横濱感傷散歩

 twitter、Facebook既報通り約20年ぶりに「神奈川県民ホール」へ出かけた。 もちろん人生の師匠に会い、仕事の心の師に学ぶ為であるが、 横浜は自分のいろんな意味で原点であるから、この際だから、いろいろと巡ってみたい。  まず「桜木町」で下車。海側はすっかり賑わっているがそれには目もくれず山側へ 「紅葉坂」を登る。ここらあたりは昔は浜の文化の中心地だった。 掃部山公園をぶ…

続きを読む

あせらない

 あせらない    行けるものなら心ある方なら誰でもすぐに駆けつけたいいはずだが とにかく情報は錯綜しているし、まだ二次災害の恐れもある。  自分にできることはなにか非被災地の人間は 熱い想いを胸に冷静に判断しよう。必ず僕らが必要になる日が来る。  いま直ぐには無理に決まっているが、 思いっきり涙を流して、そして笑顔になれるように 今は祈ろう。   「道化師のソネット…

続きを読む

予感+その2

 今ツアーの巨匠フューチャーは、年越しや国技館で倉田さんとやった曲。 倉田さんには悪いかもしれないが、この曲はKeyよりやっぱりAGが良い。 しかも、巨匠の音色が渋々で生っぽいのが染みる。 さだまさしウィークリーカレンダー 2011年版エニー さだまさし Amazonアソシエイト by  そして、元祖ドラマチックマイナーで今度は石川さん一転艶々。 この曲に出会わなかっ…

続きを読む

予感+ その1

 例によってセットリストは出せないから、ボカした感想です。 さだまさしウィークリーカレンダー 2011年版エニー さだまさし Amazonアソシエイト by オープニングはまさしさんのツアーでよくある、前回の締めで始める。  この曲はやっぱり石川鷹彦巨匠が+されるといいなぁ。  前半グレープ時代の曲が多くて感激。 石川さんが入ったことで、まさしさんのVLが増えてこれも…

続きを読む

生田緑地パート5

 梅園の上はすぐゴルフ場。 高校生の頃、学校に行く前にここでギターをかき鳴らし歌ったことがある。 時折散歩するおばさまが通りかかって気まずかった。 さぞ迷惑だったことだろう。  そこに偶然か、こんなベンチが出来ていた。  あの頃の歌はまさしさんのに限らず心に刻み込まれている。 ふと見れば木の芽も膨らみだして、  きちんと休眠を充分にとらないと花は綺麗に咲かないように、 我…

続きを読む

如月に白鳥座

 2月の声を聞き、ひとつ年を重ねるのだけど、少し焦っている。  そんな時に何と白鳥座のblog開設との知らせ。 郷愁だけでなく、しっかりしたAcoustic Soundをベースにしたchorusは 今の時代にこそ必要なのかもしれない。  個人的にはDENEBに収録された「川風」が聴きたい。 2007年のライヴには参加できたんだけど、2010年は行けなかった。 今年の4月のも多…

続きを読む

精霊流し

 昨晩、「今夜も生でさだまさし」を観て、 「精霊流し」を聴いて、 大切な人を失った悲しみは、時間と共に実感させられるものだと思った。  仏教でも、神道でも、自然崇拝でも構わないのだが、 期間ごとに(四十九日とか、七回忌とかね)故人を偲ぶことが 悲しみや想い出を、今現在一所懸命生きている人にとっての糧に昇華させるのに理に適っている。 いろんな意味で、「野辺送り」は大切なことだ。 …

続きを読む

3776回記念富士山 山中湖ライブ

 行って参りましたよ。野外はお祭り。 wowowで放送があるということなので、 曲目やトーク内容は、それまで伏せますが  オープニングは、嬉しい誤算でした。この2曲は好き。 3曲目にあの曲がきて、総立ちできてこれも楽しい。  定番メニューもNewアルバムからも良かったし、 当然このバンドメンバーならみんなで演奏すると思ってた曲が弾語りバージョン、 期待したあの曲もやってくれて、…

続きを読む

いよいよ明日。三千七百七十六回

 明日は渋滞に巻き込まれても困るので、 午前中から、山中湖交流プラザきららへ!うろうろしています。  散歩したり、なんか撮ったりしてるかもしれません。 気が向けばtwitterでつぶやいたり、つぶやかなかったり・・・します。  曲目は まぁopeningは「長崎小夜曲’90」だろうけど、  ツアーとバンドが違うから、 「予感」からはどれだけ演奏ってくれるかな?とも思いますが。…

続きを読む

気分転換

 また、更に日本がおかしくなっている。 広島の事件は、遥か過去に遠ざかり、 少年が少年と共謀し少年を殺す。  でも、それに蓋をするようにテレビは大相撲の賭博問題とワールドカップ。  何もなかったかのように。  それでも、夏は来る。7/17にはまさしさんが山梨に来る。 山中湖交流プラザきららにて、3776回の記念コンサートは 現在の「予感」ツアーとは、別メニューのはず。  ギタ…

