芒種にササバギンラン祭り

今年は各所いろんなお祭りが、 新型コロナウイルス感染症の影響で中止になってしまった。 此処芦川町のすずらん群生地でも、 先月末に予定されていた「すずらん祭り」が中止。 ただその時に様子を観に行ったら、スズランは殆ど咲いておらず、 こりゃ、もう一度来なきゃいかんな。と思った次第。 作業道の路傍に小さいチゴユリが咲いてた。 こりゃ良い時に来たんではないか。 マイヅルソウもある。 …

続きを読む

春の嵐が来る前に

春の嵐の最中に書いています。 日曜日の朝、起きたら思ったより空が明るい。 天気予報で確かめると午後3時くらいまでなら、雨は降らないもよう。 ヨシッ。洗濯をして、金川の森へ。 ムラサキサギゴケが広がっていた。 おぅ、キショウブも花が増えている。 なんか難しい顔したシメ。ぁいつもか。 ヤマザクラは未だ花盛り。 例年と変わらぬノジスミレ。 それを愛でる…

続きを読む

雨水も寒し

だいぶ寒さも緩んで来たとは云え、 今朝、ごみ捨て行ったら、水たまりが氷っていた。 大人しく週末のデータ作りをしていようと思ったが、 身体が固まってしまったので散歩に行く。 近所の川にダイサギが居た。 そーいやこの前此処でカワセミにバッタリ出会った。 どーしよう。どーしてもカワセミに会いたい。 そこで甲府と石和の境の川っ縁へ。 そうだ一昨年の今頃ベニマシコも此処で観たっけ。 …

続きを読む

秋思

例年なら仕事が年で一番忙しい日なんだわ。 なのに今年は暇…参ったなぁ。 始めっから分かってたらイロイロ予定も組めたのに、 行きたいライブもあったのに…。 まぁ嘆いていても仕方ないから、 お仲間のセンサーカメラのチェックに参加しますか。 そうコッチに行けって神の御達しなんだわ。きっとな。 集合場所に着いたら、先に来てたメンツが騒いどる。 おーカマキリじゃん。 もう一匹影にいて…

続きを読む

夏空と僕と花と…

寝苦しい…っていうか眠れない夜。汗ばんで目覚める。 しかしまぁ雨模様よりマシなので、 暑いアツいとボヤくより、夏を満喫しようと乙女高原へ。 いやまぁ所が、いつものアクセス道が塩平から上が通行止めになっていた。 もっと早く看板でも出しといてくれよー。 で、大迂回して1時間近くのロスタイム。 シシウドが咲き出してた。盛夏だね。 ヒヨドリバナも咲いている。 こりゃアサギマダラも…

続きを読む

FUJI ROCK2019

今年も、ありがたいことに声を掛けて頂き苗場へ。 仕事の話はさて置き… ヨツバヒヨドリ咲いていたのだが、 いつもなら舞ってるアサギマダラの姿は全く見えず。 幼虫の食草のイケマもあるのに不思議やねぇ。 代わりといっちゃ何だがネジバナが多く咲いていて、 赤トンボが多い。いつも居るけどね。目立つ。 アキアカネだろうけど。 ヒメギスがいっぱいいるなぁ。 悪…

続きを読む

やっと御出まし

18日。やっと、お日様が顔を出した。 午後から地元局の仕事に行くので、さぁて何するかと思案。 お昼までは雨が降らないという予報を信じて洗濯。 すると、ありゃま日が差してきたじゃあ〜りませんか。 ほんのちょいとの間でもいいから昆虫パトロールに行こう。 藤垈の滝へ。ギボウシ咲いていた。 ん〜でも気温が上がりきらないからかな。樹液が出てない。 よってカナブンさえ居ない。ぁニイニイゼミ…

