芒種にササバギンラン祭り

今年は各所いろんなお祭りが、
新型コロナウイルス感染症の影響で中止になってしまった。
此処芦川町のすずらん群生地でも、
先月末に予定されていた「すずらん祭り」が中止。
ただその時に様子を観に行ったら、スズランは殆ど咲いておらず、
こりゃ、もう一度来なきゃいかんな。と思った次第。
作業道の路傍に小さいチゴユリが咲いてた。
P6050001.jpg
こりゃ良い時に来たんではないか。
マイヅルソウもある。
P6050002.jpg
おぉすずらん群生地に入る前から、
P6050003.jpg
なかなかエエじゃないですか。
P6050004.jpg
扠。お邪魔します。ぁササバギンラン。
P6050007.jpg
あらコッチにも。
P6050009.jpg
アッチにも。
P6050010.jpg
ギンランが良い感じってことは
大概スズランは終わってるんだが…。
P6050011.jpg
次々と出てくるなぁ。
P6050012.jpg
すずらん群生地の中でも場所によって結構差が出るのでね。
P6050013.jpg
あぁ保護ロープの中にもチゴユリ、未だ咲いてるな。
P6050014.jpg
マイヅルソウも、
P6050018.jpg
ここまでザックリ云うと群生地の中段。
キンポウゲとシロバナヘビイチゴもある。
P6050019.jpg
最上部へ上がったらクサタチバナが開いていた。
P6050020.jpg
これだけ見ると平年並みかな。
P6050024.jpg
P6050025.jpg
フタリシズカは未だだったが、マイヅルソウは咲いてる。
P6050021.jpg
草丈が高いのは平年並みだが、低いのは遅いって感じか。
P6050026.jpg
イカリソウは残ってるもんな。
P6050027.jpg
P6050046.jpg
P6050047.jpg
キンポウゲみっしり。
P6050053.jpg
エゾノタチツボスミレもチラチラ咲いていた。
P6050034.jpg
薄紫のや、
P6050035.jpg
P6050043.jpg
白いのも。
P6050055.jpg
中段のやや下では、スズランが咲いていた。
P6050028.jpg
数は群生ってほど多くない。
P6050029.jpg
咲いた時期にバラつきがあったみたいね。
P6050030.jpg
P6050041.jpg
P6050042.jpg
先週なら一面のスズランが観られたかもしれん。
P6050044.jpg
P6050057.jpg
下の方にもササバギンランは沢山咲いていた。
これ珍しく蘭っぽく花が咲いてる。こりゃ良いわ。
P6050031.jpg
まとまって咲いてるのもあるが、
P6050033.jpg
保護柵の奥で、ちょっと近づけないのに限って、
P6050036.jpg
良いのがあるなぁ。奥の二株見えないよなー。
P6050038.jpg
あ。これは近い。
P6050039.jpg
P6050040.jpg
P6050045.jpg
P6050060.jpg
う〜ん。差詰、ササバギンラン祭りだ。
P6050050.jpg
P6050051.jpg
おぉ。フウロソウ(カイフウロかな)が咲いてる。
P6050048.jpg
クリンユキフデもあった。
P6050062.jpg
う〜〜〜む、花の咲き方が何か変だな。
順番なくいっぺんに咲いたみたい…。
そうそう。エゾハルゼミが煩いくらい鳴いていたけど、
全然見つからなかった。いつもなら、地面に落ちてきたり、
もっと低いところにも居るんだけどな。
落っこちてた脱殻一つ見つけただけ。
P6050016.jpg
そういやミソサザイ見かけたけど、アオバト、ツツドリの声も聞こえなかったな。
アサギマダラは2〜3頭とすれ違った。
ここにはアサギマダラの好きな草がないから、通り過ぎちゃうけどね。
じゃ、ドンペイ峠通って御坂へ林道走行って帰ろう。
ヤマツツジが見事だな。
P6050063.jpg
おっ鮮やかぁ〜。タニウツギかと思ってたが、
フジベニウツギだろうか。
P6050064.jpg
ツクバネウツギかと思ったらタニウツギの白花だな。
P6050065.jpg
途中、若いカモシカが飛び出して来た。危なかった。
昨年は子熊が居た所。
御坂へ出る前の路傍にヤマオダマキが見えた。
P6050066.jpg

今日は二十四節気の 芒種 であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント