櫛形山・アヤメ平へ 前篇

長梅雨のお蔭で、すっかりなまってしまった心身のリハビリが、
新道峠・乙女高原と連日の山歩きですんだので、
ちょっと高い所まで足を延ばそうと思う。
さて、単独なら、甲斐駒とか八ヶ岳もいいんだけど、
息子くんと一緒だったら、不安がある。
う〜ん。大菩薩とか、乾徳山とか、瑞牆山も考えたんだけど、
一番雷雨にあう確率が少ないと思われる櫛形山に行くことにした。
しかも、一番お気楽な池の平駐車場からにしよ。
丸山林道を走っていたら、途中車に轢かれたと思われる小動物の死体を発見。
降りて確かめる。
P8060001.jpg
(クリック大きくなるから苦手の人注意してね)
テンだなぁ…合掌して端に寄せた。
広島の平和式典を見て黙祷してから家を出たので、
到着は10:30になってしまった。車中♫広島の空を聴く。
ノンビリ山登りなんて、平和な時代に感謝しかない。
登山道に入ってすぐにシモツケソウが点々と現れる。
P8060003.jpg
クリンソウも咲いていてキバネセセリ(かなぁ)とまってる。
P8060005.jpg
おぉ。白く可憐な花が咲いている。センジュガンピか。
P8060007.jpg
日当たりの良い稜線にでたらミヤマバイケイソウ群落…が、
殆ど穂先が食害にあって枯れている。鹿だろーなー。
辛うじて免れたのを探して撮る。
P8060008.jpg
近づいて降りて撮って登りかえす。
P8060009.jpg
登山道へ戻ったら、そこに、もっと綺麗に咲いてるのがあった。
P8060010.jpg
なんてこった。でも、嬉しいよ。
P8060012.jpg
ぉポツンとオオヤマフスマ。
P8060013.jpg
ヤマオダマキも咲いている。
P8060014.jpg
グンナイフウロ(多分)も出てきたぞ。
P8060015.jpg
マルバダケブキもポツポツ咲いていた。
P8060016.jpg
P8060018.jpg
ダケカンバの巨木が多いなぁ。
P8060017.jpg
息子も感心すること仕切り。
P8060019.jpg
おぉ。これは鹿の角の研ぎ跡かな。
P8060022.jpg
ひらひら日陰蝶が舞ってる。
P8060020.jpg
えっと…
P8060029.jpg
ウラジャノメでいいかな。
P8060024.jpg
オトギリソウが咲いてる。ミヤマオトギリかな。
P8060025.jpg
まだ咲いてないがコウモリソウかな。
P8060026.jpg
息子が気に入って座っているのは頂上付近にあった、
多分カラ松。カラ松がこんな大木になるんだねぇ。
P8060028.jpg
この曲がりくねったカラ松は凄いね。
一度雪か何かで折れかけて下向いて、また這い上がってきたんだね。
逆境に負けちゃいかんね。
P8060036.jpg
そうだ前回秋口に来た時、ここらでルリビタキに会った。
今回も青い鳥影とゲロゲロいう声は聞こえたんだけど追えなかった。
代わりといっちゃ何だが、近くに来たコガラを一枚。近すぎだけど。
P8060033.jpg
終始、富士山には雲が掛かって姿は見えず残念だったが、
P8060037.jpg
甲府盆地、白く霞んでいる。周辺は入道雲に囲まれている。
少しねずみ色の雲が出てきたけれど、なんとか天気はもってくれそうだ。
P8060038.jpg
さぁ、裸山とアヤメ平どちらを先にしようか迷ったが、
少しでも明るいうちにアヤメ平に行きたいな。
いざいざ。後半に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント