夏空と僕と花と…

寝苦しい…っていうか眠れない夜。汗ばんで目覚める。 しかしまぁ雨模様よりマシなので、 暑いアツいとボヤくより、夏を満喫しようと乙女高原へ。 いやまぁ所が、いつものアクセス道が塩平から上が通行止めになっていた。 もっと早く看板でも出しといてくれよー。 で、大迂回して1時間近くのロスタイム。 シシウドが咲き出してた。盛夏だね。 ヒヨドリバナも咲いている。 こりゃアサギマダラも…

続きを読む

FUJI ROCK2019

今年も、ありがたいことに声を掛けて頂き苗場へ。 仕事の話はさて置き… ヨツバヒヨドリ咲いていたのだが、 いつもなら舞ってるアサギマダラの姿は全く見えず。 幼虫の食草のイケマもあるのに不思議やねぇ。 代わりといっちゃ何だがネジバナが多く咲いていて、 赤トンボが多い。いつも居るけどね。目立つ。 アキアカネだろうけど。 ヒメギスがいっぱいいるなぁ。 悪…

続きを読む

やっと御出まし

18日。やっと、お日様が顔を出した。 午後から地元局の仕事に行くので、さぁて何するかと思案。 お昼までは雨が降らないという予報を信じて洗濯。 すると、ありゃま日が差してきたじゃあ〜りませんか。 ほんのちょいとの間でもいいから昆虫パトロールに行こう。 藤垈の滝へ。ギボウシ咲いていた。 ん〜でも気温が上がりきらないからかな。樹液が出てない。 よってカナブンさえ居ない。ぁニイニイゼミ…

続きを読む

萱草咲く頃

七夕過ぎて、やっと一息。 山歩きどころか、散歩さへ久しぶり。 そこで季節を確かめに、まず藤垈の滝へ。 紫陽花の季節だなぁ。 ヤブカンゾウが其処此処に咲いている。 この花が咲くと、そこだけポッと灯りが点ったようで暖かい気持ちになるなぁ。 樹液の出る木を丹念に見て回ったが、 残念ながら、なにも見当たらない。オオムラサキどころかスミナガシも居ない。 あぁヒョウモンチ…

続きを読む

君の面影もういちど。

懸想わせぶりなタイトルだが、 スズラン(君影草)に、もう一度会いに行ったってだけの話。 諸般の事情あって、帰省している息子くんも一緒。 すずらん群生地に着いて、車を降りたら、 耳を覆わんばかりの、エゾハルゼミの大合唱に包まれた。 売店の前の松の木に四匹の脱殻を見つけた。 これも季節が進んだ証。 スズラン、一番見頃ではないかいな。 すずらん祭りから、かれこれ二週…

続きを読む

信濃路

5月末から、月を跨いで、ありがたくも、お仕事を頂いて、 ♪夏まだ浅い~信濃路へ~♪ 一日目は、国営あずみの公園(堀金・穂高地区) 待ち時間があったので、ぼんやりしてると、 植え込みにウスバシロチョウが飛んできた。 イベント会場の直ぐ横に、クリンソウが咲いておる。 ダイモンジソウ…かと思いきや、 ユキノシタか…にしては、葉っぱが違う。花を付けるには早いよな。 調べたら、…

続きを読む

鈴蘭の涙

乙女高原から雨に追われるように、 今度は芦川のすずらん群生地へ。 いくら遅れているとはいっても、流石に、もう咲いてるでしょ。 笛吹市に入ったら、けっこう雨が激しくなってきた。 でも、西の空が明るいから、着いたら晴れるんじゃないかな。 で、 止んではいなかったが、カッパ着て歩けんことはない。 春雨じゃ濡れて行こう。 濡れた鈴蘭も乙なもんじゃないか。 エゾノタチツボ…

