切なさしきり

 シルビアさんが亡くなったの、やはりショック。 親しかった訳ではなくほんの少し、擦れ違っただけのような仕事だけだが 直接会ったことのある方が亡くなるのはやりきれない。 自分の仕事のスタートが演歌やムード歌謡が多い局だったこともあるけど 山梨に居を移してからも、お仕事をさせていただいた記憶がある。  星野勘太郎さんは、前日新聞のほんの小さな記事で知った。 これでヤマハブラザースは天…

続きを読む

里は秋、頂に冬

 もう一昨日になる。朝のうちだけ顔をみせた               甲斐駒と                八ケ岳  秋麓冬頂 未明までの雨で、頂では雪だったんだなぁ。 あそこが冬と秋の境目なんだ。 季節が山から降りて来るのが実感てきるなんて、ちょっとした贅沢なのかも知れない。  南アルプスの麓から帰ると、北朝鮮の砲撃のニュース。  深町純氏の訃報に触れる。 …

続きを読む

あの唄はもう唄わないのですか

 今朝新聞の片隅で・・・と書きかけて 風の「あの唄はもう唄わないのですか」を想いだした。  ジョー樋口さんは、ガチガチの全日本ファンだった私には レフェリー=ジョーさん。馬場さんもジャンボも三沢光晴も、 きっと彼岸でジョーさんと再会して抱き合っているのだろうか? これでは、あちらの方が正規軍だなぁ~ ブロディやテリー・ゴディ、懐かしい面々がそろっているんだろうなぁ。 語弊はある…

続きを読む

ひまわりの詩

 池内淳子さんが亡くなったと聞いて、改めて  グレープの無縁坂を聴き直している。  改めてというのは、訃報を知る直前。 たまたま、まさしさんの曲をランダムに再生していたiTunesで グレープの無縁坂がかかった不思議を考えている。 そう、「運がいいとか悪いとかそういう事はたしかにあって」 誰もが今を生きているんだということをようは聴き直しているわけだ。  実は仕事の関係でほんの五ヶ…

続きを読む

ガチョ~ンの掌の中に

 谷啓さんが亡くなった。  日本有数のトロンボーン奏者であり、コメディもこなす稀代の役者。 真のエンターティナーと呼べる数少ない方のひとりだった。  幼い日に「笑って笑って60分」で、 ザ・スーパーマーケット(近田春夫さんも参加していた)を率いて ダンディに演奏し時にギャグを織り交ぜる姿が胸に浮かぶ。  ガチョ~ンのギャグの極意は 「掌で空間を真空にするように」と語られ…

続きを読む

ラッシャー木村さんが・・・

 ラッシャー木村さんが亡くなった。 また一人、昭和のプロレスラーがいなくなってしまった。  国際~金網デスマッチの鬼    ブルドッキングヘッドロック   はぐれ国際軍団  マイクパフォーマンス        こんばんは!     アニキ   渕!     永源!   馬場さんとの義兄弟タッグ       ラッシングラリアット あ~ぁプロレスをプロレスとして本気で…

続きを読む

細腕奮闘記

 今朝、コブシの芽が膨らんでいた。  陽当たりの良い道ばたでは ホトケノザも花を開き始めた。  なのに、小林繁さんの訃報。享年57歳に言葉が無い。 タイトルの「細腕奮闘記」は繁盛記の間違いではなく むか~し、さだまさしさんのエッセイにあったのを、おぼろげに思い出したから、  よく、形態模写(死語か)してたもの まさしさん。 明石家さんまさんと、どちらが先にやったかとか、話し…

続きを読む

押し迫って、また・・・

 今朝おきて新聞を開くと ジミー竹内さんが亡くなったとの報が、 79歳、聞けば10年前から療養中だったとのこと、  もう二十数年前の事、 まだ、駆出しのひょっこの私が、はじめて ラジオ番組の録音をさせていいただいたのが、  しばたはつみ&世良譲トリオのディナーショー だった。 それから、何度か、お仕事させていただく機会があり、 興が乗り始めると、ドラムセットのスタンドはおろか…

続きを読む