萱草咲く頃

七夕過ぎて、やっと一息。 山歩きどころか、散歩さへ久しぶり。 そこで季節を確かめに、まず藤垈の滝へ。 紫陽花の季節だなぁ。 ヤブカンゾウが其処此処に咲いている。 この花が咲くと、そこだけポッと灯りが点ったようで暖かい気持ちになるなぁ。 樹液の出る木を丹念に見て回ったが、 残念ながら、なにも見当たらない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続:季節(とき)が待っていてくれたようで

さて湿地の方に行ってみようか。 あぁ。人がいっぱいいるなぁ。 おぉ。クリンソウが真っ盛りだ。 もう終わりだと思っていたから嬉しいな。 サンリンソウも少し残っていて。 ギンリョウソウも有り。 あぁ。ニョイスミレも咲き残っていた。 なにかの糞にヤマキマダラヒカゲが群がっていた。 貴重なミネラル源だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節(とき)が待っていてくれたようで

乙女高原、レンゲツツジゾーンを抜けて、 奥の尾根にさしかかる。 イチヤクソウは咲いてなかったけど、 湿った蒸し暑い感じがアレにはきたいできんじゃね。 あったねぇ。少し観察路から遠いけど嬉し。 下ばかり見てたら、 あぁなんだこれっと同行の息子が声をあげた。 あーみたことある。 蝉に寄生するアレだ。 生田緑地でヒグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節(とき)に置き去りにされたようで

あぁ…なんてこった。 6月はハードスケジュールの嵐に飲まれて、 山歩きどころか散歩さえままならず、 ようやく22日に金川の森へ。 ほ~らホタルブクロが咲いてるじゃん。 イチヤクソウは殆ど散っちゃてるしな。 ハンゲショウは、すっかり白くなってる。 ネムの花も咲いてるじゃあ~りませんか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隙間の晴間の緑陰に閑あり

梅雨入りしたものの、時折晴間も有り。 仕事がピークに入ったが (ありがたいことに14連チャン) 僅かな移動の隙間を見逃さず。 曇っていたが、葛西臨海公園で鳥見。 アオサギとダイサギ…かな。 もう一羽、アオサギが歩き周って餌を探してる。 おやおや仲がヨロシイこと。 って鷺はアオサギとダイサギで交配す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人静に右近の(草)橘~令和なのに平安調

おそらくは梅雨入り前の貴重な好天。 だがしかーし。 娘がお昼前からバイトだから送れと宣う。 ホントは夜明けから動いて、八ヶ岳に行こーと考えていたんだが… よし、その前に、この間蕾でガッカリした梅笠草の様子を見に行こうっと。 おっと、まだだったかな。 いや、咲いてる。開いてる。 しかし、この花の中を写すのは至難の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の面影もういちど。

懸想わせぶりなタイトルだが、 スズラン(君影草)に、もう一度会いに行ったってだけの話。 諸般の事情あって、帰省している息子くんも一緒。 すずらん群生地に着いて、車を降りたら、 耳を覆わんばかりの、エゾハルゼミの大合唱に包まれた。 売店の前の松の木に四匹の脱殻を見つけた。 これも季節が進んだ証。 スズラン、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく衣替え

申し訳ないが… 絶対に半袖は6月からって決めている。 四日間の信州ミニツアーを終えて、 出掛ける前は、帰って即、八ヶ岳と思っていたんだが、 モクモクと雲が湧いている空模様を見て延期。 まず洗濯。 長袖が二枚、半袖が二枚、パンツ四枚。 Tシャツ系が四枚、靴下も四足。壮観である。 庭には、猫のウンチが落ちていて始末で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信濃路

5月末から、月を跨いで、ありがたくも、お仕事を頂いて、 ♪夏まだ浅い~信濃路へ~♪ 一日目は、国営あずみの公園(堀金・穂高地区) 待ち時間があったので、ぼんやりしてると、 植え込みにウスバシロチョウが飛んできた。 イベント会場の直ぐ横に、クリンソウが咲いておる。 ダイモンジソウ…かと思いきや、 ユキノシタか…に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴蘭の涙

乙女高原から雨に追われるように、 今度は芦川のすずらん群生地へ。 いくら遅れているとはいっても、流石に、もう咲いてるでしょ。 笛吹市に入ったら、けっこう雨が激しくなってきた。 でも、西の空が明るいから、着いたら晴れるんじゃないかな。 で、 止んではいなかったが、カッパ着て歩けんことはない。 春雨じゃ濡れて行こう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女桜祭り 後