続きを読む

乙女桜祭り 後

あら~~。クリンソウ殆ど咲いてない。 コレだけ~~。 しかも柵から奥だから上手く撮れない。 サンリンソウは花盛り。 タゴガエルの声がゴェグェゴと聞こえるが、 やはり姿は見えない。 クリンユキフデはもう終いかな。 マイヅルソウは未だまだだが、 ツボスミレが咲いていた。 湿地にもサクラスミレはある。 眼の前で何か水に落ちてきた。 あぁ…

続きを読む

(裏)愛宕山で充電

何故か偶々、今週は仕事がない。 (まぁ10連休の反動に違いないが) そこで山に行きまくり、 〆は愛宕山の観察会のお仲間と センサーカメラの設置相成った。 ちょいと早く着いたので、水路にオタマを観にいく。 ゲゲッ。 画像では伝わりにくいが、 粒粒はみんなオタマジャクシである。 それが流れとなりウネっている。 流石にコレは気持ち悪い。 足の生えてるのが一匹もいな…

続きを読む

御正体山、一日早かった

山梨百名山。その56座目は御正体山。 天皇陛下が皇太子時代に登ったとのこと。 あ~だから、立派な林道が登山口まで付いてるのね。 そして古からの信仰の山。 雲が多くて天気はイマイチだが、 雨の心配はなさそうだから良いわな。 10:00に池の平登山口をスタートだ。 沢沿いの湿った道。 さっそく白く小さな花お目見え。 調べたらヤマクワガタと思われるが、 この時は知る由もなく。 …

続きを読む

乙女春まだき

もう暦の上では初夏。 いっくら、今年は花が遅れているといっても、 いい加減、乙女高原にも春は来ているだろう。 クリンソウは未だまだでも、スミレとフデリンドウは楽しめるに違いない。 ただねぇ。焼山峠の手前にタチツボスミレが盛っていたから、 嫌な予感はしたんだよね。 え~~~フデリンドウこれだけ…むぅ~。 スミレもない。 最上部の柵の外にかろうじて、あった。 タチツボスミレ。 …

続きを読む

桐の花

…の美しい季節になってきましたね。 なのに、この空気の冷たさはなんだろう。 朝、肌寒さを感じて目が覚めた。 今日は何処に行こうかと周辺の山々を眺む。 前夜、今季初の新道峠か乙女高原どちらか迷ったが、 どちらも、まだ早そうだ。 しかも、アマタツ気象予報士が 「大気の状態が不安定」だと言っている。 なので…洗濯物も心配なことだし、 とりあえず金川の森へ。 カワトンボ飛び交って…

続きを読む

里山通信-愛宕山編

甲府駅北口へ娘さんを運んだ後、 そのまま愛宕山へ。 明後日は、春の観察会のお手伝いに行くので、 自主的に下見。 水路で、何やら声がする。 あぁ季節だからヒキガエルか…ん。 なんじゃこりゃぁ~。 なにやら肉の塊に蛙が乗っとる。 更に、もう一匹乗ろうとしてる。 不安定で、なかなか上手くいかず、グルグル回る。 これが、肉塊の方から近づいてくる結果となる。…

続きを読む

里山通信-武田の杜編

いや~いきなり暖かく…イヤ暑くなった。 娘っ子が、クレしんの最新映画が公開になったので、 連れていけと言う。むぅ。 仕方なく送って(金出せって言わなくなっただけましか) その間の時間をなんとしょう。 そうだ、花に会いに行こう。 で、武田の杜へ。 湯村温泉から登っていく車窓から、 お目当ての一つホタルカズラを見つけた。 トリアエズ撮っとこ。 武田の杜に着くやいなや、もう一つ…

続きを読む

なかなか、いかんもんですな。

春日居で、春の山野草を満喫。 当初の思惑通りではないが、まぁまぁ充実した一日。 でも、気になることがあるので、もう一ヶ所。 金川の森へ。 冬の鳥は、もうツグミだけ。 山桜未だ咲いていて、 花びらが、流に揉まれていた。 セリは生えてきてるんだけど、 ツボスミレが見当たらない。 台風で樹が倒れたのが災いしたのかなぁ。 未だ、そのまんまだからな。 ムラサキサギゴケが咲いて…

