君の面影もういちど。

懸想わせぶりなタイトルだが、
スズラン(君影草)に、もう一度会いに行ったってだけの話。
諸般の事情あって、帰省している息子くんも一緒。
画像

すずらん群生地に着いて、車を降りたら、
耳を覆わんばかりの、エゾハルゼミの大合唱に包まれた。
画像

売店の前の松の木に四匹の脱殻を見つけた。
画像

これも季節が進んだ証。
画像

スズラン、一番見頃ではないかいな。
画像

すずらん祭りから、かれこれ二週間以上がたっている。
画像

祭り関係者は、さぞや臍を噛んでいることだろうが、
画像

まぁそこはそれ。
画像

自然が相手では致し方ない。
画像

画像

その鈴蘭以上に目立っていたのが、
画像

ギンラン。
画像

画像

ササバギンランと両方あるね。
画像

画像

すずらん保護の柵やロープが張ってあるために、
画像

全てには近づけないけれど。
画像

うん。なかなか良いものも撮れた。
画像

画像

画像

こんなに大きな株、初めて見た。
画像

画像

マイヅルソウはヤッパリ少ない。
画像

画像

画像

チゴユリはそこそこかな。
画像

毎年もっと密度が高いと思うんだが、
画像

仕方ないね。
画像

画像

ツルシロカネソウは、
画像

綺麗に開いていた。
画像

晴れるとイイね。
画像

スズランより、こっちの方が僕は好み。
画像

おそらく此処を訪れた方の99%は気付かないでいただろう。
画像

ソレデイイノだ。
画像

画像

他にはキンポウゲは相変わらずで、
画像

画像

イカリソウはだいぶ減っていて、
エゾノタチツボスミレは、まだちょっとあって。
画像

クサボケも咲いていて。
画像

フデリンドウが殆ど見えないのが残念だが、
画像

ラショウモンカズラや、
画像

アマドコロは…ありゃホウチャクソウだ。
画像

群生地の入り口付近にあったヤマクワガタ。
画像

あ~ベニバナイチヤクソウは見当たらなかったな。
もう少し時期が後なんだろう。
ありゃ草臥れたフウロソウが一輪。グンナイフウロかしら。
画像

クサタチバナは綻んではいたが、もう一息。
画像

ヤグルマソウは勿論未だ蕾。
画像

この白い花を付けた木は、なんだぁ。
画像

どうやらミツバウツギらしい。

もうひとつのお目当てはアサギマダラだったんだけど、
一頭ひらひらと舞っていて、
あ~~~~~っいた~~~~っ。て想わず叫んでしまったが、
何処へと去ってしまった。
途中白樺にも、エゾハルゼミの脱殻多数。
画像

例によって足元から声が聞こえるが、見つけられなかった。
画像

これはコメツキムシか。オオクロクシコメツキ。
画像

この芋虫は、わかんないな。
ツマキチョウの幼虫に似てるけど。
画像

帰り道、車道にボロボロになった
アサギマダラを見つけた。
画像

実は来る時に既に、道端に落ちてたのを確認してた。
折角長い旅路の末に辿り着いたのにねぇ。
どうしたんだろ。力尽きて車にでもぶつかったのか。
鳥に…っていっても毒あるからねぇ。
残念だったねぇ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック