残暑ナンザンショか

御盆の間に仕事が全くないのは、初めてだろうか。 迎え火は焚けたけど、山の天気は荒れそうだったので、 (まぁ御盆に山に入るのも躊躇えたし)何処にも出かけはしなかったが、 盆地では、時折晴れ間も覗いたので、13,14,15日と庭仕事に精を出した。 あ〜スッキリすっきり。 台風の余波を引きずった16日はお昼近くになって、やっと明るくなってきた。 さて、金川の森にでも行こうか。 ギボウ…

続きを読む

御盆

広島・長崎の原爆忌を今年も敬虔な気持ちで過ごし、 立秋も知らないうちに過ぎてしまい、 週末、やり甲斐のある仕事を頂いて感謝する。 台風直撃の可能性もあり、危ぶまれたが、いわき市まで車を走らせて、家内の実家の御墓参り。 西日本の方々申し訳ない。 翌朝、足がつって悶た。 けれども、何があっても生きていることは素晴らしい。 ありがたい、ありがたい。と唱えながら暇ができると散歩へ。 藤垈…

続きを読む

夏を取り戻せ

と云う意気込みで、 午後から所要なのに金川の森へ。 もう、ちょっとでも時間があったら歩きに行きたい。 おーでかいキノコだ。 ホコリタケの仲間なんだろうが、オニフスベ程ではない。 あ〜やっとキツネノカミソリが咲いた。 ギボウシも咲いた。 そこへクマバチが来とる。 なんとか季節の遅れを取り戻そうと必死。 ノカンゾウもあった。アブラムシが凄いのでアップにはしな…

続きを読む

青の季節

オフ日。天気が心配だったけど、 昨日のうちに洗濯しといたのを外に出してるうちに晴れてきた。 急いで洗濯して庭の胡瓜と茄子とミニトマトの面倒みて、 糠味噌に漬けて、娘をバイトに送って、 ちょっとだけでも山歩き気分味わおうと春日居の長谷寺さんへ。 石段じゃなく山道を選択したら、笹と茅が生い茂って大変。 おっとこいつは何の幼虫だ。 笹に居ただけにササキリの幼虫みたいだ。足の白い線の特…

続きを読む

やっと御出まし

18日。やっと、お日様が顔を出した。 午後から地元局の仕事に行くので、さぁて何するかと思案。 お昼までは雨が降らないという予報を信じて洗濯。 すると、ありゃま日が差してきたじゃあ〜りませんか。 ほんのちょいとの間でもいいから昆虫パトロールに行こう。 藤垈の滝へ。ギボウシ咲いていた。 ん〜でも気温が上がりきらないからかな。樹液が出てない。 よってカナブンさえ居ない。ぁニイニイゼミ…

続きを読む

萱草咲く頃

七夕過ぎて、やっと一息。 山歩きどころか、散歩さへ久しぶり。 そこで季節を確かめに、まず藤垈の滝へ。 紫陽花の季節だなぁ。 ヤブカンゾウが其処此処に咲いている。 この花が咲くと、そこだけポッと灯りが点ったようで暖かい気持ちになるなぁ。 樹液の出る木を丹念に見て回ったが、 残念ながら、なにも見当たらない。オオムラサキどころかスミナガシも居ない。 あぁヒョウモンチ…

続きを読む

季節(とき)に置き去りにされたようで

あぁ…なんてこった。 6月はハードスケジュールの嵐に飲まれて、 山歩きどころか散歩さえままならず、 ようやく22日に金川の森へ。 ほ~らホタルブクロが咲いてるじゃん。 イチヤクソウは殆ど散っちゃてるしな。 ハンゲショウは、すっかり白くなってる。 ネムの花も咲いてるじゃあ~りませんか。 なんか季節に置いてきぼりくらったみたいで、 寂しいぜ……

続きを読む

隙間の晴間の緑陰に閑あり

梅雨入りしたものの、時折晴間も有り。 仕事がピークに入ったが (ありがたいことに14連チャン) 僅かな移動の隙間を見逃さず。 曇っていたが、葛西臨海公園で鳥見。 アオサギとダイサギ…かな。 もう一羽、アオサギが歩き周って餌を探してる。 おやおや仲がヨロシイこと。 って鷺はアオサギとダイサギで交配すること、あり得るのかな。 それとも何か取りあっているのか。…

