泰然自若でありたい

泰然自若:落ち着いていてどんなことにも動じないさま。

心の内はかなり動揺している。
親戚の某フリーアナウンサーも感染してしまったようで心配。
親も心配だが会いに行く訳にもいかない。
自分なりに、今出来ることは何かと自問自答する。
いざ始めようとすると、どう手をつけて良いか分からない。

笛吹市は御坂の檜峰神社へ今年も花探し。
道行き桜が咲いていなくて、あーこりゃ早かったなと想う。
ヒナスミレだ。これが咲いてるってことはヤハリ早かった。
P4230001.jpg
ごくノーマルなタチツボスミレ。でも嬉しい。
P4230003.jpg
カタクリもあった。いつもよりかなり下のエリア。
P4230002.jpg
流石、早春の妖精。
P4230005.jpg
透明感のあるピンク色が清しい。
P4230006.jpg
P4230008.jpg
時折冷たい風が吹き抜ける。
P4230007.jpg
上手く風を避ける場所に咲いているなぁ。
P4230009.jpg

ここで息子君(また一緒かよ)が、ある発見。
ちょいと苦手な方もいるかもしれないので頁末で。

P4230011.jpg
親父はカタクリに夢中でまるで気付かず。
P4230012.jpg
再びヒナスミレ。
P4230014.jpg
これは葉が後から出てきているから、アケボノスミレかな。
P4230015.jpg
P4230016.jpg
P4230017.jpg
またヒナスミレだ。エイザンスミレが見当たらないなぁ。
P4230018.jpg
ヒトリシズカも出たばかり。
P4230019.jpg
早かったのは確かだが、
今日来たから、このカタクリには逢えたわけだよな。
P4230020.jpg
そう言った意味では、どういう目線で時間を捉えたら良いか、
P4230021.jpg
季節感ってどう云うことなのか再考の余地ありだな。
あーあったよエイザンスミレ。
P4230022.jpg
よく見れば蕾や葉っぱはあるんだよな。
一週間か十日で季節は驚くほど進むからね。
およよ。クルミの殻が沢山落ちてるよ。
P4230025.jpg
きれいに半分に割れている。誰の仕業かな。集めといて食べたのだろうか。
P4230026.jpg
扠と峠までは行くつもりもなかったので、作業道から周って下りますか。
P4230027.jpg
ポツポツとカタクリだけが咲いている。
P4230028.jpg
山道を下っていくと季節が進んでいく。
P4230029.jpg
P4230030.jpg
アケボノスミレがまとまって咲いてた。
P4230031.jpg
春は曙。
P4230033.jpg
P4230034.jpg
P4230035.jpg
P4230036.jpg
P4230039.jpg
こっちはアカフタチツボスミレかな。
P4230032.jpg
P4230040.jpg
これはヒナスミレか、ゲンジスミレか。
P4230037.jpg
葉の裏の色を確かめたが…微妙だな。
P4230038.jpg
おーエイザンスミレもあった。
P4230041.jpg
毎年この辺に咲くんだよなーって見当は付けていたが、
P4230042.jpg
逢えると嬉しい。
おっとこいつはどうだ。
P4230043.jpg
葉の裏がハッキリ紫だ。ゲンジスミレだね。
P4230044.jpg
境内まで下りて参りました。
ミヤマネコノメソウ以外は目立ったものはなし。
P4230046.jpg
ミソサザイの声も聞こえないからもう帰ろう。
途中の渓流沿いに花探し出来る場所があるから、そこには寄っていこう。
P4230054.jpg
ツルネコノメソウが飛沫を浴びていた。
P4230051.jpg
此処に居るとキット免疫上がるな。
P4230049.jpg
猛毒の代名詞ハシリドコロは咲いている。
P4230055.jpg
P4230062.jpg
ヤマエンゴサクもあった。
P4230047.jpg
エイリアンの集団。未だ数は少ないな。
P4230063.jpg
おーヒゲネワチガイソウ。
P4230056.jpg
ミヤマネコノメソウも。
P4230057.jpg
ミツバコンロンソウか。蕾だ残念。
P4230058.jpg
足元をよく観たらユリワサビ。
P4230059.jpg
P4230060.jpg
沢山咲いてた。
P4230061.jpg
気付かずに踏みそうだった。
P4230065.jpg
お目当ての一つエンレイソウよ〜くよく探したが、芽しか見当たらない。
P4230064.jpg
残念だけど諦めて帰ろう。
車に乗り込んで走りかけたら、眼の端っこエンレイソウらしき姿がチラリ。
探してたのと反対側の渓流と反対側。念の為確かめるか…
P4230066.jpg
エ〜〜〜ッ咲いとる〜。
諦めていたのに、神様が其処にそっと置いてくれたみたいだ。
感謝感謝。山川草木悉皆感謝。じゃ帰るか。
暫く走ったら…ん、左の車窓に白い何かが点々と流れてく。
バックバック。
P4230070.jpg
ありゃ〜ミヤマカタバミだ。
P4230068.jpg
P4230071.jpg
ここで出会えるとは。今まで何年も気付かなかった。
P4230072.jpg
草木国土悉皆感謝。
では、ついでと云ってはナンですが、
毎年桃の花と菜の花を楽しみに訪れている場所に、
オドリコソウが沢山あるので、咲いているか観ていきます。
P4230074.jpg
やぁ今季はいつもにも増して多く咲いている。
P4230077.jpg
P4230076.jpg
ここは例年より暖かいんだろか。
P4230075.jpg

では、此処から下は、山の中で見付けた
カモシカの死体の画像がありますので、見たくない人は見ないでね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
息子「父ちゃん、足がある」
私 「はぁ…足…」
息子「脚だよ。ホラ何で気が付かないの」
P4230010.jpg
おーカモシカの脚だ。蹄が生生しい。
私 「熊が引っ張ってきたのかなぁ。近くに熊居るかもしれないから注意しよう」
息子暫く眺めてる。私、カタクリ探し撮影。
息子「とぅ〜ちゃ〜ん、何で見逃したんだろ。全身ある」
P4230013.jpg
おぉ。髑髏の角がカッコイイぜ。
此処で息絶える原因が見当たらないので、
何処かで滑落して弱る〜熊が捕食持って来て隠す〜狐や狸もホジくる、鳥も来る〜
ウジが湧いて、それを又食べに来るのもあって〜。そんなとこかな。
酷い汚いって感じる人もいるかもしれませんが、
これが生命を繋ぐってこと。
綺麗事だけじゃ自然は語れません。ね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント