるのか、 止まない雨が存在するんじゃないかと、想い始めたこの日。 愛宕山に日が射した。 観察会の前に樹液の木が気になりフライングチェック。 相変わらずカナブンメッチャおる。 ニイニイ時雨もゴイスー。 おぉぉオオムラサキが来た。 更にスミナガシ登場。 素晴らしい光景である。 だが、2頭とも動きが早くて、満足な絵が撮れない…

続きを読む

ニイニイを探せッ

イッタイゼンタイ日本…ぃゃ地球はどうなっちゃったんだろう。 連日の大雨豪雨・洪水・土砂災害のニュースに言葉もない。 言いたいこと、感じていることは山程あるけど、 まずは生命。命を守らないと。 被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げる。 コロナ禍ではボランティア活動もままならないであろう。 いずれにしろ自然への畏敬の念を忘れてはいけないと自戒したい。 そんな想いを未来に伝える…

続きを読む

小泉山から2018秋

木金土日と4日連チャンで茅野で仕事。 ありがたい以外に言葉がない。 土曜日は仕込リハが午後からだったので、 イソイソと茅野の里山、小泉山へ。 年寄りだから、ゆっくりしようとしても、 いつもの時間に目が覚めてしまい、 急がなくていいのに朝飯を食べてしまい、 次第に雲も取れてきて散歩日和。 いつも停める登山口駐車場に、 あらっコンナ花が。 てっきり植栽された花壇の花が逃げ…

続きを読む

秋雨や ひねもすパチリ パチリかな

もうぅぅぅ。 本当は何処か山梨百名山に行く予定で、 昨晩は何座か候補を絞って就寝したのだ。 だが、しか~し。 目覚めたら雨音がしてるじゃないの。 あ~。でも予報では、この後晴れる。 とりあえず庭仕事しておこう。 福寿草を地植えに。上手く付くかなぁ。 と、シジミチョウが沢山飛んでるのに気づいた。 一般的なルリシジミなんだけど、 こいつだけヤケに毛深い。 スギタニル…

続きを読む

もどかしさ募れど

観察会でお世話になっている 愛宕山の様子が気になったので見に行った。 台風の影響で設置しているセンサーカメラが心配。 ありゃ水路の水車(動いてないが)に木がもたれ掛かっとる。 でも、キャンプ場もセンサーカメラの周辺は 枝葉がたくさん落ちてはいるものの、 思ったよりダメージを被ってないな。 水のもとは酷いけど。 センサーカメラ自体にも設置してる木にも異常はなく 動作もオー…

続きを読む

凛憧の頃

また超大型の台風が近づいている。 息子のいる関西は勿論、 進路に当たる、沖縄~九州~四国~紀伊の恩顧知も心配。 予報では晴れ間があるのは今日しかない。 ならば、洗濯、布団干し、挙げ句は娘のバイト送り迎えと 予定満載だが、行かねばならんだろう。 きっと、この時期はあの花やあんな花がさいているだろう。 でも、急に冷え込んだから少し不安。 ヤマラッキョウ咲いていた。 乙女高原…

続きを読む

季節、行きつ戻りつ

急に涼しくなったと思ったら、 また最高気温が30℃を超える日もあって、 身体が某CM風に言うと ダァルゥオモゥ~である。そんな日々まとめて。 土曜日は仕事の集合時間が思いの外遅くなったので、 観察会のお仲間の定点センサーカメラのデータ回収をお手伝いに。 これが蒸し暑くて参った。 でも、すでに秋の香り。 あ~オケラが咲いてる。 コカマもピョコピョコと現れた。 愛…

続きを読む

奥秩父の盟主へ:キノコ編

やっとやっと天気が崩れる心配がない(自己判断)日がやってきた。 前夜からウキウキ準備して万全の体勢で出発。 大弛峠に9:00着。身支度して出発。 前日までの雨の影響か登山道には水溜り多数。 かなり泥濘んだ場所も。 だからか、キノコばかりが目に付く。 ちゃんと裏も観る。 以下、同定が難しく面倒くさく分かるはずもないので。 ま、アカジコウくらいなら・・・。…

続きを読む

寒中暖あり

寒の内だというのに、 最高気温15℃だと・・・。 暖かいのはいいが、こう気温差が大きいと 身体が付いていかない。何となくシンドイ。 それでも暖かいのは良いことだと、 今年初めて 藤垈の滝に行ってみた。 ヒヨ、ホオジロ、カワラヒワとジョウビ雄1羽が居たが何とも寂しい。 雨の翌日にしては空が澄んでいるので、坊ヶ峰の展望台に登ってみた。 南アルプスの端から端まで、八ヶ岳、金峰山から…

続きを読む

愛宕山から2017秋

全くもって今年は夏から、 スッキリ晴れた日が少ないったらありゃしない。 この日も曇りのち晴れの予報で、 張り切って洗濯したら干すタイミングで雨粒が落ちてきた… 困って色々考えて干して、 「あー今日は何処にも行けねーな」と独り言ちていたら、 晴れた・・・。 今から行ける場所は限られてくるなぁ。 武田の杜や乙女高原も頭に浮かんだけど、 足は愛宕山へ。 水路の水が澱んでいるなーと眺…

