甲斐の国から2010

 昨夜は「森のラブレター2」の
「北の国から」のダイジェストを観ただけで、涙ぐんでしまった。
いやはや、呆れるやら、ほっとするやら。
 呆れたのはイイ年こいて、恥ずかしいのと(一人だった)
ほっとしたのは、自分の心根がまだ枯れていないなと思ったからだが・・・

 最近、思うところあって 
倉本聰先生の著作を探しまわっては読みあさっていて感ずる。
1982年の「北の人名録」と 2009年の

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

 の間に、考え方に一分のずれもない。
昨晩の国分太一君に話す言葉と、30年前のエッセイに心の軸のぶれがない。
 「北の国から」と「風のガーデン」に吹く風に温度差がない。
倉本聰は我が身を持って体験した。本当を語って来たのだなぁ。
なんで、今まで俺は気づかなかったのだろう。
 まだ、間にあう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • もっち

    甲斐に立つセキレイさんちの純クンとかなり元気めな蛍ちゃんによろしくです。
    2010年01月10日 17:01
  • 甲斐に立つセキレイ

    もっちさん、ありがとうございます。
    娘はともかく、息子はいろんな意味で
    純君のようだ・・・少し心配。
    2010年01月11日 20:33

この記事へのトラックバック