続きを読む

萱草咲く頃

七夕過ぎて、やっと一息。 山歩きどころか、散歩さへ久しぶり。 そこで季節を確かめに、まず藤垈の滝へ。 紫陽花の季節だなぁ。 ヤブカンゾウが其処此処に咲いている。 この花が咲くと、そこだけポッと灯りが点ったようで暖かい気持ちになるなぁ。 樹液の出る木を丹念に見て回ったが、 残念ながら、なにも見当たらない。オオムラサキどころかスミナガシも居ない。 あぁヒョウモンチ…

続きを読む

君の面影もういちど。

懸想わせぶりなタイトルだが、 スズラン(君影草)に、もう一度会いに行ったってだけの話。 諸般の事情あって、帰省している息子くんも一緒。 すずらん群生地に着いて、車を降りたら、 耳を覆わんばかりの、エゾハルゼミの大合唱に包まれた。 売店の前の松の木に四匹の脱殻を見つけた。 これも季節が進んだ証。 スズラン、一番見頃ではないかいな。 すずらん祭りから、かれこれ二週…

続きを読む

信濃路

5月末から、月を跨いで、ありがたくも、お仕事を頂いて、 ♪夏まだ浅い~信濃路へ~♪ 一日目は、国営あずみの公園(堀金・穂高地区) 待ち時間があったので、ぼんやりしてると、 植え込みにウスバシロチョウが飛んできた。 イベント会場の直ぐ横に、クリンソウが咲いておる。 ダイモンジソウ…かと思いきや、 ユキノシタか…にしては、葉っぱが違う。花を付けるには早いよな。 調べたら、…

続きを読む

鈴蘭の涙

乙女高原から雨に追われるように、 今度は芦川のすずらん群生地へ。 いくら遅れているとはいっても、流石に、もう咲いてるでしょ。 笛吹市に入ったら、けっこう雨が激しくなってきた。 でも、西の空が明るいから、着いたら晴れるんじゃないかな。 で、 止んではいなかったが、カッパ着て歩けんことはない。 春雨じゃ濡れて行こう。 濡れた鈴蘭も乙なもんじゃないか。 エゾノタチツボ…

続きを読む

乙女桜祭り 後

あら~~。クリンソウ殆ど咲いてない。 コレだけ~~。 しかも柵から奥だから上手く撮れない。 サンリンソウは花盛り。 タゴガエルの声がゴェグェゴと聞こえるが、 やはり姿は見えない。 クリンユキフデはもう終いかな。 マイヅルソウは未だまだだが、 ツボスミレが咲いていた。 湿地にもサクラスミレはある。 眼の前で何か水に落ちてきた。 あぁ…

続きを読む

(裏)愛宕山で充電

何故か偶々、今週は仕事がない。 (まぁ10連休の反動に違いないが) そこで山に行きまくり、 〆は愛宕山の観察会のお仲間と センサーカメラの設置相成った。 ちょいと早く着いたので、水路にオタマを観にいく。 ゲゲッ。 画像では伝わりにくいが、 粒粒はみんなオタマジャクシである。 それが流れとなりウネっている。 流石にコレは気持ち悪い。 足の生えてるのが一匹もいな…

続きを読む

御正体山、一日早かった

山梨百名山。その56座目は御正体山。 天皇陛下が皇太子時代に登ったとのこと。 あ~だから、立派な林道が登山口まで付いてるのね。 そして古からの信仰の山。 雲が多くて天気はイマイチだが、 雨の心配はなさそうだから良いわな。 10:00に池の平登山口をスタートだ。 沢沿いの湿った道。 さっそく白く小さな花お目見え。 調べたらヤマクワガタと思われるが、 この時は知る由もなく。 …

続きを読む

乙女春まだき

もう暦の上では初夏。 いっくら、今年は花が遅れているといっても、 いい加減、乙女高原にも春は来ているだろう。 クリンソウは未だまだでも、スミレとフデリンドウは楽しめるに違いない。 ただねぇ。焼山峠の手前にタチツボスミレが盛っていたから、 嫌な予感はしたんだよね。 え~~~フデリンドウこれだけ…むぅ~。 スミレもない。 最上部の柵の外にかろうじて、あった。 タチツボスミレ。 …