続きを読む

夏休みの友

もう8月も終わり。 今年は天候に恵まれず、思うように山歩きが出来なかった。 欲求不満が溜まるばかり。 雨粒こそ落ちてこないものの、 どんよりと曇って、周辺の山々の頂きは見えない。 そこで愛宕山で独り観察会を挙行した。 予想した通り多雨と蒸し暑さで、キノコがぼこぼこ出ている。 ↑はタマシロオニタケだね。 ↓はイロガワリかな。 これはウラグロニガイグチか。 これは…

続きを読む

今は♪もう秋♪

すっかり御無沙汰しておりました。 最盛時には、ほぼ毎日更新していた当ブログでしたが、 諸般の事情で一月以上間が開いてしまいました。 そんな訳で季節は夏から秋へと移り変わり、 表題となったわけですが、 乙女高原は元気な人生の先輩方が闊歩して賑やかでした。 まだリンドウが至る所に咲いていて嬉しい。 タムラソウもちょっぴり残っていて、 ウラナミシジミ…

続きを読む

ご無沙汰でした。

 やっと…やっと時間が出来た。 んだけども、午前中は家のトラブル対応があって潰れた。 乙女高原にいきたかったんだけどなぁ。  でも、愛宕山も4ヶ月以上行ってない。 んじゃ、行ってみっか。 スタートはいつも通り水路脇から。 シオカラトンボが産卵中。正確に言えば雌が産卵中で 雄は見守り。 そこから夢見山を乗り越えて芝生広場へ。 途中には、キノコいっぱい。 イロガワリかな。…

続きを読む

重陽の節句

 世間であまり重用されていない重陽の節句を きちんと迎えようと思っていたのに・・・過ぎていた。    北関東から東北では未曾有の豪雨で甚大な被害が出ている。 父と母の里が真っ只中にあり、心痛めている。被災された方々には、お見舞い申し上げると共に 少しでも早く日常を取り戻せるように、お祈り申し上げます。  山梨の中西部は周辺の山の頂に雲が掛かっているものの、申し訳ないくらいの秋の空…

続きを読む

白秋

 明日は二十四節気の白露。これから彼岸迄が、いわゆる仲秋だそうだ。 暑さ寒さも彼岸迄と言われているが、竜巻が珍しくなってきた昨今。 それも死語になってしまうかもしれない。  しばらく御無沙汰していた笛吹の散歩場所を一巡り。 藤垈の滝のヤブランは盛りを過ぎたが、 クマバチが訪れ 空蝉が下がる。 油蝉、ミンミン蝉、寒蝉入り乱れて季節を惜しむ。  少し涼しくなったか…

続きを読む

花の秋に一歩手前

 週末は、ありがたいことに仕事だが、愛宕山で自然観察の研修会が行われる。 行きたかったけど、仕方がないので、前日に独り歩いてみる。  昨日金川で袖にされ続けたルリタテハ。 やっと撮る事が出来た。  クロアゲハがビュンビュンと二三頭飛んでゆく。あとはヒカゲチョウ類とコミスジ。  いつもの樹液の木へ行ったら スズメバチが群がっていた。 活発化する季節だもんね。 ル…

続きを読む

フルタイム参戦は久しぶり

 愛宕山のお泊り自然観察会に本当久方ぶりに、最初から参加。 メインは勿論、蝉の羽化(主にニイニイゼミ)の観察。 今季は前日まで雨続きでどうなるかと思っていたが、当日は見事に晴れ。 蝉の幼虫も、羽化したくても出られなくと困っていたのが ここぞとばかりに続々と出てきたようだ。  その様子はFBで上げたので、そちらを参照していただいて。  長雨の影響かキノコもそこら中にボコボコ…

続きを読む

狩人

 ♪8時ちょうどの~あずさ2号をで~♪ ・・・でなくて。 今日の梅雨の貴重な晴間の散歩は、狩人…狩虫に珍しく会った。  その前に、しばらく来れなかった散歩場所はヤブカンゾウが遠近に灯ともしたように咲き。 アジサイは色を増し ホタルブクロもまだ大丈夫。 イチヤクソウは辛うじて残っていた。  オニノヤガラだと思うが腐生蘭も 隣の出たばかりのはアスパラみたい。…

続きを読む

つゆのひぬま

 気付けば一年の半分が過ぎていた。 仕事の谷間のつゆのひぬま。新規散歩場所を開拓せん。と「四季の森公園」へ。 神奈川県立で横浜は中山にある。  第一印象はよく管理されて明るい公園。平日なのに子供連れが多い。 ビジターセンターに寄ると、園内で見られる花の案内が。 ホタルブクロ、オカトラノオ、ネジバナはいいとして、 アカバナユウゲショウとニワゼキショウにヨウシュヤマゴボウ・・・嫌な予…

続きを読む

晴れ間惜しんで

 水無月も後半。ありがたくも仕事続きと梅雨空で散歩もままならず。 この日は午後集合と相成ったので、晴れ間を利用して昼飯がてら、仕事場近くの葛西臨海公園へ。   海無し県に住んでいると、ここの開放感は新鮮だなぁ。 カワウがいるのはは変わらないけど。 遠くて確認できないけどチラリと瑠璃が光った。カワセミか。 オオヨシキリの声とカモ、アオサギぐらいしか見えなかったが(奥では亀が甲羅…

続きを読む

ちょっと、ひと秋

 東京・山梨・茅野・東京・そして山梨。 忙しいという言葉はやはり使うもんじゃない。 貧乏暇なしとはよく言ったもんだが、それでも活発に活動しよう。  今日は娘さんがお休みになってしまわれたので、午前中動けず。 午後は用事と用事の間に行ける場所を考えた結果、 自然観察会の愛宕山の裏側「武田の杜 樹木見本園」へ。  歩き出してすぐにノダケが あれ、今まで観たことあったかな。実は今…

続きを読む

秋津が運ぶ秋便り

 今日はまたもや、娘さんに高校まで送ってと仰せつかったので、 渋々行ったが、それを利用して春日居の長谷寺へ。  山懐のここなら、三連休初日の世間の喧騒の中でも、静かだろうという目論見。 石段を登って行けば、やはりまずはキノコ。  もう同定を試みるのが正直面倒なので、各自お願いします。参考までに裏はこんなかんじ。 こいつはいい匂いがしました。記憶にある匂い。 これは分か…

続きを読む

夏が手を振る~Part2:藤垈の滝編

 やはりiPhoneからブログは書けなかった…眼が疲れて。 夏の未練を引きずって辿り着いたは藤垈の滝。  エナガが出迎えてくれた。嬉しいけど夏っぽくはないな。    ここのヤブランは見事。 日陰にはノブキ。  ややっこんな所にテングダケがズラリと。 去年は金川で見たんだけど今年は見ないなと思っていたんだ。で、振り向くとそこにも。  幼菌もあるから。やっぱり遅く…

続きを読む

きのこの里…山にも秋

 台風が近づいているから今朝も雨模様。 だがここ最近身体が鈍り気味なので、ご無沙汰のお詫びに愛宕山に。  富士山が真っ黒な姿をやっとこさ見せた。そう言えば今宵は中秋の名月。多分無理だろうけど。 まずキャンプ場の方から歩いてみよう。 アキカラマツがあった。文字通り秋だね。 ツリガネニンジン。 あっちこっちにあった。 イブキボウフウも。 オケラはもう少しだな。 …

続きを読む

断夏魔の叫び

 8/16にお盆の送り火のイベント仕事を終えて仮眠。 翌日午前3時発で、家内の実家の福島県いわき市へとんぼ返り。 そしてこの日の夜は、東京は高円寺で同級生のJAZZセッションを聴きに行く。  なんか活発に活動し過ぎか。いや動ける内に目一杯動かんとな。 そんな訳で、いつもの散歩場所へ行ったが、まだ夏休みだったのを忘れていた。 家族連れ凄く沢山歩いてる。こちらは短パンのおっさん独り散歩…

続きを読む

朝~かすかな かすかな かすかな~

 台風一過の週末は慌ただしく過ぎゆく。 観察会一家で一過。 東京での仕事を無事終えて、高速バスで山梨へ帰る。 夜も更けて到着。風呂に入って娘を連れて愛宕山。前日から入っている息子と共に、 早朝の観察会にだけ参加。  ニイニイゼミの脱殻いっぱい。鳴き声も聞こえる。  蝉を探して木々を見上げていたら、ウマオイ?! キャンプ場のテントの脇。何イグチ?黃ナンチャラ…

続きを読む

嵐の前の静けさ

 台風の影響で梅雨前線が刺激され各地で災害が起きている。 しかし、前線が押し上げられたせいで、山梨は台風本体の雲の間で嵐の前の静けさ。  蒸し暑い中を、いつもの散歩場所で昆虫パトロール。 ヤブカンゾウ花盛り。森のなかで灯りが点ったよう。 アジサイは今まさに真盛り。  ヒメヤブランは人知れず咲く。 雨上がりだから、キノコも出てる出てる。 ヒメヤブラン&キノ…

続きを読む

下見~の下見。

 おなじみ夏の観察会が近づいてきた。週末は下見。 だが、仕事があって参加できない。そこで自主的に下見。 つまり、下見の下見。「したみのしたみ」と口に出したら「下に~したに」と大名行列の先駆けのようになった。 ・・・それだけ。  オカトラノオが咲き始めてました。 キャンプ場の周りにも。 後はキノコきのこ、また茸。下ばかり見ていたから、下見という意もある。 シロハツか。 …

続きを読む