乙女高原から2020初夏

甲府盆地は連日の真夏日。 しかも、やっと一日安定した晴天とのことで、 満を持して、今年初の乙女高原行きとなった。 到着10:30。エゾハルゼミの声が凄いな。 いきなり派手なタテハチョウ類がお出迎えも直ぐに消える。 何だったんだろ。 気になるが、歩き出す。 これはアカネスミレかな。 ん。フデリンドウが見当たらない。 遅かったのか、早かったのか。 これもアカネスミレ…それとも…

続きを読む

ボ・ボ・僕らは昆虫探索団

起き抜けに窓を開けたら道路が濡れていた。 朝方雨が降ったらしい。 これは花や野菜に水遣りをしないで助かる。 しかし蒸し暑くなりそうだなぁ。 家に閉じこもって部屋の模様替えをしようとしたのだが、 どうも腰が落ち着かなくて、藤垈の滝へ。 ウメガサソウはどうなったかな。 一輪だけ咲いていた。あと五、六輪蕾。まだ楽しめるな。 ついでに昆虫パトロール。 樹液出始めてる。カナブン(…

続きを読む

ところが実に偶然というのは恐ろしいもので

今年は色んなものが壊れる年回りのようで、浄化槽の蓋が割れ、清掃もした。 そして、金がないから後回しにしていた、 予てからの懸案であった(少しオーバー)、便所の換気扇と浄化槽のブロワーの交換をした。 こんな時に限って金が出ていくが掛かるものは仕方がない。 さぁ。あとチョット、もう少しだと、自分を鼓舞して歩いて行こう。 で、今日はウメガサソウの様子が気になったので、お馴染み藤垈の滝へ。 …

続きを読む

季節過ぎゆくままに

もう五月も最終週。 いい加減、新型コロナウイルス感染症のことをボヤくのも嫌になった。 とにかく前を向いて歩くしかない。なにがあってもね。 あぁ、いつもの散歩場所では、ヤマボウシが満開だ。 真白というより、やや緑掛かった花弁が眩しい。 ドクダミの花が咲きだした。 草いきれと云うには少し早いが、ムワッと香が昇る。 気付かぬ内にエゴノキの花は過ぎてしまった。 アザミ…

続きを読む

僕らはフレデリック

やあ、フレデリック、初めまして。 実は君のことを知ったのは、つい最近のことなんだ。 スイミーは少し聞きかじっていたけれどね。 フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし - レオ・レオニ, 谷川 俊太郎 それが、今頃どうしてって? 今、人間の世界は大変なことになっているんだ。 そう。新型コロナウイルス感染症さ。 世界中が悩んみ苦しみ、迷っている。 僕も、その一人さ。 え…

続きを読む

新学期

新型コロナウイルス感染症の影響で閉鎖されていた、 地元の小・中学校もやっと再開。入学式も行われたらしい。 真新しいヘルメットの自転車や、黄色い帽子の初々しいランドセル姿が眩しくて、 車窓の新緑が霞む。 愛宕山での自然観察会もご多分に漏れず、春は中止。 いつもだったら4月に行うセンサーカメラの設置も、 ようやく一月遅れで行うことが出来た。 これは環境省のモニタリングサイト1000里地…

続きを読む

内緒

ないしょ♫ナイショ♪内緒の話はあのねのね〜 ギリギリ時期を逸してしまったかもしれないが、 あの花に会いに行くことにした。 しかも、結構気軽に訪れることが出来た場所なのに、 公共事業(これについては言いたいこともあるが)のアオリで、 ちょっと手間(山歩き1時間程)がかかるようになってしまった。 なので、くれぐれも滑落等、事故を起して社会に迷惑を掛けないよう、 心掛けていきましょう…

続きを読む

逢瀬

新型コロナウイルス感染症のお陰で仕事が激減してから、 曜日の感覚が失くなって困ったチャン。 それでも今日もセッセッと在宅ワーク。 とある事情で壁に空いた穴を、 ただ塞ぐのも芸がないので(芸が必要かは置いといて)、工作。 鋸久しぶりに引いた。 んでもってお昼に野暮用があったのだが、その前に娘さんが仕事へ送れと宣う。 時間が浮いちゃうなぁ。そうだカワセミに逢いにいこうかな。 場所、近…

続きを読む

プラプラ

♪おれのあん娘は タバコが好きでぇ~♫いつも… そりや、プカプカだわ。 それは兎も角。 やっと山梨県内では林道の冬季閉鎖が解けたって云うのに、 南の海では台風1号が生まれ熱帯低気圧に変わって、 日本列島に不安定な気圧配置がやってきた。 この日、お昼までは何とか、お天気持ちそうな見込み。 じゃ、春日居の長谷寺さんにお邪魔しますかね。 桐の花が美しい季節になりましたな。 渓…

続きを読む

お題:薄暑で一句

なんか今年は暑いのか涼しいのか、 花が早いのか遅いのか、よく分からないなぁ。 朝と昼との気温差が大きくて、取りも直さずそれは日向と日影でもそうで、 昨日、台風1号が発生したらしが、それも例年より遅いと云う。 藤垈の滝はシャガで溢れていた。 ヒメジャノメ、フワフワ。 傍らでは、昨年の台風で埋まってしまった河川工事が始まっていて、 重機やコンプレッサーが喧しいけど、それは仕方な…