続きを読む

桐の花

…の美しい季節になってきましたね。 なのに、この空気の冷たさはなんだろう。 朝、肌寒さを感じて目が覚めた。 今日は何処に行こうかと周辺の山々を眺む。 前夜、今季初の新道峠か乙女高原どちらか迷ったが、 どちらも、まだ早そうだ。 しかも、アマタツ気象予報士が 「大気の状態が不安定」だと言っている。 なので…洗濯物も心配なことだし、 とりあえず金川の森へ。 カワトンボ飛び交って…

続きを読む

春、通り越して

春、通り越して初夏の陽気。 (この日は25℃を越えたらしい) こりゃ~暖かくてイイヤなんて言ってる場合ではない。 でも、桜や桃の花の開花状況は、 一番早い年に比べたら、そんなに早い訳ではないみたい。 今年も、笛吹市と甲府市の間に居る、 江戸彼岸桜に、イソイソと逢いにいく。 ん~三分から五分咲きってところかな。 いつものように、角度を変えて 南アルプスや、 …

続きを読む

♪人生ウロウロ~

春分の日を前にした、この日。 晴れてとても暖かくなりそうだったので、 朝から、山梨百名山を踏破しようと計画をしていた。 が、しかし、家の用事で午前10時まで動けないことに…。 まぁそれならそれで、それなりの楽しみ方もあるッショ。 で、まずは甲斐国一宮浅間神社の本宮の様子を見に行くことに。 渓流の上にキブシが枝垂れ咲き始めてる。 シュンランの蕾は見つけたが、 カタクリはやっ…

続きを読む

愛宕山眠る

寒さと共に慌ただしさもやって来た。 車を運転していると気が荒んでいるのが分かる。 落ち着いて、落ち着いてと自らを戒める。 先週、愛宕山から中途半端に呼び返されたので、リベンジ。 今日も良い日和だ。 まず芝生広場へ向かって登る。 夢見山には何も居ない。 芝生広場のすぐ下で、 シジュウカラ、エナガ、コゲラの混群に会う。 するってぇと、ゲッゲッと例の下品な声がした。 居…

続きを読む

山の色

朝起きたら山の色が変わっていた。 そんな季節の変わり目の訪れが今年は遅かった。 いそいそと武田の杜に。 入口の紅葉が素晴らしかったが… う~む。少し遅かったか。 いやいやそうでもないか。 ここはモミジもさることながら、 ツツジの紅葉が見事。 来る途中、千代田湖で鴨が浮かんでるのが見えたので向かう。 キンクロハジロ君が来てるね。 チョンマゲが…

続きを読む

続・野鳥の聖地

谷津干潟訪問記つづき。 干潟の北側から、 谷津干潟自然観察センターまでの遊歩道は 地元の方も多く散歩している、 よく整備された道。 セイタカシギも近くでじっくり観察できた。 真ん中に鴨が沢山浮いているなぁ。 遠くてよく分からないや。 オナガガモやホシハジロも来てるのかなぁ。 ダイサギや アオサギ コサギが餌を探してる。 …

続きを読む

野鳥の聖地

と、云うわけで。 谷津干潟は言わずとしれたラムサール条約登録湿地。 渡鳥、特にシギやチドリには重要な場所(中継地ね)。 豊かな生態系を持つ干潟は海のゆりかごと呼ばれています。 生命を育む場所なのだ。 公園入口でキジバトとエナガに迎えられた。 撮れなかったがココロナゴム。 歩きだして早速アオサギを見つけた。 カワウは、やはり沢山いるね。 オナガガモだ。 ぁさっき野鳥…

続きを読む

秋思~もしくはシュール

気づけば11月。 朝起き上がるのにひと気合必要になった。 窓を開ければ南アルプスがスッキリと見える。 空気感は初冬。 家の周りでもジョウビタキの声が聞こえるようになった。 家事を済ませたら、今日の散歩は藤垈の滝へ。 ブランコに蜘蛛の巣が掛かっている。 しばらく子供達も誰も使って居ないようだ。 そこに赤とんぼが引っかかって、 今まさにジョロウグモお食事中。 寂しさ二重。…

