深まりゆく

人それぞれ皆それなりに苦労しているのね。 と、実感した一日。 そうして今日も里山を、愛宕山を歩くのだ。 山川草木悉皆成仏。 オケラが咲いている。 ヌメッとしたキノコ。 すいません同定している時間がありません。 これは、かなり美味しそうだが…キノコって難しいな。 これはキツネノチャブクロだな。 アキノキリンソウ。蕾いっぱい。 コアオハナムグリ。死んでるか…

続きを読む

木ノ葉舞い散る如く時は流れ

厳しい残暑が続くけど、八月も後三日でお仕舞い。 九月になったら、何か少し変わる気がする…いや変わるのだ。 昨夜も寝苦しくて、気持ちの立ち上がりが悪く視界がボンヤリしているが、 エイッヤっと気合を入れ直して身体を動かしに行ってみる。 近所の小川では今日もミシシッピアカミミガメが甲羅干し。 あんなに伸び上がって何かを狙っているのだろうか。 あ〜オナガが編隊飛行して来た。糞暑いのに喧し…

続きを読む

皆んなぁ愛しあってるか〜い

どうやら昨夜は呑み過ぎたようだ。 宿酔いで頭が痛くなる体質ではないのだが、 どうにも胃の腑がモヤモヤしている。 気持ちがいつまでも起き上がらない。 途轍もない徒労感が襲って来るのを、無理矢理振り払って動いてみる。 いつもの散歩場所のスタート地点。 植込みがヤブカラシで覆われている。 そこにマメコガネのカップルが1,2,3,…沢山。 営み、あぶれた雄が寂しそうに蠕く。 …

続きを読む

熱中症アラートニモマケズ

まさか宮沢賢治も、 こんな世の中が来るなんて想いもしなかったろう。 今なら宛ら、 豪雨ニモマケズ 竜巻ニモマケズ 新型コロナウイルスニモ猛暑ニモマケナヌ丈夫ナカラダヲモチ てな感じだろうか。 私も気持ちの浮き沈みが激しくて心身共に不安がいっぱいだが、 そんな事も言ってられないので藤垈の滝へ。 と、その前に近所の小川を覗けばミシシッピアカミミガメが茹だっていた。 そりゃ幾ら…

続きを読む

盆支度

暦の上では秋って前回は書いたけど、 それは旧暦の節季を、今のカレンダーに当てはめただけの話。 おかしなもんで、お盆は旧暦で行う。その方が季節感にそぐうからなんだろう。 だから、暦の上でも、夏なんだよ。それでイイのだ。 藤垈の滝はヤブランが盛。 例によって空蝉付きの藪蘭も、 其処此処に。 あら。いつもこの樹では、クワガタなんて見かけないんだけど… え。何処ってアソコ…

続きを読む

今は、もう秋…のはずだけど

気付いたら立秋過ぎていた。 暦の上ではあるが残暑の候。 う〜〜〜んなのに、この暑さはなんだ。 熱中症アラートってのが出ていて原則野外活動は謹んで下さいとの事。 だが、虫は待ってくれない。 例の春日居のオオムラサキわんさかの枝を観に。 あいも変わらずの賑わいだが、 遠いとツマランな。贅沢だとは思うけど。 今年はオオムラサキの当り年だな。 おっと足元…

続きを読む

欣喜蝶躍

梅雨が明けて、さぁ山に行くぞ。って張り切ったが、 此処数年例によっての「不安定なお天気に注意」である。 でもね。アプリの降雨予報と自分の感。 どちらを信じるかって…自分でしょ。 で、2ヶ月ぶりの乙女高原へ。 途中、焼山峠過ぎた所で、車窓から見えた…。 おぅわスゲ~。ヒョウモンチョウだらけ。7頭以上居るわ。 ミドリヒョウモンに、 えっと…奥のは何ヒョウモンだ。 皆…

続きを読む

やっと会えた

梅雨の長雨というには、余りに激しい雨が日本各地に降っている。 幸いなことに、たまさか我家や家族に影響はない。 ニュースを見る度に心が痛み、朝から気分が鬱々とするが、 被災された方の想いを考えると、自分の甘さに腹が立つ。 なんとか気持ちを奮い立たたせようと、雨の間隙を縫って散歩に出る。 昆虫や小鳥達はどうしているだろうか。 まずは藤垈の滝へ。チャチャッと樹液の木だけ観ていこう 居…

続きを読む

乙女高原から2020初夏

甲府盆地は連日の真夏日。 しかも、やっと一日安定した晴天とのことで、 満を持して、今年初の乙女高原行きとなった。 到着10:30。エゾハルゼミの声が凄いな。 いきなり派手なタテハチョウ類がお出迎えも直ぐに消える。 何だったんだろ。 気になるが、歩き出す。 これはアカネスミレかな。 ん。フデリンドウが見当たらない。 遅かったのか、早かったのか。 これもアカネスミレ…それとも…

続きを読む

ところが実に偶然というのは恐ろしいもので

今年は色んなものが壊れる年回りのようで、浄化槽の蓋が割れ、清掃もした。 そして、金がないから後回しにしていた、 予てからの懸案であった(少しオーバー)、便所の換気扇と浄化槽のブロワーの交換をした。 こんな時に限って金が出ていくが掛かるものは仕方がない。 さぁ。あとチョット、もう少しだと、自分を鼓舞して歩いて行こう。 で、今日はウメガサソウの様子が気になったので、お馴染み藤垈の滝へ。 …

続きを読む

春の嵐が来る前に

春の嵐の最中に書いています。 日曜日の朝、起きたら思ったより空が明るい。 天気予報で確かめると午後3時くらいまでなら、雨は降らないもよう。 ヨシッ。洗濯をして、金川の森へ。 ムラサキサギゴケが広がっていた。 おぅ、キショウブも花が増えている。 なんか難しい顔したシメ。ぁいつもか。 ヤマザクラは未だ花盛り。 例年と変わらぬノジスミレ。 それを愛でる…

続きを読む

春も足踏み

お金のことを考えると、心が荒ぶなぁ。 でも、生活はしないといけないわけだが、かと云って、 生きることの本質を見失ってはいけない。 逆風でも姿勢を正すことが大切。 と、云う訳で、この日は武田の杜へ。 てっきり施設はお休みで駐車場にも入れないかと思ったら、 閉まっていたのは森林学習展示館だけだった。 シジュウカラが囀っていた。 日差したっぷりだが、風は冷たいなぁ。 ホオジロがチ…

続きを読む

てふてふ

新型コロナウイルス感染症の影響で県の施設も閉鎖されているが、 山の中歩いたほうが免疫上がるに違いないと、息子伴って、愛宕山へ。ぁ…これ内密に。 歩き出して直ぐに上着着てきたのを後悔した。 甲府の最高気温は22℃だったらしい…なんじゃあこりゃ。 昨日は10℃に届かなかったから…調子狂うなぁ。 テングチョウが出て来た。 その後もチョイチョイ現れては二頭絡み合って舞い上がる。 まるで…

続きを読む

寄道・道草・息抜き

どうも今季は天気の巡り合わせが良くないな。 やっとOFFと思ったら、 湿った雪からの土砂降り。 身体が鈍ってしまって怠いだるい。 確定申告の書類も作らないとな。あー肩が凝る。首が痛い。 翌日晴れたと思ったら、その日は仕事。腰が痛い。 で、やっと晴れた休日。取りあえず金川の森へ。 シメがいっぱいいる。 やっとバードデッキ付近の倒木が整理されていた。 目の前にシロハラ飛び出して…

続きを読む

やっと秋晴れ

目覚めて窓を開けたら今季初めて、スッキリと南アルプスの頂きが見えた。 あ〜〜〜〜〜山に行きてぇ。でも…今日は午後から現場だ。 せめて何処かへ行こう。枕と掛布団を干して、家中の窓を開け放って、 藤垈の滝へ。 歩き始めたら、すぐ豹紋蝶が2頭やって来た。 だけども2頭共フラフラしていて覚束ない。 羽も色褪せて何ヒョウモンか分からない。 近づいて触っても逃げない…いや逃げられないの…