あら~~。クリンソウ殆ど咲いてない。 コレだけ~~。 しかも柵から奥だから上手く撮れない。 サンリンソウは花盛り。 タゴガエルの声がゴェグェゴと聞こえるが、 やはり姿は見えない。 クリンユキフデはもう終いかな。 マイヅルソウは未だまだだが、 ツボスミレが咲いていた。 湿地にもサク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女桜祭り 前

まるまる一週間ぶりのOFF。 あれもしよう、これもしたいと思っていたが、 朝起きたら雨模様…。 洗濯は諦めたが、10時くらいまでなら、なんとか天気持ちそうだ。 ならばと、すぐさま発進。乙女高原に8時前に着。 すぐにオオヤマフスマらしき花を見つけたが、 あまり花が見えないなぁ。 サクラスミレがポツン。 フデリンドウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(裏)愛宕山で充電

何故か偶々、今週は仕事がない。 (まぁ10連休の反動に違いないが) そこで山に行きまくり、 〆は愛宕山の観察会のお仲間と センサーカメラの設置相成った。 ちょいと早く着いたので、水路にオタマを観にいく。 ゲゲッ。 画像では伝わりにくいが、 粒粒はみんなオタマジャクシである。 それが流れとなりウネっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御正体山、一日早かった

山梨百名山。その56座目は御正体山。 天皇陛下が皇太子時代に登ったとのこと。 あ~だから、立派な林道が登山口まで付いてるのね。 そして古からの信仰の山。 雲が多くて天気はイマイチだが、 雨の心配はなさそうだから良いわな。 10:00に池の平登山口をスタートだ。 沢沿いの湿った道。 さっそく白く小さな花お目見え。 調べた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう、そろそろ

なかなかスカッとは晴れないが、 それでも雨が降らないだけましか。 午後から仕事だが、 体が鈍るのが嫌で散歩に行く。 定点観測場所の金川の森へ。 道すがら、河原に耳をかたむけるが、 オオヨシキリの声が少ない。 そう云えばカッコウもまだ聞こえないな。 スイカズラが咲初めていた。 ニガナとか、 オオジシバリだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百蔵山

通常の五月と云えば、 一年の中でも、一番安定して、 爽やかな季節のイメージがあるが、 なんか、今年は真夏のような大気の不安定さである。 この日も、午後から雷雨の可能性が大とのことで、 午前中に登れる山を検討したところ、 大月の、百蔵山が浮かんだ。 本当はお隣の扇山とセットで、 一日2座を目指したいところだが。 家を出た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女春まだき

もう暦の上では初夏。 いっくら、今年は花が遅れているといっても、 いい加減、乙女高原にも春は来ているだろう。 クリンソウは未だまだでも、スミレとフデリンドウは楽しめるに違いない。 ただねぇ。焼山峠の手前にタチツボスミレが盛っていたから、 嫌な予感はしたんだよね。 え~~~フデリンドウこれだけ…むぅ~。 スミレもない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足和田山

と、云うわけで、菫の花を堪能して、 峠を越え、やって来ました登山口。 今回は、足和田山を、足和田方面から登ります。 駐車場は以前仕事で来たことがある小学校の脇。 何故に焦ったみたいに登りに来た理由は、また後ほど。 11時45分スタート。 暫くは薄暗い針葉樹植林エリア。 15分程登ったらヒトリシズカが現れた。 次第に数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すみれの花咲ころ、令和元年 その2

キスミレの咲く尾根と反対側の尾根へも行ってみるかね。 ヤブレガサも出たばかりだね。 こっちにはエイザンスミレが多いな。 日当たりの良い斜面だからかな。 これは花の色はエイザンスミレで、 葉はタチツボスミレ。 混雑種の可能性もあるかな。 おぉ良いエイザンスミレがあった。 これは少しひしゃげてるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すみれの花咲ころ、令和元年 その1

とにかく今年は何処に行っても花が遅い。 日差しがあっても、風が冷たい。 寒気が退かないんだろう。 大気の状態が不安定で天気がよめない。 だから、花に会いに行くにも、オッカナビックリ。 でも、もう良いでしょう。 場所は笛吹市某所。 あ~良かった。 とにかく4月のなっても雪は残ってるし。 5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more