続・花から花へ花から花へ

山高神代桜へ。 が、その前に近くのカタクリ群生地に行っとこ。 でも、カタクリは後回し。 、 一番奥にいつも咲いてる、 ゲンジスミレを確かめたい。 葉の裏が紫だから源氏菫らしい。 今年も逢えて嬉しい。 では、カタクリもチャント観ますか。 今年は少ないかなぁ。 でも、今日は、日差しがタップリだから、 よく花弁が反り返って、きれいだ。 …

続きを読む

花から花へ花から花へ

四月朔。朝起きて窓を開けたら、周りの山々がくっきり見えた。 こうなると落ち着かない。 午前は、八代ふるさと公園へ。 甲斐蚕影桜。 白く染まった金峰山が見える。 八ヶ岳も美しい。 桜の向こうに南アルプス。足元に桃畑。 その桃の花によってみる。 花単独より、やはり借景があった方が良い。 毎年恒例ではありますが、 桃の花と、峰々の白と、空の青…

続きを読む

清明なのに縮こまる

昨夜、天気予報を確かめたら、 お昼まで晴れマーク。その後曇りとのこと。 こりゃ山に行くでしょう。 盛り上がって、都留の九鬼山に決めて就寝。 起きてみたら・・・曇っていた。鉛色の空。雨模様。肌寒い。 こりゃ止めるでしょう。 でも、最近メタボ模様なので金川の森へ。 ツボスミレが咲いていた。 池の畔に隠れるように。 小さい花は濃い斑が入っており愛らしい。 健気で好き…

続きを読む

花に戸惑う

最近は朝起きて何を着ていいかサッパリ分からない。 春を訪ねて歩きに行くにも、何処に行けばいいか迷うばかり。 この陽気ならニリンソウが咲いていそうだから藤垈の滝へ。 あー咲いてた。 いつもより早いし、 咲き始めたばかりで、まだ踏み荒らされてもいない。 八重咲きも有り。 綺麗だね。 なんか最近桜や桃はチヤホヤされすぎじゃネーノ。と思う。 間にスミ…

続きを読む

花鬱

異様な天候に戸惑うばかりだ。 桃・桜・連翹・花桃・雪柳等など、一気に咲いて百花繚乱。 家の庭の雪柳、連翹。 昨年植えたピンクの芝桜。 むか~し昔、家内の実家の福島県いわき市から持ってきた白と押され気味のピンク。 どれもよく咲いて嬉しいが、なんか気持ちが付いていかない。 春鬱なんだろうか。 思い当たるのは、娘さんの朝の送り迎えの必要がなくなったから、 肩…

続きを読む

吾亦春

今年も花の季節の初めには、甲府市七沢町の土手に立つ エドヒガンに挨拶に行った。 後ろの山は深田久弥の愛した茅ヶ岳。 少し角度を変えると八ヶ岳。 そして甲斐駒。 鳳凰三山。 北岳から間ノ岳の南アルプスの峰々。 空の色と峰々の白と桜の時期が重なるのは滅多にない。 この日は桜が、もうひとつ。 この桜は、子供達が幼稚園から小学生の時、 スイミングスクールへ送って行…

続きを読む

思い立ったが花見

「お天気下り坂~下り坂~」と言うから、 この日に家で出来る作業を出来るだけ廻そうと思っていたのに、 なんか一向に雨が降らない。 洗濯して、車のタイヤ交換をして、お昼。 確かに、山の方は雲が厚いけどなぁ。 でも、明日から仕事が続くから、花は待ってくれないだろうな。 やっぱり、牧丘膝立の天王桜に逢いに行こう。 山梨市から牧丘に抜ける道も開通してたし。 やっぱり、来て良かっ…

続きを読む

春朧

急に暖かくなってしまったなぁ。 気持ちも身体も春についていけない。 空は白く霞んで周辺の峰々もぼんやりしているが、 こうも春めいたら出かけない訳にはいかない。 本当は何処か百名山に登りたかったが、 何処へ行ってもまだ花はなく、 今日は眺望も期待できそうもないので、 低山ハイク。武田の杜へ。 何が咲いてるかな。エビネには早いよな・・・ 染井吉野、真っ盛り。 山桜も咲きだ…