続きを読む

ようやく衣替え

申し訳ないが… 絶対に半袖は6月からって決めている。 四日間の信州ミニツアーを終えて、 出掛ける前は、帰って即、八ヶ岳と思っていたんだが、 モクモクと雲が湧いている空模様を見て延期。 まず洗濯。 長袖が二枚、半袖が二枚、パンツ四枚。 Tシャツ系が四枚、靴下も四足。壮観である。 庭には、猫のウンチが落ちていて始末で更に時間が掛かった。 我が家の玄関の賑やかだった燕の巣も、…

続きを読む

もう、そろそろ

なかなかスカッとは晴れないが、 それでも雨が降らないだけましか。 午後から仕事だが、 体が鈍るのが嫌で散歩に行く。 定点観測場所の金川の森へ。 道すがら、河原に耳をかたむけるが、 オオヨシキリの声が少ない。 そう云えばカッコウもまだ聞こえないな。 スイカズラが咲初めていた。 ニガナとか、 オオジシバリだとか咲いて、夏っぽくなってきたなぁ。 ぉ。アヤメも顔見せ…

続きを読む

桐の花

…の美しい季節になってきましたね。 なのに、この空気の冷たさはなんだろう。 朝、肌寒さを感じて目が覚めた。 今日は何処に行こうかと周辺の山々を眺む。 前夜、今季初の新道峠か乙女高原どちらか迷ったが、 どちらも、まだ早そうだ。 しかも、アマタツ気象予報士が 「大気の状態が不安定」だと言っている。 なので…洗濯物も心配なことだし、 とりあえず金川の森へ。 カワトンボ飛び交って…

続きを読む

まだ浅き山里の春

5月4日は、毎年恒例。都県境の村でお仕事。 朝、5時に床を抜け出して、 これも恒例の散歩へ。 キセキレイが川の上を飛んで、餌を採ってる。 まだ日が昇っていないので、薄暗いが、 白い花を撮るにはハレなくていい。 いつもの場所にニリンソウはあった。 そのすぐ横の沢に、白い小さな花が見える。 帰りに寄ろう。 民家の影に、なんか紅いゲンノショウコみないのが咲いてる。 ん~…

続きを読む

花便り 参

愛宕山へ。 まずは水路だが… あ~生まれてまんな。 それにしても凄いな。 オタマ中水路だらけ…もとい。 水路中オタマだらけだ。酸欠にならんのかな。 ゴールデンウィークで家族連れがゾロゾロいるが、 観察会のときに蕾だったキンランの下へ。 やった。間に合った。 おぉもう一株咲いてるじゃん。 こいつはナカナカ良い立ち姿だ。 脇にギンランもあった。 …

続きを読む

里山通信-愛宕山編

甲府駅北口へ娘さんを運んだ後、 そのまま愛宕山へ。 明後日は、春の観察会のお手伝いに行くので、 自主的に下見。 水路で、何やら声がする。 あぁ季節だからヒキガエルか…ん。 なんじゃこりゃぁ~。 なにやら肉の塊に蛙が乗っとる。 更に、もう一匹乗ろうとしてる。 不安定で、なかなか上手くいかず、グルグル回る。 これが、肉塊の方から近づいてくる結果となる。…

続きを読む

里山通信-武田の杜編

いや~いきなり暖かく…イヤ暑くなった。 娘っ子が、クレしんの最新映画が公開になったので、 連れていけと言う。むぅ。 仕方なく送って(金出せって言わなくなっただけましか) その間の時間をなんとしょう。 そうだ、花に会いに行こう。 で、武田の杜へ。 湯村温泉から登っていく車窓から、 お目当ての一つホタルカズラを見つけた。 トリアエズ撮っとこ。 武田の杜に着くやいなや、もう一つ…

続きを読む

なかなか、いかんもんですな。

春日居で、春の山野草を満喫。 当初の思惑通りではないが、まぁまぁ充実した一日。 でも、気になることがあるので、もう一ヶ所。 金川の森へ。 冬の鳥は、もうツグミだけ。 山桜未だ咲いていて、 花びらが、流に揉まれていた。 セリは生えてきてるんだけど、 ツボスミレが見当たらない。 台風で樹が倒れたのが災いしたのかなぁ。 未だ、そのまんまだからな。 ムラサキサギゴケが咲いて…

続きを読む

思惑通りには…

花見台で桃の花を愛でた後は、 恒例、隣接した公園で、 ささやかでも愛おしい花を探す。 ちっちゃいフデリンドウ。 あーちょっと早いかな。 スミレもぽちぽちと。 ん~。イカリソウが全くないな。 フデリンドウも、一番多く出る所にない。 クサボケの姿もない。 マムシグサはにょきにょき。 だけど、ワラビも出てないな。 この季節いつも想うけど スミレって隣…

続きを読む

いつでも花を

さぁ今日は野外の現場仕込だと、 張り切って目覚めたら、ものすんごい好天。 なんだよ。それじゃぁ昨日晴れてくれよ。って愚痴も出るけど、 仕方ないので、仕込前に。藤垈の滝にイチリンソウを観に行く。 流に覆い被さる桜も華やかで。 シャガも昨日より花が増えている。 開いてるといいなぁ。 ん。もうちょいか。 ぉこれはだいぶ良いゾ。 いいね。いいね。 やっぱり、お…

続きを読む

季節足踏み 続き

夕方、娘のアッシー君(死語)して、時間があったから、 もう渡りする鴨も居ないんじゃなかろうかと、 平等川の河原へ。 ヒドリガモが、まだ居った。 他にはツグミ、キジバト、オオバン、マガモ、カルガモ、 コサギ、ダイサギ、ハクセキレイ、セグロセキレイ ツバメがビュンビュン飛び交ってる。 休んでる奴もいる。 カワセミ君は居らんかねーって見回していたら… ん。見た…

続きを読む

平成最後の桃源郷part1

贅沢な悩みと言われそうだが、 季節の花を巡るには、 お天気とのタイミングが大切。 この日(4/8)は休みだったけど、朝方雲が多かった。 しかし、次第に晴間が広がってきたので、イザ出掛けんと思った刹那。 娘が起きてきて、眼医者に連れていけと言う。 見れば右の瞼が腫れている。ひと目でわかるモノモライ。 急ぎ送って、診療の間に急ぎ、毎年訪れる、御坂の桃畑へ。 よかった。晴れた。雲で…

続きを読む

季節のカオス

前日の甲府の最高気温は25℃ この日のそれは11℃…どうにかなっちゃうゼ。 予報は晴れだったのに、 雨模様を通り越して、 小雪が舞いそうな天気。 洗濯モンが乾かないゼ。 寒々しい空の色以外は春爛漫。 一度開いたらもどれないのだ。 、 桜、昨日の暖かさで、ほころんでいるが… 今日の寒さに縮こまる。 隣接する桃畑では、 やっと蕾の先が割れてピンクが顔を覗かせた。 …

続きを読む

春、行きつ戻りつ

さぁ今日も洗濯して、 息子が帰省中に使ってた毛布洗っちゃったりしたりして、 そうして散歩に出かけようと思ったら、 空はドンヨリ…。 とりあえず薄いものだけ洗濯して一息ついてたら、 娘さんが二階から駆け降りてきた。 11時からだと思っていたバイトが9時からだったらしい。 ちょうど良いや。こちらも2時間早く散歩に行ける。 金川の森では、コブシが咲いていた。 薄日が却って好都合。…

続きを読む

念願叶って東京港野鳥公園

土曜日曜と都内で用事があったが、 例の 中央線週末フリー切符を使ったので、 都内一泊。 だが、しかし、日曜の昼間がポッカリ空くやん。 そこでハタと思い当たったのが、東京港野鳥公園。 前回よく調べもしないで出掛けたら休園日だった…。 今回は似の轍を踏まじと、ホームページを確認したら、 なんと、天皇陛下御在位三十年記念慶祝事業の一環で入園無料だという。 開園時間の前に着いたら、同好の…

続きを読む

見っけた

雨水に、言葉通り暖かい雨が降って、 空気が急に春めいた気がした。 確定申告追い込みの時期だけど、 気晴らしに春を探しに行こうっと。 まだ枯葉が積もってるけど、 蕗の薹が顔を出してた。 出たばかりの蕗の薹は本当に良い色。 シジュウカラとエナガが鳴きまくっている。 イカルの群れが、遠く木の上に止まってる。 時々ガサガサッて枯葉鳴らすのは、カナヘビかな。トカゲかな。 ヒラヒ…

続きを読む

つかの間のんびり

娘が、何やらオッチャンにはよく分からないイベントへ行き、 帰省中の息子は、起きて来ない。 ゴミ出し、洗濯もしたから、散歩に行こう。 やはり、シメが群れなす、金川の森。 こんなに、沢山のシメが居るのを観るのは初めてだ。 まぁ警戒心が強くて群れは撮れないんだが… 久々、誰にも気兼ねない散歩タイムだから、 ゆっくり歩こう。やぁカワラヒワが水辺におる。 ジョウビタキも来た。 エナガ…

続きを読む

あっちゃ、こっちゃ

昨今気候が掴めない。 暖かいんだか、寒いんだか、 晴れるんだか、曇るんだか、ハッキリしてほしい。 だから散歩も、近場で済まそうか、軽く足を延ばそうか、 毎回悩む。 10日は、金川の森へ。 撮れたのはジョウビタキだけだったが、 常連の小鳥たちには、ひと通り会えた。 しかし、今季はどうも皆素っ気ない。そしてツグミが少ない。 他では、どうなんだろう。と、14日は愛宕山へ。 …

続きを読む

暦の上では 春 なのに…ね

2月になって、この一週間、 冬の観察会に久々参加し (枯れ木も山の賑わいとは、このことだ) 豆撒いて(節分とは、このことだ) 立春過ぎて(暦の上では春といふことだ) ひとつ歳を取った(誕生日といふことだ) その間、娘に下僕のように使われつつ、 家事をこなして、お江戸で仕事。 嬉しいことも幾つかあって幸せだ。 皆さん、ありがとう。 殊に花が咲くのは、嬉しいもんで、 我が家の庭…

続きを読む

如月 朔 雪化粧

先月末には免許の更新をした。ゴールドに復活。 更新の帰りしな藤垈の滝へ寄った。 静まり返っていて、 ジョウビタキ、ツグミ、モズしか確認できなかったのだが、 トラツグミらしき姿を見かけた。 その際にツグミを僅か5mほどの距離で撮れた。 夜半に雪が降って、 如月朔の朝は薄っすらと雪化粧。 近所の↑ぶどう畑・↓桃畑も美しく輝いていて、 気分高揚す。 子供じみているけど、…

続きを読む

梅ほころんで、ウグイス現る。

やっと寒の内らしい冷え込みが続き 金川の淀みが凍った。 セグロセキレイが物珍しそうにしてる。 今季は氷や霜柱を見かけない。 雨や雪が降らなくて、乾燥してる性もあるだろう。 メッチャ乾燥肌の私。辛い。 アカハラがチラッと姿を見せた。 落ち着きがなく、後ろ姿だけ…残念。 ジョウビも落ち着きがない。 メスも居たんだけど、撮りそこねちゃった。 今シーズンの主役はシメ。…

続きを読む

河って海に繋がってんだぜ、知ってる?

娘さんを教習所へ送った後、 時間つぶしに平等川沿いを歩く。 甲府と笛吹市の間を流れる川。 ヒドリガモ、コガモ、カルガモの姿が見えたが、 撮る気がおきない。 無造作に投げ捨てられた、ペットボトル・空缶・空瓶・紙パック・ コンビニのビニール袋等々。 いやはや、最近海洋マイクロプラスチック汚染が問題となっているが、 何億人もの努力が、 ひと握りの馬鹿のおかげで、無駄になっているのは …

続きを読む