続きを読む

杓子山に名残花(後)

高座山では休まず、先を急ぎます。 木々の中に入って眺望はなくなったが、 背の低いオヤマボクチが現れ、 ヤハズヒゴタイ。いやイナトウヒレンかな。 ピンクなのはこれだけだった。 トリカブトもう散っちゃったのか。 あ~まだ咲いてた。 怪しい花だ。 マムシグサの実も怪しい。 ん。ハネナガイナゴかな。 ミドリヒョウモンだろうか。 …

続きを読む

おかえり

さぁ今日も山に行くのだっ。と勢い込んで起きたら、 午後から天気下り坂…が、ここでメゲてはいけない。 茅野ではジョウビタキが来ていた、なら此処はどうだ。 ホームでじっくり鳥見周りといこう。 それなら娘の送迎もしてやれるしな。 金川の森へ着いて耳を澄ましたら 河原から早速縄張りを主張する声。 あ~でも遠いなぁ。 ぉキタテハが陽なたぼっこしてる。 ミヤマアカネもすっかり色褪せ…

続きを読む

竜(胆)ヶ岳 その壱

やっと…やっと晴れた。 休みの日に晴れた。 いったい何時から中断していたのか、 チャレンジ山梨百名山(仮) なんと7月の頭に小金沢山へ行って以来。 48座目は本栖湖畔の竜ヶ岳にしました。 前日まで四日間仕事で家に帰っていなかったので、 洗濯物がワンサカ。よって出立が遅れて、 登山口に着いたのは11時。 湖側の北斜面は薄暗い。 イカルの群れとカケスに会うが撮れず。 花もなく時…

続きを読む

小泉山から2018秋

木金土日と4日連チャンで茅野で仕事。 ありがたい以外に言葉がない。 土曜日は仕込リハが午後からだったので、 イソイソと茅野の里山、小泉山へ。 年寄りだから、ゆっくりしようとしても、 いつもの時間に目が覚めてしまい、 急がなくていいのに朝飯を食べてしまい、 次第に雲も取れてきて散歩日和。 いつも停める登山口駐車場に、 あらっコンナ花が。 てっきり植栽された花壇の花が逃げ…

続きを読む

ちいさな物語

この日も周辺の頂きには雲が掛かって ドンヨリとした天気。 雨こそ降らないまでも、とても遠出は出来ない。 しかも娘がバイトに行く時間が遅いから、 午前中のちょうど良い時間に散歩に行けない。 まぁ嘆いていても仕方ないから、 春日居の山中の長谷寺さんへ。 石段をテクテク登るから運動にもなる。 やっぱり台風の被害が残ってる。酷いなぁ。 本堂に着くと獣の足跡が沢山。 何かな。 …

続きを読む

意外な出会いに驚くやら感心するやら

嗚呼本日モ曇天ナリ。 山行ハ断念。 しかも、娘のバイトの送り迎えもあり、 空き時間が少ない。 どう有効に使うか。 いつものようにゴミ捨て、洗濯、庭仕事。 娘を送って散歩に出発だ。 最近ご無沙汰な、甲府との境の河っ縁に行こう。 カワセミに会えるかな。 ミゾソバが所々固まって咲いている。 色の赤いのと白いのは何で決まるのかな。 ここにもウラナミシジミが居た。 …

続きを読む

秋より路

週末は信州に居ます。 とは云え、お昼からの仕事であったので 途中、茅野市の金沢公園に、ちょいと寄道。 あまり思わしく天気だけど霧ヶ峰はかろうじて見える。 蓼科山の頭には雲が掛かっている。 あぁ今年も蓼科山や北八ヶ岳に行けなかったなぁ。 まだ諦めなくてもいいか・・・。 花はノコンギク、 アキノキリンソウ、 コウゾリナが残っていて、 ヤクシソウが咲いてた。 …

続きを読む