続きを読む

お彼岸に帯那山

観察会から明けて、さて帰ろう帰って洗濯しよう。 そうは思ったが天気予報は思わしくない。 だけど、お空は晴れている…うむむ。 そーだ。こんな時にはお気楽登山。 山梨百名山なのに山頂直下まで車で行ける、 帯那山に行こうじゃあ〜りませんか。ヤマラッキョウ咲いてるかな。 山頂に一番近い登山口に着いた。ここから山頂は10分かからない。 レイジンソウが咲いてる。 トリカブトの仲間だか…

続きを読む

初めて涼し

乙女高原2019初秋続き。 黄色い花が多くて秋らしい。アキノキリンソウ。 ハンゴンソウ。 でぇたぁ〜ハバヤマボクチ。 この紫色。そうだよな薊の仲間だもんね。 蜂が飛び込んでいって改めてヤッパリ花なんだなぁって思う。 これはツリガネニンジン…それともソバナ。 ソバナなら白花は貴重種らしいが。 白といえば、 オケラ咲いてた。 ウスユキソ…

続きを読む

新たに涼し

仕事や息子さんの大学復帰のゴタゴタで、また一週間以上山から離れてしまった。 山どころか散歩さえままならず身体が重いよぉ。 で、雲は多いが勇んで乙女高原へ。 あの花に逢えるかなぁ。 いつもとは逆に湿地から歩き始める。 流石に肌寒いなぁ。一枚羽織る。 ウスユキソウがあった。 キツリフネ、ポツポツ残ってる。 ツリフネソウは、殆どなし…ぁ全然ない訳じゃないが。 ありゃ。ヤマオダ…

続きを読む

野分吹く前に見廻り

今夜、台風が来るっていうから、家の周りを片付けて、洗濯して、 んでもって、カイガラムシの付いた庭木の手入れをした。 とは言っても、スプレーの薬を掛けただけである。 ありゃ買ってきた一缶では、ジェンジェン足りん。 娘さんを送ったついでに、買ってくるかー。 でも、ホームセンターが開いてないかもしれないから、藤垈の滝にでも行くかー。 気になる樹へ行ったら、ノコギリクワガタが待っていた。 …

続きを読む

笠取山

永らくご無沙汰しておりました。 山梨百名山全山制覇。…してみたいな…出来たらね…企画。 その56座目。 55座目の御正体山が5月だったので、なんとまぁ3ヶ月半ぶり。 しかも一番のハイシーズンに新たな頂に登れず、忸怩たる思いであった。 前夜遅くまで、白州の雨乞岳かドチラにするか迷ったが、 時間的な制約(夕方には帰って娘さんの誕生会をしなきゃならなくて)もあって、 笠取山と相成った。 …

続きを読む

未練たらたら

今日は天気が思わしくない。との予報だったが、 何のことはない。起きてみたら、雲は多いが思いの外良い天気。 ならば、最近ご無沙汰の上、今度の観察会にも参加できないから、愛宕山へ。 スッゲー蝉時雨。主にミンミンとツクツク。 オオシオカラトンボが夏を惜しんでる。 ありゃ。八重山吹が咲いている。徒花だ。 日陰蝶が多いね。これはヒメジャノメ。 これはシオカラトンボかい…

続きを読む

僕なりの風祭り

9月にはいったら、スケジュールも天気も落ち着くだろうから、 2日はゆっくり休んで、さぁ山に行こうと張り切っていた。 ところが又しても大気の状態が不安定だという。 元来ビビりぃな私。 家で大人しくしようと洗濯物干してたら、 あらまぁ。いいお天気。 ついでに息子の布団も干しちゃおう。 よし。久々に金川の森をジックリ歩こう。 昨年の台風の倒木がそのままになってる池では、 草が茂り…

続きを読む

♫処暑に 少々 諸ぅ事の事情♪2番

ええっとドコまで書いたんだっけ。 とにかく一歩歩いて花を撮り、二歩進んでは蝶を眺め、三歩進んで二歩下がる。 コウリンカめっけ。 ツリガネニンジン。 マツムシソウって完璧な造形だよなー。 そういやロープの中に踏み込んだ跡が沢山あるけど、 そんなことしなくても、いっくらでも撮れるのにねー。 自己中なのは熟年カメラマンが多いね。若い子はマナーいいもんな。 …