続きを読む

生命あふれる季節

朝から雲は多いが気温は高い。梅雨の晴間のような蒸し暑さ。 でも、野に花あふれ、命が生まれる季節。 そこで、市内や隣市町村範囲レベルで 県外からの観光の皆さんが来て密にならない様に、 山歩きを再開したいと目論んだ。 が、しかし…BUT。 殆どの林道が冬季閉鎖名目で、まだ閉鎖されていて何処にも行けない。 新道峠に至っては展望台作る(聞いてねーな)工事の為に 秋まで行くことが出来ない。…

続きを読む

初夏というには余りにも日射しが強すぎて…

タイトルは ふきのとう・山木さんファンには、 何となくニュアンスが伝わるかと… 閑話休題(ソンナコトハオイトイテ) 緊急事態宣言により閉鎖されていた、 いつもの散歩場所の駐車場が、今日から使えるようになった。 未だまだ油断は出来ないが、それでも胸張って歩けるのは、ありがたい。 もうねニセアカシアは咽返るように咲き誇ってるし、 ナワシロイチゴも咲いている。 オオジシ…

続きを読む

それでも風は吹く~緑の希望~

五月になった。    薫風吹いた。 近所の河原ではニセアカシアが、甘い香りを撒き散らし始めた  最高気温は30℃を超えて真夏日になる予想だと云う。 非常事態宣言による外出自粛要請に伴って、 普段散歩する公園等公共施設の全ての駐車場が閉鎖されてしまった。 これは参った。閉塞感極まれり。 だけど、それでも季節(とき)は巡る。  ナ・ン・ト・カ・セン・ト・イカン。 そこで…

続きを読む

散歩は続くよ何処までも

いったい何処まで続くのだろう。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための自粛要請で 定期的に巡回して季節を感じ歩く場所が軒並み閉鎖されてしまった。 おまけに金策の手続きに翻弄されて眼も疲れ首肩も凝りコリでおま。 それでも季節は移ろい行くよ。 …と云う訳で、出来るだけ人の来ない、 さりとて山深くなく、手頃な場所へ。 でも、当然ながら途中で車両通行止めだったので、 ご迷惑にならないよ…

続きを読む

泰然自若でありたい

泰然自若:落ち着いていてどんなことにも動じないさま。 心の内はかなり動揺している。 親戚の某フリーアナウンサーも感染してしまったようで心配。 親も心配だが会いに行く訳にもいかない。 自分なりに、今出来ることは何かと自問自答する。 いざ始めようとすると、どう手をつけて良いか分からない。 笛吹市は御坂の檜峰神社へ今年も花探し。 道行き桜が咲いていなくて、あーこりゃ早かったなと想…

続きを読む

残春2020

今年はいつまでも風が冷たいな。 日中の陽射しは春を通り越して初夏のそれなのに、 北風が吹くと体感は冬。 だからなのか、桜も桃も早く花が咲いた割に随分散らずにいた。 扠。今季の桜巡りも例年恒例の〆となる。 山梨市牧丘膝立の天王桜、もう何年通っているんだろ。 昨年テレビ朝日のドラマ「やすらぎの刻~道~」に登場してしまったので、 もしかしたら物見遊山の人並みが押し寄せるかと思…

続きを読む

國破れて花鳥あり

♫ボインは お父ちゃんのためにあるんやないんやでぇ〜♪ 失礼。 いよいよ山梨にも非常事態が宣言され。 不要不急の外出を自粛するよう要請が出された。 密集・密接・密閉空間を避けて、 自分で自分を律しなければならない。 その上で免疫を下げないように、普段の生活を維持したい。 その為に散歩は重要だ。自分には。 そこで、あと一息だったエビネを再観撮する為武田の杜へ。 フデリ…

続きを読む

春の嵐が来る前に

春の嵐の最中に書いています。 日曜日の朝、起きたら思ったより空が明るい。 天気予報で確かめると午後3時くらいまでなら、雨は降らないもよう。 ヨシッ。洗濯をして、金川の森へ。 ムラサキサギゴケが広がっていた。 おぅ、キショウブも花が増えている。 なんか難しい顔したシメ。ぁいつもか。 ヤマザクラは未だ花盛り。 例年と変わらぬノジスミレ。 それを愛でる…

続きを読む

桃源郷儚き

なんでも日曜日から、お天気が崩れてくると云う。 それも台風並みの大荒れになるかもしれんと言う。 そりゃぁ困った。 その前に例年巡る、桃の花を見に行かねば。 幸い今朝は晴れて花冷えで空が澄んでいる。 まずは一宮の花見台へ…ナンじゃ。ぁこりゃぁ〜。 工事してるなんて聞いてないよぉ。 しかも重機が鎮座ましましているのは、 例年いちばん花の重なった風景が撮れる場所だぁ。 くぅ……

続きを読む

せっかちでゴメンなぁ

今年は花が早い早いって思いが頭にあって、 どうかするとタイミングを逃すんじゃないかと気が急いていた。 あの花が気になって、例年なら4月20日過ぎに咲く武田の杜へ。 フデリンドウは咲いてた。 でも、少ないなぁ…やっぱり早かったかな。 例の花は萌え出たばかりか、蕾…つぼみ…ツ・ボ・ミ… あぁやっと咲いてるのがあった。 エビネ。 春を告げる。 周りに桜の花弁が散り…

続きを読む