続きを読む

独り花に酔う

花の季節がやって来た。 毎年の事ながら「桜ってこんなに周りにあったんだ」と再確認。 恒例の花巡りに出かける。 まず韮崎の王仁塚に。 圧倒されるなぁ。鉄塔と比べると大きさが分るでしょ。 ちょうど八ヶ岳も顔を出してラッキー。 右側に見えてる諏訪神社の桜も結構素晴らしいんだけど、 皆の目は王仁塚にしか向かないよなぁ。 でも、社殿が立て直されていて、王仁塚の為の駐車場も出…

続きを読む

ソメイヨシノが満開となり、各地から花の便りが聞かれ始めた。 近所の桃の花も咲き始めてスモモは早くも散りだした。 春がきたのだなぁ・・・と思うが、このところ心晴れず。 娘の進学は嬉しい反面不安だらけ。 仕事をさせて頂いていた方の、思いがけない訃報。 咲く花あれば散花もあって、人生悲喜交交。 そう言えば桜の葉は他の草木を根本から排除する成分を持っているらしい。 「櫻の樹の下には死体が埋…

続きを読む

桜巡り人

  光陰矢のごとし、今年も桜を巡れたことに感謝。 毎年必ず逢える花あり。随分と御無沙汰な樹もあり。 年々満開の時期が重なるようになって来ていて、切ない。  で、締めくくり恒例は山梨市牧丘膝立の天王桜。 ミツバツツジとの共演に惹かれてもう何年になるだろうか。 ここもちょっと前までは四月下旬が見頃だった。 そうしてこれもこの場所の恒例。 ニリンソウも撮りに行く。 …

続きを読む

行きつ戻りつ花巡り~弐

さてさて、白山温泉から出て、 元気を取り戻したものの、相も変わらず北西の空は暗い。  どうしよう昇仙峡か武田の杜にでも行こうかと 駆っていたら、看板が目に入った。 穂坂自然公園 そうだ茅ヶ岳を登った時に見かけて気になっていた。 「行ってみようっ!」(欽ちゃん風) 立派な管理棟があるなぁ。 まずスミレから始めよう。ノジスミレだね。 ここのタチツボスミレは大きな株で花も大きい。…

続きを読む

行きつ戻りつ花巡り~壱

 暖かくなってはきたが、どうにもスッキリしない空模様だ。 それでも花は待ってくれないから、 毎年恒例花巡りへ。いざ。  さすが北杜市白州町、肌寒いがカタクリの群生地から。 日が差してないから、開いてないや。 ここは数が多くて斜面だから花が重なって、 良いのだけれど、花弁が開ききっていなくて残念。 そして、山高神代桜へ向かうが、 平日で暗く曇った空模様なのに、 …

続きを読む

彼岸過ぎたら花巡り

♪彼岸過ぎたら 僕らの街も 暖かくなる~!? と、云うわけで、いつの間にやら春分の日も過ぎたので、 そろそろいろんな花々も顔を出すのではあるまいかと気も漫ろ。  流石にカタクリは早いだろうな…と思ったが、とりあえず行ってみる。 オォ、スミレが咲いてる。 タチツボスミレだろうけど、 落ち葉を持ち上げて顔を出すいじらしさ。 春の一番手。っといったところか。 日が入…

続きを読む

桃の花見台へ三度。

 雲が多く雨模様だった、天王桜訪問の後。 前回時期尚早で花の密度が低かった、一宮の花見台へ。  着いた時には、すでに薄暗くなってしまっていたが、  展望台の直下から 上が、いい感じになっていた。 この展望台が桃の花に埋もれている感じが好き。  盆地の底の桃色は消えてしまったけど、斜面全てが桃の花の重なり。 遠くに近くに 濃くも薄くも …

続きを読む

山里訪ねて~花巡り2015六

 やっと…やっと家に居る時に晴れた。それでも周辺の山々を見渡すと雲が多く不穏な感じだが、 風が生暖かいので、季節が進んでしまう気がして焦る。 家のスズランも咲いた。 奥のアマドコロとともに心癒される。  でも、マツバウンランが風に揺れて ドウダンツツジにワサワサ花が付けば、心騒ぐ。  そこで、少し早いかなとも思ったが、大好きな山里の桜に逢いに行こうと思う。 …

続きを読む

巡礼~花巡り2015四

 「藤垈の滝」を後に広域農道を走って「八代ふるさと公園」へ。 ここの甲斐蚕影桜も、毎年訪れて、子供らを横に立たせて撮影していたのだが独りで行くと寂しさは否めない。  公園の拡張工事も終わって桜祭りの真っ最中で、人出が多く少しうんざりする。  いつもは桜越しの南アルプスや八ヶ岳を撮るんだけど、そもそも見えないので、あっさり引き上げる。  ただ横の畑の桃がすでに満開なので、 …

続きを読む

天に地に百花繚乱~花巡り2015参

 神代桜を後に、恒例の順番で韮崎市の「王仁塚の桜」へ その孤高な姿に今年も会えて嬉しい。  江戸彼岸なので、いつも早く咲いてしまい、神代桜と時期が重ならないのだが 今春は最盛期に当たった。  周りのソメイヨシノも満開。 そう言えば、神代桜の周りのソメイヨシノも、例年なら満開の時期はズレるのに、今年は一緒に咲いていたな。  根本に植えられた水仙などの花々も今年は揃って咲…

続きを読む

束の間~花巡り2015弐

今年も桜の季節が訪れたが、もう家族もバラバラで互いの都合もあるので 恒例の桜巡りも諦めていた。時期も仕事と被って、空いてる日も天気が怪しい。  それでも5時起きして、3月末から滞っていた当ブログを更新して、洗濯したら日が射した。 ならばならばと「神代桜」へ。カタクリも気になるし。 実相寺は花盛り。調度良かった。  神代桜も満開でここ数年では一番花付が良いのではないか。 ただ…

続きを読む

逍遥

 新年度となった。  人生に大きな変化が訪れた。 息子は巣立ち。家内はその準備に埋没し、娘は寂しさの余り再び原チャリの試験に落ちた。  けれど花は季節を忘れず コブシ咲き。  この日(3月31日)暖かいを通り越して初夏の陽気となり、ノバラも咲き。 ボケもチラホラ咲き・・・ ・・・と思ったら沢山咲いており。 まさかシロバナタンポポはないだろうと、毎年咲く辺を…

続きを読む

サ・ク・ラ・サ・ク~花巡り2015・壱~

 十日ぶりに我が家に戻ってみれば、いつの間にやら春本番。 雪柳と芝桜が紅白綺麗に咲きそろった。 ユキヤナギ、少し触れるとだけでハラハラと散る。 慌てて手を引っ込めて、また眺める。 その下に咲くシバザクラは家内の実家からもらってきたもの。毎年春を知らせてくれて嬉しい。  今年は春が待ち遠しくなかった。花の季節訪れて、息子旅立つ。   毎年真っ先に逢いに行く桜は…

続きを読む

山村にて春を惜しむ

 今年は随分遅くまで桜の花が残っているなと、桃の花を巡って感じた。 そこで、諦めていた山奥のお気に入りの桜に、まだ間に合うかもしれないと思い、行ってみることにする。  まず山梨市から甲府市太良峠に通じる県道31を走って切差の集落へ。  大好きなこの集落の佇まいに桜散りしきる。  そこから東山中部林道へ入る。ちょっとだけダートがあって楽しい所。 微かに富士山が見えた。 …

続きを読む

桜花の下に、地上の星を探して

 やはり、この冬の大雪の影響なのか、樹木のはなと地表に咲く花の時期にズレがある。 花見台でイカリソウやフデリンドウ、チゴユリが観られなかったので、悔しい。 もう少し標高の低い場所に探しに行ってみよう。  花見台を下った所が、ちょうど先日桜を観た広厳院。  ソメイヨシノは葉桜だがヤマザクラは盛り。  そっと覗けば・・・チゴユリ咲いてた。 桜下に咲く花あやし悩まし。 更…

続きを読む

予感

 昨日は二十四節気の穀雨だった。 その通りに空模様は雨がぱらついたり止んだり、また降ったりと忙しい。 花見台での桃の花がギリギリ間に合うかというタイミングだからと晴れ間がでたので向かってはみたが、 近くまで行ったらまた降りだしたので、結局いつもの散歩場所へ。  お気に入りの山桜も盛りを過ぎてしまったけど。  ノジスミレに雨の名残のひとしずく。 晴れてはいないが後ろの山吹色が眩…

続きを読む

花巡り2014~天は春爛漫、地にはまだ!?~

 今春は桜と桃がいっぺんに咲いた。同じピンクでも、それぞれに色合いが違い面白い。  この日、は毎年子供達を連れて写真を撮る場所へ。  南アルプスもはっきり見えている。気持ちのいい朝。  子供達もいいかげん大人になりつつあるので、喜んで写真は撮らせてくれないが、 一枚だけ付き合ってくれた。 よって後は桃の花と菜の花を愛でる。  もう18回ほど通っているか…

続きを読む

花巡り2014~片恋~サクラサク

 子供達がまだ幼かった頃からの我が家の恒例行事の桜巡礼だが、 今年は家内と娘の予定が合わず、予備校生の息子との道行となった。  まずは韮崎市の王仁塚の桜に逢いにいく。  昨日の夕方に突風が吹いたから、少し心配していたが。良かった満開です。 八ヶ岳もその端麗な姿をくっきりと見せてくれている。 いつ来ても圧倒される堂々たる一本桜。今年はいい時期に当たった。  しかし人が多い。…

続きを読む

花巡り2014 ~たどり着いたら春霞

 三日間仕事で山梨空けたら、花という花が一斉に咲いていた。 桜言うに及ばず、李、桃。慌てて早く散ってしまいそうな所から周る。  周りの山々が見えないほどの春霞だが。それともPMなんちゃらか?  八代ふるさと公園へ。  本当は空の澄んだ南アルプスのよく見える日に行きたい場所なんだが、桜優先。 まさに満開。しかも公園拡張工事が終わったからなのか、お祭りやってる。 ちょっと騒が…

続きを読む

お江戸花巡り

  野外での仕事に合わせたように寒の戻りがあって、体調は最悪。 そんな中ポッカリ空いた一日。 ちょうど池袋で 映画「サクラサク」&主題歌「残春」展 てぇやつが開催中らしいので、覗きに行くことにする。      池袋には昨年末仕事で半月通ったが、その折に息抜きをした 目白庭園 が 花の季節だから気になり先に寄ってみる。  入ってすぐに目についたのはスミレ、エイザンスミレ。  こ…

続きを読む

残春

 残春 この歌を聴くと背筋が伸びる。そして空を仰ぐ。 宮沢賢治の 雨ニモマケズを想い出す。 http://youtu.be/NNQJHQs5cDk イントロがピアノオンリーなのがよい。 松原正樹さんのEGが控えめなのに主張しているのがタマラン。 Drs島村英二さんのTomは相変わらずだが、リムショットがまたタマラン。 オーケストラアレンジでもよいのにリズム入れてきたのには何か意…

続きを読む

桜巡行2014 壱

 今年も生きながらえて、桜に逢いに行くことが出来そう。 大雪や三月の寒波の影響か、何処も開花の便り遅く、 四月に入ったというのに三分咲きどまり。 甲府より北では、蕾もしくは開花したばかりとのことだ。  そこで、まず今春も花が早い近所の土手の一本桜から始める。三月晦に下見。  土手道が改修工事していて、見苦しいが仕方ない。ここは甲府市になる。 諸処の事情で卯月二日・・・ありゃ …

続きを読む