続きを読む

予感

 アルバムの最後の曲でタイトル曲。 前奏を聴いて思い出すは、前々作「Mist」の♩霧~ミスト~ 歌い出しで ♩ONLY~薔薇園~ それから、 ♩記憶 ♩片おしどり 「ときめきを数えれば 悲しみが始まるから」は  ♩たいせつなひと の 「幸せと口にすれば 不幸せばかりが映る」に通ずる。 それが、♩人生の贈り物 か…

続きを読む

静夜思

 冒頭の「ゆうらりと~」がすべてかと思う。 本当に十三夜の月は、ゆらり ではなくゆうらり と昇る。  完全にまんまるでない、少し欠けたくらいが、 十六夜と共に、愛された理由だろう。 ギターパターンは、イントロから先に出来たのかな?  KeyがGなのに、Cmへゆく三十余年お得意のパターンが もう、たまらないの。    まさしさんの詩には、月が出て来るものが本当に多いな。 ざっ…

続きを読む

茨にもきっと花咲く

 12弦ギターの柔らかさが際立つこの曲。 八野氏のブログによると、フィル・スペクターを意識したという。 コピーしながら、稲佐山で聴いた弾語りの「長崎小夜曲」を思い出す。 それから、昨年のS&Gの日本公演で ポール・サイモンが12弦を多く使っていた事も。  未来を恐れるな!とはこのアルバムの基本コンセプト。 自分の信じた道を、胸を張って歩いて行けば良いのだ。  その足跡にささやか…

続きを読む

私は犬に叱られた

 まさしんぐワールド2010で聴いた時 周囲のお客さんは笑ってる人もいたけど、 笑えなかったんですよ。 (アッ笑った人可笑しいとか、違うとか言うつもりは毛頭ございません) まさに「もっともだ もっともだ」なんですよ。  大真面目ですよ。歌も演奏も歌詩も編曲も。  今、人間が叱られてるのは、犬だけじゃないんですよ。 虫も鳥も花も、みみずだって、おけらだって、アメンボだって ですよ…

続きを読む

冬薔薇

 スリーフィンガーの音の粒が実に綺麗だ。 1&3弦のオープンハイで純に降りてきて、 C→Em7→Am7から2&4弦のオープンハイで上がってくなんざぁ。 こんな小粋な技はなかなか無い。  渡辺俊幸さんのCelestaが控えめで絶妙のバランス。 ライブでやるとしたら、宅間さんのグロッケンJrか、ギターのハーモニッックスか、 ギター一本か、音数が少ない所で淡々と粒を揃えるのは容易ではな…

続きを読む

思い出暮らし

 もうね、いきなり肩をこうガッっと捕まれて、 次に、バンバン肩やら、背中から叩かれて、 しまいにゃ、頭迄小突かれて、最後に尻をぼ~んと蹴られて。  そんな励まし方、あるじゃない。そんな歌だ。  昨日、思い出に逃げ込んでいる自分に気付いて、 すごく、前向きになって、「たかだかの僕になれ」たのに 今朝起きたら、また思い上っている。 「後ろ向きの思い出暮らしにはまだまだ早すぎる」 …

続きを読む

つくだ煮の小魚

 古くからのファンは 「あっ、やっとできたのね。」という感じだろう。  5capのGで、更にイントロはオープンハイをスライドさせる。 水たまりに零れ落ちる感じが表現されていて素晴らしい。 ちょっと、「pineapple hill」を思い出すのは  G→A#dimに行くからかな。 他にもdimが効果的に挿まれてる、得意のパターンだけど、  ♩鰭も尻尾も折れていない&#…

続きを読む

何もなかった

 プロテストソング。 ポール・サイモンと伝統的英国の匂いを感じるのは僕だけか、 「2軍選手」も思い出すけど、 「ボクサー」や、「ポール・サイモン ソングブック」の色? 変則チューニングだからか?!  レコーディング ディレクター 八野さんのブログで D A D G A D のチューニングと知る。 自分で解らなかったことに少し落込む。 いわゆるオープンD、(ダドガドというらしいが)…

続きを読む

その橋を渡る時

 まさし版、Stand by Me だと始め思った。コード進行も同じだしね。 違うのは、子供から大人への橋ではなく、人生時々の橋だということ。 「毎日が分岐点」とは、昔からまさしさんが言ってきた事だが 「覚悟」といったのもが、これほど前に出てきたのは珍しいと思う。 そして必ず自分の人生で選択した者は、正しい方向に向かっているのだという 究極のポジティブシンキングに背中を押される。 …

続きを読む

片恋

 お馴染み、4カポのG、まさ進行といったコード。  片恋は恋の基本形と、 昔からまさしさんは、いろんな処で書いたり、言ったりしてきたと思うが いったい僕は何に片想いしてきたのだろう。と考えつつ聴く。  まず、音楽に仕事に片想い。風景や花や鳥や星にも、友人や親兄弟や子供達 もしかすると、家内にも、永遠に片恋なのかもしれない。  今迄、ずっとそれが悲しかった。 自分が注いだ…

続きを読む

HAPPY BIRTHDAY

4月10日はご存知 我らがさだまさしさんのお誕生日である。 そして、明日11日は加山さんの、ということで 座・ロンリーハーツ親父バンドDreamusic 2010-04-07 加山雄三とザ・ヤンチャーズ Amazonアソシエイト by  が良い! まさしさんの歌詩がよい! http://utaten.com/lyric/jb71004016参照。  俺、毎回涙ぐんで…

続きを読む

初体験は東京厚生年金会館

 昨日、49年の歴史に幕を降ろした、 東京厚生年金会館。  その公演数、第一位はやっぱり まさしさんの、174回だそうだ。  その内、私が参加したのは数えてみて驚いた 55回! 174分の54だから、約3回に1回の計算になる。  たしかに昔は年の前半のツアー、ワールド、後半のツアーと 少なくとも年に3回は厚生年金に通っていた時期があったし、  10周年、20周年の節目も4日間通…

続きを読む

まさか、泉谷で。

 昨晩、某局BS某で、 泉谷しげるが吼えていた。 (ゴメンナサイ!人生の先輩で、お仕事もご一緒させていただいたことのある方ですが、 ど~も、さん付けだと雰囲気が出ないので、敬称略で本当スミマセン。)  泉谷しげるは泣いていた。(と思う) 「加藤コノ~バカヤロウ!」とガナッテいた。 (加藤とは、当然他界された加藤和彦さんのことであるが) 忌野清志郎さんの事といい、加藤さんといい、…

続きを読む

押し迫って、また・・・

 今朝おきて新聞を開くと ジミー竹内さんが亡くなったとの報が、 79歳、聞けば10年前から療養中だったとのこと、  もう二十数年前の事、 まだ、駆出しのひょっこの私が、はじめて ラジオ番組の録音をさせていいただいたのが、  しばたはつみ&世良譲トリオのディナーショー だった。 それから、何度か、お仕事させていただく機会があり、 興が乗り始めると、ドラムセットのスタンドはおろか…

続きを読む

ジャンルって何だ?

 何を伝えたいか、 その魂の根っこを音楽と呼ぶなら、 ロック、ポップス、歌謡曲、演歌etc… ジャンルは只の方法論だ。 方法論は嗜好品だから評価は、三つ。  好きか、嫌いか、無関心。 無関心なら嫌われた方がまし。

続きを読む

日本のポップ&ロック大全集

 仕事の合間にチラリと NHK BS2でオンエアーされていた 日本のポップ&ロック大全集を見ていたら、  なんと、BUZZが生出演! そして、来年4月には、ニューアルバムを出すというではないか、  絶対、買う。  で、バブルガム・ブラザースの時に キイボードがDX-7だったのが、笑いを通り越して、  感激!  ハイ、そういう人です。

続きを読む

いまどき録画失敗とは、トホホ。

 ボクらの時代 さだまさし×服部親子を頭10分を見逃す。 少し落ち込む。  そんな中、「プロとは何たるか」について 服部家の言葉に、教えられる事は多い。 曰く、「どんな仕事に対しても手を抜くな」ということだろう。 プロの仕事は一瞬でも手を抜けばそこから腐る、 一カ所腐れば、全てがパー。 思い当たることも多く、胸が痛い。  明日は東京国際フォーラムAに赴き。 「心の師」と…

続きを読む

カポタスト

 今朝方、2時40分まで 「今夜も生でさだまさし~沖縄」を見ていたが 「しあわせについて」のKey C はないだろう。と  画面に向かって、突っ込む虚しさ・・・ オリジナルは Eでしょ、 で、普段ライブは3カポC(E♭)だったじゃないですか、 いくら深夜1時過ぎとはいえ、 う~ん!? まさか、小松さんがいないので、 カポ付け忘れたとか!? 別の歌に聴こ…

続きを読む

TVの縁も不思議なもので

 今朝、いつもより少し遅く起き、 あまり夢見がよくなかったため、テンションはかなり低め  いつもなら、決まっているチャンネルも 朝食とのタイミングがずれたので、ザッピングしていると  某公共放送に  服部克久先生が出演されていた。 服部克久ユニバーサル シグマ 2009-11-11 服部克久 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ  途中からであったが、アナウンサー…

続きを読む

THIS IS IT

  観てきました。 実は音楽性は評価していたけど、好みではないので、 初めは観に行くつもりは、なかったのだけど、 観て良かったです。  いきなり、最初のダンサーのインタビューで涙ぐんでしまった。 夢を追いかけている人の思いは、全てを超える。  そして、圧倒的なクォリティの高さ!に絶句。 GuiterのOrianthiが凄い!ソロの迫力も言わんもがやだが、 カッティングの精度の高さ…

続きを読む