続きを読む

♫処暑に 少々 諸ぅ事の事情♪

タイトルはもちろん「How manyいい顔」のメロでお願いします。 処暑は先週でしたけど。 さて、8月最後の空き日。 目覚めて空を眺めたら、天気予報で言うほどは悪くなさそうだ。 ただ今年は…いゃもう毎年かも…いつでも大気の状態が不安定だから、 予定がたたない。むう…まぁお昼までは大丈夫そうだから、乙女高原に行くかな。 クルマユリと見紛う如くのコオニユリ。 青空に映えるねぇ。 …

続きを読む

夏と秋の隙間

夏の野外仕事を一山二山と、やっとこさ半分乗り越えた。 さぁ天気予報もよくないし、貴重な休養日を過ごそうと決め込んで、 ゴミ出しからの洗濯終えて、あらっ青空出とる。 雨雲レーダー見てみたら午後3時までは大丈夫そうだ。 なら、行くでしょ。新道峠に。 着いたら、そこにはアサギマダラが舞って待っていた。 時刻は11時15分を回ってる。 何故かと申しますと、芦川からの道が工事で通行止めだ…

続きを読む

御盆

広島・長崎の原爆忌を今年も敬虔な気持ちで過ごし、 立秋も知らないうちに過ぎてしまい、 週末、やり甲斐のある仕事を頂いて感謝する。 台風直撃の可能性もあり、危ぶまれたが、いわき市まで車を走らせて、家内の実家の御墓参り。 西日本の方々申し訳ない。 翌朝、足がつって悶た。 けれども、何があっても生きていることは素晴らしい。 ありがたい、ありがたい。と唱えながら暇ができると散歩へ。 藤垈…

続きを読む

櫛形山・アヤメ平へ 後編

さぁアヤメ平に向かって少し下る。 センジュガンピや。 え〜とトリアシショウマかな それともハナチダケサシかな。 アヤメ平の食害保護柵の中はクガイソウで溢れていた。 そこにアキアカネもや、 コチャバネセセリかな…来てる。 いろんな花が入り混じって 華やかだなぁ。 ぉシュロソウだ。 ホソバノキリンソウかな。 あまり見たことのな…

続きを読む

夏空と君と蝶と

それでは乙女高原の昆虫たち、主に蝶を。 まずは歩きだしてすぐに、 クガイソウに来ていたコチャバネセセリ…と思う。 息子(そうそう今日も一緒)が見つけたのは ヒメシロコブゾウムシ。珍しい奴みたい。 こいつ芋虫見つけるのがスゴく得意みたい。 でも、何の幼虫だか分からないよ。 ヨツバヒヨドリにヒョウモンチョウ。なにヒョウモンだろ。 う〜ん角度が悪くて難しいが… 羽の表…

続きを読む

春、通り越して

春、通り越して初夏の陽気。 (この日は25℃を越えたらしい) こりゃ~暖かくてイイヤなんて言ってる場合ではない。 でも、桜や桃の花の開花状況は、 一番早い年に比べたら、そんなに早い訳ではないみたい。 今年も、笛吹市と甲府市の間に居る、 江戸彼岸桜に、イソイソと逢いにいく。 ん~三分から五分咲きってところかな。 いつものように、角度を変えて 南アルプスや、 …

続きを読む

♪人生ウロウロ~

春分の日を前にした、この日。 晴れてとても暖かくなりそうだったので、 朝から、山梨百名山を踏破しようと計画をしていた。 が、しかし、家の用事で午前10時まで動けないことに…。 まぁそれならそれで、それなりの楽しみ方もあるッショ。 で、まずは甲斐国一宮浅間神社の本宮の様子を見に行くことに。 渓流の上にキブシが枝垂れ咲き始めてる。 シュンランの蕾は見つけたが、 カタクリはやっ…

続きを読む