木ノ葉舞い散る如く時は流れ

厳しい残暑が続くけど、八月も後三日でお仕舞い。 九月になったら、何か少し変わる気がする…いや変わるのだ。 昨夜も寝苦しくて、気持ちの立ち上がりが悪く視界がボンヤリしているが、 エイッヤっと気合を入れ直して身体を動かしに行ってみる。 近所の小川では今日もミシシッピアカミミガメが甲羅干し。 あんなに伸び上がって何かを狙っているのだろうか。 あ〜オナガが編隊飛行して来た。糞暑いのに喧し…

続きを読む

皆んなぁ愛しあってるか〜い

どうやら昨夜は呑み過ぎたようだ。 宿酔いで頭が痛くなる体質ではないのだが、 どうにも胃の腑がモヤモヤしている。 気持ちがいつまでも起き上がらない。 途轍もない徒労感が襲って来るのを、無理矢理振り払って動いてみる。 いつもの散歩場所のスタート地点。 植込みがヤブカラシで覆われている。 そこにマメコガネのカップルが1,2,3,…沢山。 営み、あぶれた雄が寂しそうに蠕く。 …

続きを読む

処暑は残暑ザンショ

23日は二十四節気の処暑でありました。 そろそろ暑さも収まってくる頃との意味合いですが、 どうして、どうして全くその気配すら感じません。 そんな中、愛宕山に仕掛けてあるセンサーカメラのチェックに、 お仲間のお尻に付いて、のこのこ歩いて来ました。 おー水路の縁に、 ヤブキリ居ったげな。 その横にアオクチブトカメムシが。 ヤブキリ、これを襲うところだったのかな 。 ありゃ…

続きを読む

熱中症アラートニモマケズ

まさか宮沢賢治も、 こんな世の中が来るなんて想いもしなかったろう。 今なら宛ら、 豪雨ニモマケズ 竜巻ニモマケズ 新型コロナウイルスニモ猛暑ニモマケナヌ丈夫ナカラダヲモチ てな感じだろうか。 私も気持ちの浮き沈みが激しくて心身共に不安がいっぱいだが、 そんな事も言ってられないので藤垈の滝へ。 と、その前に近所の小川を覗けばミシシッピアカミミガメが茹だっていた。 そりゃ幾ら…

続きを読む

猛暑来たりなば秋遠からじ

参った。全く参った。 連日の猛暑日。しかも夜になっても一向に涼しくならない。 こんな事は初めてだ。 正直もうメンタルが持ちそうにない…いろんな意味でね。 金川の森にツリガネニンジン咲く。 夏休みだけど熱中症アラートが出てるから、 家族連れ居ないんじゃないかと思って来たが、 どっこい、そうじゃなかった。 ミスジチョウは結構翔んでいる。 アザミも暑さを避けて咲いてる。 …

続きを読む

盆支度

暦の上では秋って前回は書いたけど、 それは旧暦の節季を、今のカレンダーに当てはめただけの話。 おかしなもんで、お盆は旧暦で行う。その方が季節感にそぐうからなんだろう。 だから、暦の上でも、夏なんだよ。それでイイのだ。 藤垈の滝はヤブランが盛。 例によって空蝉付きの藪蘭も、 其処此処に。 あら。いつもこの樹では、クワガタなんて見かけないんだけど… え。何処ってアソコ…

続きを読む

今は、もう秋…のはずだけど

気付いたら立秋過ぎていた。 暦の上ではあるが残暑の候。 う〜〜〜んなのに、この暑さはなんだ。 熱中症アラートってのが出ていて原則野外活動は謹んで下さいとの事。 だが、虫は待ってくれない。 例の春日居のオオムラサキわんさかの枝を観に。 あいも変わらずの賑わいだが、 遠いとツマランな。贅沢だとは思うけど。 今年はオオムラサキの当り年だな。 おっと足元…

続きを読む

明けてみたら百花繚乱

お待たせしました。 八月四日 火曜日の乙女高原訪問記。 梅雨明けしたと思ったら灼熱の太陽が輝いて猛暑。 扠、草花の様子はどうでしょう。 キンバイソウ咲いていた。 コオニユリ。あ〜向うから翔んで来てるね。 何かは前回の記事で読んでね。 オオバギボウシ。 ヒメトラノオ。 オミナエシ。 タチフウロ。 シモツケ…木の方ね。 ノコギリソウ…

続きを読む

欣喜蝶躍

梅雨が明けて、さぁ山に行くぞ。って張り切ったが、 此処数年例によっての「不安定なお天気に注意」である。 でもね。アプリの降雨予報と自分の感。 どちらを信じるかって…自分でしょ。 で、2ヶ月ぶりの乙女高原へ。 途中、焼山峠過ぎた所で、車窓から見えた…。 おぅわスゲ~。ヒョウモンチョウだらけ。7頭以上居るわ。 ミドリヒョウモンに、 えっと…奥のは何ヒョウモンだ。 皆…

続きを読む

梅雨が明けたら…

嗚呼。 長かった梅雨がやっと明けた。 コロナ禍相俟って鬱屈してたけれど、 ようやく前向きに物事を考えられるようになった。 藤垈の滝で、そろそろアレが撮れるかしら。と、行ってみる。 ウバユリが咲いている。 足元にミズヒキ。 ミズヒキを眺めてたら、毛虫がついてるのに気が付いた。 帰宅して調べたらヒメシロモンドクガ…毒蛾ッ。 ビビったが毒は無いらしい。じゃ何でドクガ。 …

続きを読む

夏愛し

ハイ。お約束通りのイトシ・コイシです。  閑 話 休 題  やっとどうにか梅雨明けに目処が立ったというか、 久しぶりにお天道様に向かいあった。 陽の光を浴びたら、落ち込んでいた気持ちが前を向いた。 で、勇んで散歩へ。 駐車場に行く途中の小川でよく亀さん(大抵スッポン)を見かけるんだが、 あ〜今日のはミシシッピアカミミガメであった。残念。 午前中の用事を済ませて金川の森へ。 …

続きを読む