ところが実に偶然というのは恐ろしいもので

今年は色んなものが壊れる年回りのようで、浄化槽の蓋が割れ、清掃もした。
そして、金がないから後回しにしていた、
予てからの懸案であった(少しオーバー)、便所の換気扇と浄化槽のブロワーの交換をした。
こんな時に限って金が出ていくが掛かるものは仕方がない。
さぁ。あとチョット、もう少しだと、自分を鼓舞して歩いて行こう。
で、今日はウメガサソウの様子が気になったので、お馴染み藤垈の滝へ。
P5300002.jpg
残ぁん念ぇんでした。ジェンヂェン咲いてない。
そこでまぁ例年ならクワガタくらい出ていてもいい時期なので、
見回りするが樹液が出ていない。居たのはスズメバチだけである。
一山奥からホトトギスの声が聴こえる。
こっち来ねぇかな。
あっ何か来たっ。って思って撮ったらヒヨであった。
P5300003.jpg
でも、意外とシルエットが格好良かったので掲載。
ホトトギスが近づいてきて、頭の上で鳴いたが、
梢に隠れて全く見えん。諦めて河原へ降りる。
今日は土曜だからか、工事お休み。
ありゃ。見慣れん蝶がおる。
P5300010.jpg
かなり大きなタテハチョウの仲間。最初アサマイチモンジかと思ったが、
よ〜く考えたらメスグロヒョウモンの雌であった。
此処で観るのは久しぶりだが、此処以外では見た記憶がない。
喜んで、脇を眺めたらゴマダラチョウが居た。
P5300018.jpg
絶賛吸水中だが、もしやアカボシではあるまいか。
P5300022.jpg
これは純国産ゴマダラチョウと信じたいが、
春に発生するアカボシゴマダラは、
赤斑が出ないことも多いらしく判別が難しいそうだ。
横の岩の上でペッタンと休んでいるのは、
シオヤトンボかな。小さいしズングリしてるし。
P5300033.jpg
コミスジや、
P5300035.jpg
鮮やかな色のタテハチョウが舞うが、動きが早く追えない。
川の向こう岸に大きな白っぽい蝶が飛んでるのが見える。
あぁ何か鳥が藪に飛び込んだ。どうせヒヨドリだろうけど、巣があるのかな。
P5300038.jpg
帰ってよ〜く観たら、顔つきや体色がホトトギスっぽいような…。
カッコウかも…ん〜もしかして托卵してるところか…
自信ないなぁ…やっぱヒヨかなぁ。もう少し粘って撮ればよかったなぁ。
足元にコジャノメが飛んで来た。
P5300043.jpg
じゃあ向こう岸の蝶が飛んでた辺りを回って帰ろうかな。
卯の花が咲いてんじゃん…ぉダイミョウセセリだ。
P5300044.jpg
おぉ。これはアサマイチモンジだね。珍しいね。
P5300051.jpg
あ〜さっき見えてたのはコイツだな。
これはアカボシゴマダラの白化したのに間違いないね。
P5300056.jpg
いゃいや。今日はウメガサソウ観に来て、
思わぬ収穫と言いますか、
色んな蝶に出会えて嬉しかった。ホトトギスの声も聴けて満足。
ヘビイチゴが鮮やかに実る季節。梅雨も間近…かな。
P5300065.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント