Re:笛吹の山~釈迦ヶ岳4

台風が通り過ぎたと思いきや、ナンダコノ暑サハ。 だけど、朝晩は秋らしい風が吹くようになったから、 スケジュールの余裕があるうちに、身体を動かしておきたい。 天気予報は「山沿いは午後から俄か雨」って、相変わらず繰り返しているから、 さぁて何処に行こうかな、と思案する。 雨雲レーダーの予測を観たら八ヶ岳、奥秩父、南アルプス、富士山方面は駄目だ。 なんだ近場しかないじゃんか。それも午後3時…

続きを読む

野分吹く前に見廻り

今夜、台風が来るっていうから、家の周りを片付けて、洗濯して、 んでもって、カイガラムシの付いた庭木の手入れをした。 とは言っても、スプレーの薬を掛けただけである。 ありゃ買ってきた一缶では、ジェンジェン足りん。 娘さんを送ったついでに、買ってくるかー。 でも、ホームセンターが開いてないかもしれないから、藤垈の滝にでも行くかー。 気になる樹へ行ったら、ノコギリクワガタが待っていた。 …

続きを読む

笠取山

永らくご無沙汰しておりました。 山梨百名山全山制覇。…してみたいな…出来たらね…企画。 その56座目。 55座目の御正体山が5月だったので、なんとまぁ3ヶ月半ぶり。 しかも一番のハイシーズンに新たな頂に登れず、忸怩たる思いであった。 前夜遅くまで、白州の雨乞岳かドチラにするか迷ったが、 時間的な制約(夕方には帰って娘さんの誕生会をしなきゃならなくて)もあって、 笠取山と相成った。 …

続きを読む

未練たらたら

今日は天気が思わしくない。との予報だったが、 何のことはない。起きてみたら、雲は多いが思いの外良い天気。 ならば、最近ご無沙汰の上、今度の観察会にも参加できないから、愛宕山へ。 スッゲー蝉時雨。主にミンミンとツクツク。 オオシオカラトンボが夏を惜しんでる。 ありゃ。八重山吹が咲いている。徒花だ。 日陰蝶が多いね。これはヒメジャノメ。 これはシオカラトンボかい…

続きを読む

僕なりの風祭り

9月にはいったら、スケジュールも天気も落ち着くだろうから、 2日はゆっくり休んで、さぁ山に行こうと張り切っていた。 ところが又しても大気の状態が不安定だという。 元来ビビりぃな私。 家で大人しくしようと洗濯物干してたら、 あらまぁ。いいお天気。 ついでに息子の布団も干しちゃおう。 よし。久々に金川の森をジックリ歩こう。 昨年の台風の倒木がそのままになってる池では、 草が茂り…

続きを読む

KASAIの国から、こんにちは

こんにちは こんにちは ダイサギさんに、 アオサギさん。 おぅホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)が居る。これはラッキー。 しかし、まぁ9月になったというに真夏のような暑さじゃんか。 仕事がお昼からだって言うから、散歩に来たんだが少し後悔。 蝉時雨ゴイスー。しかも、クマゼミ居るし。 アブラゼミなんか数え切れない程、そこら中で鳴いてるし。(もちろんミンミンも) ヤ…

続きを読む

♫処暑に 少々 諸ぅ事の事情♪2番

ええっとドコまで書いたんだっけ。 とにかく一歩歩いて花を撮り、二歩進んでは蝶を眺め、三歩進んで二歩下がる。 コウリンカめっけ。 ツリガネニンジン。 マツムシソウって完璧な造形だよなー。 そういやロープの中に踏み込んだ跡が沢山あるけど、 そんなことしなくても、いっくらでも撮れるのにねー。 自己中なのは熟年カメラマンが多いね。若い子はマナーいいもんな。 …

続きを読む

♫処暑に 少々 諸ぅ事の事情♪

タイトルはもちろん「How manyいい顔」のメロでお願いします。 処暑は先週でしたけど。 さて、8月最後の空き日。 目覚めて空を眺めたら、天気予報で言うほどは悪くなさそうだ。 ただ今年は…いゃもう毎年かも…いつでも大気の状態が不安定だから、 予定がたたない。むう…まぁお昼までは大丈夫そうだから、乙女高原に行くかな。 クルマユリと見紛う如くのコオニユリ。 青空に映えるねぇ。 …

続きを読む

夏と秋の隙間

夏の野外仕事を一山二山と、やっとこさ半分乗り越えた。 さぁ天気予報もよくないし、貴重な休養日を過ごそうと決め込んで、 ゴミ出しからの洗濯終えて、あらっ青空出とる。 雨雲レーダー見てみたら午後3時までは大丈夫そうだ。 なら、行くでしょ。新道峠に。 着いたら、そこにはアサギマダラが舞って待っていた。 時刻は11時15分を回ってる。 何故かと申しますと、芦川からの道が工事で通行止めだ…

続きを読む

残暑ナンザンショか

御盆の間に仕事が全くないのは、初めてだろうか。 迎え火は焚けたけど、山の天気は荒れそうだったので、 (まぁ御盆に山に入るのも躊躇えたし)何処にも出かけはしなかったが、 盆地では、時折晴れ間も覗いたので、13,14,15日と庭仕事に精を出した。 あ〜スッキリすっきり。 台風の余波を引きずった16日はお昼近くになって、やっと明るくなってきた。 さて、金川の森にでも行こうか。 ギボウ…

続きを読む

御盆

広島・長崎の原爆忌を今年も敬虔な気持ちで過ごし、 立秋も知らないうちに過ぎてしまい、 週末、やり甲斐のある仕事を頂いて感謝する。 台風直撃の可能性もあり、危ぶまれたが、いわき市まで車を走らせて、家内の実家の御墓参り。 西日本の方々申し訳ない。 翌朝、足がつって悶た。 けれども、何があっても生きていることは素晴らしい。 ありがたい、ありがたい。と唱えながら暇ができると散歩へ。 藤垈…

続きを読む

櫛形山・アヤメ平へ 後編

さぁアヤメ平に向かって少し下る。 センジュガンピや。 え〜とトリアシショウマかな それともハナチダケサシかな。 アヤメ平の食害保護柵の中はクガイソウで溢れていた。 そこにアキアカネもや、 コチャバネセセリかな…来てる。 いろんな花が入り混じって 華やかだなぁ。 ぉシュロソウだ。 ホソバノキリンソウかな。 あまり見たことのな…

続きを読む

櫛形山・アヤメ平へ 前篇

長梅雨のお蔭で、すっかりなまってしまった心身のリハビリが、 新道峠・乙女高原と連日の山歩きですんだので、 ちょっと高い所まで足を延ばそうと思う。 さて、単独なら、甲斐駒とか八ヶ岳もいいんだけど、 息子くんと一緒だったら、不安がある。 う〜ん。大菩薩とか、乾徳山とか、瑞牆山も考えたんだけど、 一番雷雨にあう確率が少ないと思われる櫛形山に行くことにした。 しかも、一番お気楽な池の平駐車…

続きを読む

夏空と君と蝶と

それでは乙女高原の昆虫たち、主に蝶を。 まずは歩きだしてすぐに、 クガイソウに来ていたコチャバネセセリ…と思う。 息子(そうそう今日も一緒)が見つけたのは ヒメシロコブゾウムシ。珍しい奴みたい。 こいつ芋虫見つけるのがスゴく得意みたい。 でも、何の幼虫だか分からないよ。 ヨツバヒヨドリにヒョウモンチョウ。なにヒョウモンだろ。 う〜ん角度が悪くて難しいが… 羽の表…

続きを読む

夏空と僕と花と…

寝苦しい…っていうか眠れない夜。汗ばんで目覚める。 しかしまぁ雨模様よりマシなので、 暑いアツいとボヤくより、夏を満喫しようと乙女高原へ。 いやまぁ所が、いつものアクセス道が塩平から上が通行止めになっていた。 もっと早く看板でも出しといてくれよー。 で、大迂回して1時間近くのロスタイム。 シシウドが咲き出してた。盛夏だね。 ヒヨドリバナも咲いている。 こりゃアサギマダラも…

続きを読む

夏を謳歌出来るか

新道峠続き。 今年はアサギマダラにサッパリ会えなかったので、ほんと心配していた。 乙女高原然り、苗場然り。 芦川からすずらん群生地の上の林道を走っていたら、 道路っぱたに咲く、ヒヨドリバナやイケマ、クガイソウにとまっているのが見えたから、 しっかり帰りに観察しようと思ったの。さ。 さっそくイケマに来ているねぇ。 イケマは幼虫の食草でアルカロイドを含んでるから寄って来るよね。…

続きを読む

暑中見舞い代わりに

やっと夏がやって来た。 ちょっと暑すぎるが僕は雨続きより良いと思う。 大気の状態が不安定で、毎日夕立の心配をしているが、 とりあえず山歩きも午前中は大丈夫だろう。 雲が厚くて眺望は期待できないが今日は新道峠へ。 おぅコウヤボウキが咲いてる…が、 ありゃお目当ての花が影も形…ぁ蕾はあった。 当てが外れたなぁ。 峠に上がって南に少し歩く。 マルバダケブキがちょっと開いて…

続きを読む

夏を取り戻せ

と云う意気込みで、 午後から所要なのに金川の森へ。 もう、ちょっとでも時間があったら歩きに行きたい。 おーでかいキノコだ。 ホコリタケの仲間なんだろうが、オニフスベ程ではない。 あ〜やっとキツネノカミソリが咲いた。 ギボウシも咲いた。 そこへクマバチが来とる。 なんとか季節の遅れを取り戻そうと必死。 ノカンゾウもあった。アブラムシが凄いのでアップにはしな…

続きを読む

夏始まるも極端

ようやく梅雨が開けて、 やっと落ち着いて散歩が出来るようになったと思ったら、 暑すぎる。今度は暑すぎる。 そんな訳で、まずは藤垈の滝。 オオムラサキが居るとしたら此処。 ミヤマ君も可能性が高いし、ひょっとしたらサンコウチョウも。 はい、ひょっこりウスバカミキリ。 ありゃ〜期待に反して何も居ない…カナブンは居るか。 ぉ息子がコクワを発見。背の高さが違うからか。 カナブンが…

続きを読む

FUJI ROCK2019

今年も、ありがたいことに声を掛けて頂き苗場へ。 仕事の話はさて置き… ヨツバヒヨドリ咲いていたのだが、 いつもなら舞ってるアサギマダラの姿は全く見えず。 幼虫の食草のイケマもあるのに不思議やねぇ。 代わりといっちゃ何だがネジバナが多く咲いていて、 赤トンボが多い。いつも居るけどね。目立つ。 アキアカネだろうけど。 ヒメギスがいっぱいいるなぁ。 悪…

続きを読む