続きを読む

思惑通りには…

花見台で桃の花を愛でた後は、 恒例、隣接した公園で、 ささやかでも愛おしい花を探す。 ちっちゃいフデリンドウ。 あーちょっと早いかな。 スミレもぽちぽちと。 ん~。イカリソウが全くないな。 フデリンドウも、一番多く出る所にない。 クサボケの姿もない。 マムシグサはにょきにょき。 だけど、ワラビも出てないな。 この季節いつも想うけど スミレって隣…

続きを読む

季節足踏み 続き

夕方、娘のアッシー君(死語)して、時間があったから、 もう渡りする鴨も居ないんじゃなかろうかと、 平等川の河原へ。 ヒドリガモが、まだ居った。 他にはツグミ、キジバト、オオバン、マガモ、カルガモ、 コサギ、ダイサギ、ハクセキレイ、セグロセキレイ ツバメがビュンビュン飛び交ってる。 休んでる奴もいる。 カワセミ君は居らんかねーって見回していたら… ん。見た…

続きを読む

花には花の春があり

なにやら鳥の声で目覚めた。 まだボンヤリとした頭で、 あぁ帰って来たんだな。と思う。 窓を開けたら、目の前の電線に、 玄関先を掠めて飛んでいるから、 まず間違いなく、毎年我が家に来る燕だろう。 おかえり。声に出してみる。 花冷えと言うか、花曇りと言おうか、 冴えない天気だが、気になっている花の様子を見に行くことにする。 まずは、水芭蕉が植わっている公園へ。 水芭蕉を横目に…

続きを読む

春、通り越して

春、通り越して初夏の陽気。 (この日は25℃を越えたらしい) こりゃ~暖かくてイイヤなんて言ってる場合ではない。 でも、桜や桃の花の開花状況は、 一番早い年に比べたら、そんなに早い訳ではないみたい。 今年も、笛吹市と甲府市の間に居る、 江戸彼岸桜に、イソイソと逢いにいく。 ん~三分から五分咲きってところかな。 いつものように、角度を変えて 南アルプスや、 …

続きを読む

♪人生ウロウロ~

春分の日を前にした、この日。 晴れてとても暖かくなりそうだったので、 朝から、山梨百名山を踏破しようと計画をしていた。 が、しかし、家の用事で午前10時まで動けないことに…。 まぁそれならそれで、それなりの楽しみ方もあるッショ。 で、まずは甲斐国一宮浅間神社の本宮の様子を見に行くことに。 渓流の上にキブシが枝垂れ咲き始めてる。 シュンランの蕾は見つけたが、 カタクリはやっ…

続きを読む

踞る

もう十年以上、此処に座禅草を観に来ているんだなぁ。 今季は暖かくって、きっと仏炎苞の開くのも早いのではなかろうかと、 2月中だが行ってみた。…開いていた。 だが、いつも出てるはずの場所で、 出ていないのが数箇所あった。 落ち葉も例年より多い。埋まっちまったのかなぁ。 なにより水が少ない。 その水もいつも凍っている場所が、凍っていない。 大きさは小ぶ…

続きを読む

見っけた

雨水に、言葉通り暖かい雨が降って、 空気が急に春めいた気がした。 確定申告追い込みの時期だけど、 気晴らしに春を探しに行こうっと。 まだ枯葉が積もってるけど、 蕗の薹が顔を出してた。 出たばかりの蕗の薹は本当に良い色。 シジュウカラとエナガが鳴きまくっている。 イカルの群れが、遠く木の上に止まってる。 時々ガサガサッて枯葉鳴らすのは、カナヘビかな。トカゲかな。 ヒラヒ…

続きを読む

つかの間のんびり

娘が、何やらオッチャンにはよく分からないイベントへ行き、 帰省中の息子は、起きて来ない。 ゴミ出し、洗濯もしたから、散歩に行こう。 やはり、シメが群れなす、金川の森。 こんなに、沢山のシメが居るのを観るのは初めてだ。 まぁ警戒心が強くて群れは撮れないんだが… 久々、誰にも気兼ねない散歩タイムだから、 ゆっくり歩こう。やぁカワラヒワが水辺におる。 ジョウビタキも来た。 エナガ…

続きを読む

暦の上では 春 なのに…ね

2月になって、この一週間、 冬の観察会に久々参加し (枯れ木も山の賑わいとは、このことだ) 豆撒いて(節分とは、このことだ) 立春過ぎて(暦の上では春といふことだ) ひとつ歳を取った(誕生日といふことだ) その間、娘に下僕のように使われつつ、 家事をこなして、お江戸で仕事。 嬉しいことも幾つかあって幸せだ。 皆さん、ありがとう。 殊に花が咲くのは、嬉しいもんで、 我が家の庭…

続きを読む

梅ほころんで、ウグイス現る。

やっと寒の内らしい冷え込みが続き 金川の淀みが凍った。 セグロセキレイが物珍しそうにしてる。 今季は氷や霜柱を見かけない。 雨や雪が降らなくて、乾燥してる性もあるだろう。 メッチャ乾燥肌の私。辛い。 アカハラがチラッと姿を見せた。 落ち着きがなく、後ろ姿だけ…残念。 ジョウビも落ち着きがない。 メスも居たんだけど、撮りそこねちゃった。 今シーズンの主役はシメ。…

続きを読む

河って海に繋がってんだぜ、知ってる?

娘さんを教習所へ送った後、 時間つぶしに平等川沿いを歩く。 甲府と笛吹市の間を流れる川。 ヒドリガモ、コガモ、カルガモの姿が見えたが、 撮る気がおきない。 無造作に投げ捨てられた、ペットボトル・空缶・空瓶・紙パック・ コンビニのビニール袋等々。 いやはや、最近海洋マイクロプラスチック汚染が問題となっているが、 何億人もの努力が、 ひと握りの馬鹿のおかげで、無駄になっているのは …

続きを読む

無常といふこと

最近朝起きると虚しいのですよ。 理由は分かっていて。 1)本業の業績が悪い。 2)家や車の、いろんなものが壊れて予想外の出費。 3)尊敬していた、梅原猛さんが亡くなった。 4)子供たちの、日常に対する不満と、将来の不安。 5)家事疲れ。 6)確定申告書類作成のための目腰首肩の凝り。 7)冷えと老化・・・。 まぁ、こんなもんでしょ。 ウジウジしていても仕方ないので、 穏や…

続きを読む

愛宕山眠る

寒さと共に慌ただしさもやって来た。 車を運転していると気が荒んでいるのが分かる。 落ち着いて、落ち着いてと自らを戒める。 先週、愛宕山から中途半端に呼び返されたので、リベンジ。 今日も良い日和だ。 まず芝生広場へ向かって登る。 夢見山には何も居ない。 芝生広場のすぐ下で、 シジュウカラ、エナガ、コゲラの混群に会う。 するってぇと、ゲッゲッと例の下品な声がした。 居…

続きを読む

山の色

朝起きたら山の色が変わっていた。 そんな季節の変わり目の訪れが今年は遅かった。 いそいそと武田の杜に。 入口の紅葉が素晴らしかったが… う~む。少し遅かったか。 いやいやそうでもないか。 ここはモミジもさることながら、 ツツジの紅葉が見事。 来る途中、千代田湖で鴨が浮かんでるのが見えたので向かう。 キンクロハジロ君が来てるね。 チョンマゲが…

続きを読む

続・野鳥の聖地

谷津干潟訪問記つづき。 干潟の北側から、 谷津干潟自然観察センターまでの遊歩道は 地元の方も多く散歩している、 よく整備された道。 セイタカシギも近くでじっくり観察できた。 真ん中に鴨が沢山浮いているなぁ。 遠くてよく分からないや。 オナガガモやホシハジロも来てるのかなぁ。 ダイサギや アオサギ コサギが餌を探してる。 …

続きを読む